佐田真由美さんプロデュース Enasoluna10周年にこめる想い

2016年11月15日
マリソルでも活躍する人気モデル佐田真由美さんがプロデュースするジュエリーブランド「Enasoluna」の10周年を記念してパーティーが開かれました。ブランドに対する彼女の想いとは。
マリソルでも活躍する人気モデル佐田真由美さんがプロデュースするジュエリーブランド「Enasoluna」の10周年を記念してパーティーが開かれました。2階のパーティー会場では、トークショーやライブが開かれ、それはそれは華やかな雰囲気! 一方1階に展示されていたのは、「ブランドの10年」を体現した10のジュエリー達。その時々の思いが綴られたメッセージを読むと、佐田さんのジュエリーへの並々ならぬ愛情と真摯に向き合う姿勢に、心動かされます。
  • ブランド誕生1年目。「いきおいがあって、アンバランス。でも一番私らしいかも!」(メッセージより)
  • 2年目。「ジュエリーに対して無知すぎて、思い切り現実の壁にぶつかっていた時期」
  • 3年目にして念願の百貨店に出店!「繊細な部分にこだわらないとジュエリーは輝いてくれない」と気付きます
  • 4年目「ジュエリーの学校に通いだしました。ダイヤモンドにいやというほど向き合い、そして魅せられました」
  • 5年目。「ヨーロッパに行く機会があり、本物のジュエリーに触れる機会に恵まれた時期」
  • 6年目。大人になったお客様のジュエリーの見る目に答えるべく。この年、初のエンゲージリングを作成。
  • 7年目。「コツコツがんばってきてブランド力も上がり、遊びとジュエリーは合体できると覚醒した年でした」。
  • 8年目。「自分が目指してきたものと、人から求められるものの融合が完成。まさに幸福タイム」
  • 「大人の女性と触れ合うことが増え、人と違うジュエリー、ゴージャスだけれど上品なジュエリーをカタチに」

What's New

Feature

Ranking