美女組No.141 カキノキのブログ
美女組:No.141 カキノキ

No.141 カキノキ

弁護士、顔タイプアドバイザー

地方都市で十数年間弁護士をしている3児の母です。

趣味は読書とラジオを聴くこと。
アラフォーになり、これまで好きだったファッションが似合わなくなるおしゃれ迷子を経験した結果、「似合う」とは何かを突き詰めて、顔タイプアドバイザーの資格を取りました。
日々おしゃれ精進中です。

Instagram:kakinoki141

私の最愛時計を、ジュエリーコーデとともに。

時計は女の人生をあらわす!? マリソル1月号に掲載していただいた時計を、ジュエリーとともにご紹介します。
 現在発売中のマリソル1月号、「キャリアミューズ10人の最愛時計クロニクル」に掲載していただきました。時計大好きなので、この企画に参加させていただき本当に嬉しかったです。

 私の最愛時計としてご紹介いただいたのは、

  ◯20歳で両親から贈られたロレックスオイスターパーペチュアルデイト。
  ◯26歳、新人弁護士だった私に自信をくれたタンクアメリカン。
  ◯30歳で、かっこいいビッグフェイスに憧れて買ったゼニスクロノマスター。
  ◯38歳、自分に似合うものを考え抜いて手に入れた、今の自分にとってベストなパテックフィリップtwenty-4。
  ◯そして、今後似合う女性になっていきたい、ベニュワール。

 以上の思い出深い五本でした。
 思い返せば、人生の節目に時計を手に入れてきました。選んだ時計には確かにそのときの自分自身の気分や生き方があらわれています。
 
 1月号の特集では、他にも素敵な方々の最愛時計がたくさん紹介されていて読み応えたっぷり。みなさんのチョイスがとても個性的で、それぞれに物語があり、やっぱり時計は女性の人生を表しているんだなぁ~と一人で納得しちゃいました。
私の最愛時計を、ジュエリーコーデとともに。_1_1
読み応えたっぷりの1月号! 撮影で、憧れの先輩あんまきさんに会えたのも良い思い出♪
 私にとって時計は、洋服とマッチすることはもちろん、ジュエリーとのコーディネートが大事なアイテムだと考えています。
 
 といっても、難しいことをするわけではなく、
   ●全体の色彩トーンを合わせる
   ●ビジネス、ドレスアップ、カジュアルの各シーンを意識する
 という2点だけ気を付けています。

 そして、あらかじめ何パターンか時計とジュエリーの組み合わせを作っておくと、忙しい朝に頭を悩ませることなくコーデが完成します。
 いくつか、シーン別にいつものコーデを紹介させて下さい。
 こちらは、パテックフィリップtwenty-4に合わせたビジネス仕様の組み合わせ。
 グレイッシュなトーンでまとめました。
 リングの石は大きいけれど、半貴石なので、悪目立ちせずつけられます。
パテックフィリップ 時計
手前は、誕生石のブルームーンストーンのリング。
 もう少しドレスアップが必要な夜の集まりには、ジュエリーをダイヤモンドに変えて。
 私は、全体的に直線よりも直線の多いコーデが得意なタイプですが、これは服だけでなく時計やジュエリーにも当てはまります。
 スクエアフェイスの時計に、ネックレスとリングも直線が多いものを選べば、甘くなりすぎずに辛口スタイルが決まります。
ブルガリ ネックレス ダイヤリング エメラルドカット
エメラルドカットにこだわったダイヤリングは、ちょっと特別な日に身につけます。ネックレスはブルガリのもの。
 次はカジュアルシーン。
 20歳の頃からずっと現役のロレックスは、マルコムベッツのバングルとエルメスのシルバーリングでカジュアルに。
ロレックス 時計
 カジュアルでも、アラフォー的にはもう少し手元に光が欲しい、という雰囲気のときには、こちらのアレキサンドライトキャッツアイのリングにチェンジ。
 このリングは、どんなシーンにも不思議とマッチしてくれるので、重宝してます。
私の最愛時計を、ジュエリーコーデとともに。_1_5
私の最愛時計を、ジュエリーコーデとともに。_1_6
シャトヤンシー(猫目効果)と色の変化の両方が楽しめる不思議な石。
 ジュエリーはほとんど、懇意にしている宝石屋さんでオーダーした一点ものです。30歳ころからコツコツ集めています。
 ここでジュエリーの選び方に悩む方にひとつアドバイスを・・・。
 宝石屋さんにもよく言われるのですが、「迷ったら大きい石の方を!」というのは真実だと思います。
 もちろん、セールストークでもあるのですが、個人差はあれど、年を重ねるごとに大きい石の方が似合ってくるのはどうやら事実のようです。
(アラサーの頃に一生もののつもりで思い切って買ったジュエリー、今では小さく感じてほとんど着けないものも・・・涙)
 実は、これから狙っている時計もいろいろあるのですが、しばらくは、手持ちの時計とジュエリーを活用して、手元のおしゃれを楽しみたいと思います!
 アラフィフが見えてきた頃には、また素敵な時計を手に入れられているといいなぁ・・・☆

What's New

Read More

Feature

Ranking