怒濤の水分攻撃でふかふか肌を取り戻す!“与える保湿”

2016年11月18日
乾燥の季節、肌に最初に実行すべきはやっぱり「保湿」。肌がうるおいを受け入れる仕込みをするところから始めよう。
肌がカラッカラに乾いてしまった時、まずはどうする? 答えは、水分をふんだんに与えて柔らかくし、後のケアを引き込める肌にすること。畑の土が乾いていると、何も受けつけないように、乾きすぎた肌にはいくら栄養満点のケアを与えても入っていきはしない。ローションやブースターで肌を耕し、土台をつくるのが先決だ。
「ローションは手でつけましょう。というのもコットンを使うと、どうしてもこすってしまいがちだから。そして最後に肌に手を密着させて、浸透させます。また、量をケチるのも禁物です」(銀座 ケイ スキンクリニック院長 慶田朋子先生)。
たっぷりつけて、肌がうるおいであふれる幸せを感じて!

■乾いた大地には何も入らない!“与える保湿”

1)美容液クラスのうるおいを味わう

キャビアの成分を抽出した特別な水がベースと聞くと、それだけで贅沢気分。肌を芯からこっくりうるおすとともに、ハリアップする美容液的効果も。SC  エッセンス-イン-ローション  150㎖¥28,000/ラ・プレリー

2)乾いた肌が即、ふんわりする幸福

肌がゴクゴク飲み干し、後ふわり。ナノカプセルに保湿成分を封じ込め、肌深くまで浸透させてバリアを復活させつつ、乾いてやせた細胞をふっくらさせる。モイスト バランス ローション360㎖¥5,500/アクセーヌ

3)オイル粒が浮かぶ不思議ローション

化粧水中に細かいオイルをイン。水分のみずみずしさとオイルのしっとり感を同時に届けて、カシミアみたいな肌の完成。アルティム8 スブリムビューティオイル イン ローション 150㎖¥7,000/シュウ ウエムラ

4)老化由来の乾きを今すぐストップ

ターゲットはエイジングサインが目立つ肌。代謝が乱れる→表面に余分な角質がたまる→水分不足の連鎖を植物成分で止めて、うるん。スープラ トリートメント エッセンス ローション  200㎖¥10,000/クラランス

5)優しい感触でふくよかうるみ肌

イメージはミルク風呂。うるおいのカギ、細胞間脂質に似た成分を配したブースターは抜群のなじみ感で肌と一体化。しとっとした肌へ導く。ソフニング  ブースター 80㎖¥8,000/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

6)うるおった肌ならではのツヤを実感

とろみのある感触が肌に触れたとたん、すっと入っていく! ブランドの技術で後のケアの浸透率を格段に高め、うるおいとツヤを。カネボウ ザ ファースト セラム 60㎖¥6,000/カネボウインターナショナルDiv.

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords