映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!

1月12日公開の映画『ゴールデンスランバー』のプロモーションイベントのため、カン・ドンウォンさんが来日。この映画は、企画から関わったという、彼の想いが詰まった作品です。神々しいまでのプロポーションの良さでも知られるモデル出身演技派俳優ドンウォンさん。熱のこもった映画を観れば、新春からご利益ありそうです!
映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_1
 『マスター』『1987、ある戦いの真実』『人狼』(『人狼』はNetflixで配信中)と日本でも映画の公開が続き不動の人気を誇る俳優カン・ドンウォンさん。昨年の春からは、ハリウッド映画出演のためLAに生活の場を移し、役作りの一環で始めたサーフィンにハマっているそうです。日焼けしてまたさらに凛々しい!日本での『ゴールデンスランバー』公開日の6日後には38歳になるそうで、大人の魅力満載、地球人代表にしたいくらいの麗しさ、眩しさでした。

 『ゴールデンスランバー』は、伊坂幸太郎さん原作の映画を観たドンウォンさんが、自ら映画制作会社に制作をオファー、7年かけて実現させた韓国版。意欲作でもあります。イベントで彼は、「この映画は、模範市民の主人公が一瞬にして暗殺犯にされる逃亡劇。韓国版では、コンパクトに、そしてスリラーやアクションを加味したら面白いだろうなと思いました。シナリオの初期段階から周囲の意見をモニタリングしながら関わって、偶然の一致かもしれませんが、僕の記憶ではエンディングも僕の考えが活かされました(笑)」と語りました。「自分のアイデアが作品の助けになるのなら、意見を求められたら積極的にアイデアを出したいと思っています。そうでなければ黙っています(笑)」とも。

 そして、この映画の役は、今までの作品と比べ、自分と似たところのある役だったと語り、「大げさに社会を変えるというのではなく、自身が変われば少しずつより良い社会になるのではないか、と、一生懸命善良に生きようとしている役です。そんな基本的な考え方が同じなので、役作りのために特にしたことはなく、5キロ太り、シナリオ通り、生き生きとゴヌという役を表現できるよう努力しました」。逃走劇なのでとにかく走るシーンが多く、4ヶ月の撮影期間中、150時間走ったのだとか!同年代の役者が多い現場も新鮮だったと言います。

 また、会場のスクリーンに劇中の学生バンド時代の写真が映ると「どう見ても、この写真大学生に見えませんよね、特にあのお兄さん!」(キム・ソンギュンさん?キム・デミョンさん?ユン・ゲサンさん?)と言って笑いを誘ったり、ドンウォンさんの人柄が見える、和やかな会でした。

 映画には、韓流ドラマが好きならお馴染みの、「ミスターサンシャイン(原題)」「アルハンブラ宮殿の思い出(原題)」のキム・ウィソンさん、「グッドワイフ〜彼女の決断〜」のユン・ゲサンさん、「W-君と僕の世界-」のハン・ヒョジュさん、「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」のキム・ソンギュンさん、「ミセン-未生-」のキム・デミョンさん、「秘密の森(原題)」のイ・ジュニョクさんとユ・ジェミョンさん。他にもチョン・ソミンさんやキム・ユジョンさん、チェ・ウシクさん他豪華キャストが出演!!まさにお正月第1弾公開にふさわしい、そして心温まる作品でもあります。

 さらに挿入歌のWINNERのYOONさんと、LEE HIさんがカバーしたビートルズの「ゴールデンスランバー」も心に響きます。「忘れていた友達に、電話をしたくなる映画になってほしい」とは、脚色も手がけたノ・ドンソク監督。そして、釜山出身のカン・ドンウォンさんの韓国旅行のおすすめの地は済州島だそうです!映画も、済州島もオススメなので是非です!!

映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_2-1

1/6

映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_2-2

2/6

映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_2-3

3/6

映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_2-4

4/6

映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_2-5

5/6

映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_2-6

6/6

ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED
ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED
ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED



映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!_1_3


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!

What's New

  • Kミュージカルの沼のハマり方、教えて!

    このところさらに熱く、巷で噂の、ハマる人続出の韓流ミュージカル”Kミュージカル”。ドラマファンにも身近な役者さんたちの多くが舞台出身だったりもします。例えば、キム・ソンチョルさん(Netflixのドラマ「刑務所のルールブック」、現在「ビック・フィッシュ」公演中)、パク・ウンソクさん(ドラマ「検法男女シーズン2」、彼は演劇で知られているそう)チャン・スンジョさん(ドラマ「チョコレート: 忘れかけてた幸せの味」Netflixで1月25日より配信。歌も上手で注目されています)、チョン・ソンウさん(ドラマ「熱血司祭」、現在韓国で放映中の「検事内伝(原題)」)、ミュージカルといえば、のチョ・スンウさん(Netflixのドラマ「秘密の森」、「馬医」)オム・ギジュンさん(ドラマ「被告人」)、ユ・ジュンサンさん(ミュージカル「英雄本色」出演中)、そして今Netflixのドラマ「椿の花咲く頃」の大ヒットで、時の人となっているカン・ハヌルさん(現在、演劇「幻想童話」に出演中)などなど!そんな彼らの生の演技と歌が楽しめるKミュージカル。今年こそデビューを果たしたいと思い、その沼に急激にハマってしまった、韓国エンターテイメントに詳しい姜スルギさんにKミュージカルの魅力を教えてもらいました。

    韓流NEWS

    2020年1月21日

  • 注目のルーキー、キム・ヨンデさんに直撃!

