美女組No.140 Yuのブログ
美女組:No.140 Yu

No.140 Yu

医師、ライフ&ファッションスタイリスト

アロマテラピーアドバイザー/アンチエイジングフードマイスターベーシック/医学博士
日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医、日本禁煙学会認定指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、厚生労働省認知症サポート医、日本慢性期医療協会在宅医療認定医、人間ドック健診専門医、日本旅行医学会認定医

〜アラフォー世代のウキウキわくわくを考える〜
『つなぐ』『きずな』『親世代の幸せ』『ふるさと』

1人でも多くの方が年齢を重ねても、健康で笑顔で元気にいられるような世の中になりますように…。
2018年1月~『つなぐプロジェクト』をはじめました。

食べるならどのケーキ?

ケーキ選びに迷ったら。
クリスマス会や忘年会など、この時期、ケーキを食べること多いですよね!

私も週に何回も食べています(^_^;)
色とりどりで見てるだけでワクワク。
どれも美味しそうで迷っちゃいます。
食べるならどのケーキ?_1_1
一般的なケーキのカロリーは、下のようになります。
ショートケーキ 230kcal
ガトーショコラ 430kcal
チョコレートケーキ 390kcal
チョコレートシフォン 320kcal
ミルクレープ 336kcal
モンブラン 337kcal
アップルパイ 330kcal
フルーツタルト 310kcal
チーズケーキ 305kcal
(ベイクドチーズケーキ)
レアチーズケーキ 421kcal

チョコレート系のケーキで比べてみると、ずっしり重くて密度が濃いガトーショコラのカロリーが一番高く、次にチョコレートケーキ(チョコクリームなどを使ったケーキ)、一番カロリーが低いのが、空気をたくさん含んだ重さの軽いシフォンケーキとなっています。
パッと見ただけで、カロリーがわかるわけではありませんが、見た目が軽そうで密度が低いもの(空気をたくさん含んでるもの)の方が、低カロリーである可能性が高いのです。

そして、高カロリーになる原因の一つが、脂質が多いバターの量になります。

カロリーが気になる方は、「重さ」「密度の濃さ」「バターの量」を目安に選んでみてくださいね。

フレッシュなフルーツを使ったものは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が摂れるのでおススメです。
食べるならどのケーキ?_1_2
私は、イチゴが大好きなのでイチゴとピスタチオクリームのケーキにしました。
あれ?
結局、カロリー関係なく選んでしまいました。

大きなイチゴがゴロゴロ入っていて美味しかったです。

What's New

Read More

Feature

Ranking