【 慶尚南道】韓国、釜山からソウルへ 美味と美容の癒され縦断旅!③

すきあらば韓流番外編!

2016年12月2日
韓国旅行のリピーターなら、便利な高速鉄道KTXやバスを利用して、未知の世界に触れたくなるもの。 ご当地グルメや、パワースポット、美味と美容のヒーリング旅、充実しすぎて、禁断の扉を開けてしまった感じです。
 釜山から2時間ほどバスに揺られ、到着したのはパワースポット山清(サンチョン)の「東医宝鑑村(トンイボガンチョン)」。「サンチョンハンバンファミリーホテル(山村韓方家族ホテル)」にチェックイン。敷地内には韓方(ハンバン)ステイができる韓屋も。鍼灸や薬草風呂といった代替医療ステイができます。

王山(ワンサン)と呼ばれる山の向こう側には「善徳(ソンドク)女王」や「鉄の王 キム・スロ」にも出てきた伽耶の最後の王の廟もあるそう。!「朱蒙(チュモン)」のロケをした山が見渡せ、「ホジュン~伝説の心医~」に出てきた洞窟があったりと、時代劇好きにはたまらなく(笑)興味深い、歴史ゆかりの地。

夕食は「ヤクチョワボソッゴルシクタン」というホテルからもほど近い食堂で、数種類の薬草とキノコの鍋。韓牛(ハヌ)をしゃぶしゃぶにして。滋味深い!店には、滋養強壮効果があるというオオバコエキス、気管支に良いというトラジ(桔梗の根)茶、自家製柿酢、粉末よもぎ(この辺りにはインジンよもぎという特別なよもぎもあるそう)も売っていました。

翌日のランチはお隣の食堂で、山参(草冠)薬草ビビンバ。ごま油の香り、コチュジャンを足してよく混ぜていただきます。山の空気は清々しく、智異山(チリサン)の風水のとてもいいところだそうで、気の流れるパワースポット。ガイドさんの病も奇跡のように治ったといいます。また、歴代の王の印鑑は気の流れの良いこの地でつくられていたそう。なんだか神聖な気分になりました。ふと目をやると、指輪のレインボーストーンがいつもより輝いて見えました!

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords