わたしって多いの?少ないの?アラフォーのお給料セキララ事情

2016年11月12日
ちゃんと仕事を評価して!5万円のアップ希望!7割ものメンバーが、今のお給料に不満を感じていた!

友だちや同僚には聞けないのが給与額。そこで、働く女っぷりメンバーたちは、ぶっちゃけ、いくらもらっているのかを聞いたところ、全体の4割が、「20万〜30万円」で最も多く、「30万〜40万円」、「50万〜60万円以上」と続いた。

そして、今のお給料に満足しているかとの質問には、7割のメンバーが「ノー」と答えた。
その理由として、
「自分の仕事に対する評価としての価値が低いように思える(ももさん)」
「何年も昇給がなく、税金はじわじわ上昇中なので、年々手取りが減っています(箱入り熟女さん)」
「業務量が増えた上に、新人教育なども重なっているため(ナオさん)」
「仕事量とか責任は増えるし、求められることも高くなるのにお給料は増えない(美月さん)」
など、待遇面が改善されることを願うメンバーが多く、平均すると5万円のアップを希望していた。

逆に「イエス」と答えた人は、
「仕事内容に見合った給料を貰えていると思うし、福利厚生が手厚いから(にゃごさん)」
など仕事量からすると妥当、今のお給料で生活ができているからとの声が大半。

中には、
「提示された給与に納得してサインした訳です。仕事内容や役職が変わらない限り文句をいう資格がないと思っています。役職が変わったり、仕事が増えても給与に反映しない場合はいつも転職します。給与の不満を言いながら働きたくはないので不満ならハッピーになれるように行動すれば良いと思っています(aicoさん)」
としっかりヴィジョンを持っているメンバーや
「もらいすぎると、文句も言えなくなるから(shachoさん)」
という控えめな意見も。

お金を稼ぐことだけを目的に働いているわけではないけれども、やっぱり気になるまわりのお給料額。
リアルを知って、あなたは安心した?それとも、不安になった?

文/Momoko Matsuzaki

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords