美女組No.123Mariのブログ
美女組:No.123 Mari

No.123 Mari

会社員

娘(15歳)と息子(12歳)、夫を連れて7年前に仕事と家庭の両立がしやすい香港に移住しちゃいました。
平日は外資金融でリスクマネジメントやってます。最近週末MBAを終了しました!

香港、アジアの魅力はもちろん、ママになっても盛りだくさん人生楽しんじゃってるコンテンツをお届けします!

Instagram:@ No.123Mari

年末も海外出張♪ エキゾチックなインド、チェンナイへ

2016年12月13日
ナマステ ^ ^ Mariです。 インドはこれで2回目。初めてチェンナイへ行ってきました。
初めてインドに行く前は予防接種やらお薬やら色々用意しようとかヤキモキしましたが、
取得が大変なビザ以外は特にこれといって用意する必要もなし!
お水だけ気をつけているのと、私は滞在中一度は夕食を抜かないと
スパイスが意外とお腹の刺激になっていて胃を壊すということは学びましたw

出発前には我が家の愛犬、サボがこんな感じで
「また行っちゃうの?」
という視線でお見送り。。。ごめんね、すぐ帰ってきます〜。
広い広いインド。場所によって言葉や文化も全く違うみたいで、
チェンナイはどちらかというと謙虚な人が多いイメージ。

可愛らしく髪にお花をつけるの女性が多く、「流行ってるの?」と聞いたところ
「かれこれ数十年流行ってる」とのお返事。
それは流行というより、習慣ですね ^ ^;
  • トップスとお花でマッチ。インドの女性必須のスカーフ、ロングパンツとトップスの色合いがとっても鮮やか。
  • 通勤時の満員バス!さすがに私は乗ってないけれど毎日大変そう。日本はまだ馴染みのないUBERなども充実!
  • 道端でお花を売っていて、髪飾りにしたり、ジャスミンは車内の芳香剤にしたり。車のエンブレムもお花で飾ってました
今回はこちらの食堂でランチを。トマトライスを頂いたのですが、程よく辛くって飽きない!
ジューススタンドではフレッシュジュースをなんと10円で頂くことができちゃいます。
チャイ以外にもジンジャーティーやターメリックティーなどスパイシーなメニューが多め。
ちょっと驚いたのはこんなローカルな社食でも電子マネーで決済できちゃうこと。
インドで現金を使うことはありませんでした! かなり画期的。
  • トマトライス定食⭐︎  副菜も無料で!
  • チャイマスターが丁寧に淹れてくれます。

What's New

Feature

Ranking