    ”ウェブドラマ界のプリンス”として注目され、昨年は地上波ドラマでも大活躍。異例の速さで日本にもファンクラブができたキム・ヨンデさん。「アイテム~運命に導かれし2人~」でチュ・ジフンさんの青年時代を演じ、昨年末の「2019 MBC演技大賞」(3大ネットワークのひとつ)で”視聴者が選んだ今年のドラマ賞”に輝き話題となった学園もの「偶然見つけたハル(原題)」ではイケメン御曹司役を好演、ライジングスターの座を確固たるものに!185センチの長身、モデルのようなスタイルもあわせ持つ、新人注目株に直撃です!!

    韓流NEWS

    2020年1月8日

  • 年の瀬を盛り上げる、"iKON YEAR END LIVE 2019 "!

    2019年は、ライブにファンミーティングと精力的に全国を駆け抜けて来たiKON。クリスマスイブに彼らの"YEAR END LIVE 2019"に行って来ました!!iKONならではのパーティのようなライブで、会場は熱気に包まれ盛り上がりました。来年はまた、新曲を持って帰って来てくれるそうで、今からとっても楽しみです!!

    韓流NEWS

    2019年12月26日

  • ガールクラッシュ、BLACKPINK初の東京ドーム公演へ!

    ミュージックビデオのYouTube総再生回数が42億回、インスタグラムのフォロワーが2161万人(!)、グループとして世界No.1のBLACKPINK。老若男女の熱いファンに支えられ、とくに女子が憧れる女子、”ガールクラッシュ”としても知られる4人組のチャーミングなアーティストです。12月4日、彼女たちにとって初となる、待望の、そしてもちろんソールドアウトの東京ドーム公演に行ってきました!!

    韓流NEWS

    2019年12月10日

  • ヨ・ジングさん、IUさんと共演で話題の「ホテルデルーナ」を語る

    名子役からヒットメーカーとなった俳優ヨ・ジングさん。春に来日した際に撮影中だと話してくれたドラマ、「ホテルデルーナ(原題)」の日本初放送が始まります!ちょっとミステリアスでチャーミングなホテルデルーナの社長を演じたIUさんは、”国民の妹”と親しまれる歌姫ですが、女優としてもファンを魅了。演技派で個性豊かなキャストの熱演に加え、イ・ジュンギさん、キム・スヒョンさんなど、カメオで登場する豪華な俳優陣にも注目です。誰もが認める好青年のジングさん、エリートホテリアー姿がまたしっくり!!ファンタジーの中にも考えさせられるメッセージがちりばめられていて心に響くドラマとなっています。ちなみにこちらは「ドクターズ〜恋する気持ち〜」、「あなたが眠っている間に」のオ・チュンファン監督脚本作品。OST(挿入歌)も良いのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2019年11月22日

  • マルチな活躍で異彩を放つ、ゴニルさん(SUPERNOVA)インタビュー

    昨年から超新星改めSUPERNOVAとして、5人のメンバーとともに新たなスタートを切ったゴニルさん。今年は日本デビュー10周年を迎え、ますます多才ぶりを発揮しています。SUPERNOVAのラッパー3人からなるFunky Galaxyで、10月にリリースしたミニアルバムもチャートを賑わし、来年1月リリースの新譜の創作にも余念無し。さらに、俳優として韓国のWEBドラマ「7日だけロマンス(原題)」では、アイドル役のLOVELYZのソ・ジスさんが働くカフェのオーナー役を演じ話題に。また、友人のデザイナーと共に世界に発信するファッションブランドも好評、絵や詩の才能も併せ持つ。そんなゴニルさんに久しぶりにお話を伺うと、流暢すぎる日本語で彼の思いをたっぷり語ってくれました。

    韓流NEWS

    2019年11月14日

  • 「検索ワードを入力してください:WWW」など、ケーブルテレビ局のドラマが台頭!

    一世を風靡したコン・ユさん主演の「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」しかり、話題作を続々と世に出している韓国のケーブルテレビ局tvN。音楽番組で定評のあるMnet、やはり、日本でもリメイクされた「ボイス」シリーズなどの良作で知られるOCNも、tvNと同じくCJ ENMが運営しています。そして最近のtvNドラマのお勧めといえば、イム・スジョンさん、チャン・ギヨンさんらを時の人にした「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」。働くアラフォー女子たちのこのドラマは、日本でもMnetで現在放映中です。映画のように映像も美しく、観る者を虜にするケーブルテレビ局のドラマたちから目が離せません!

    韓流NEWS

    2019年10月25日

  • ブロックバスターが続々公開!韓国映画が再び熱い

    「韓流ドラマは長すぎて、、、」という方々に、お勧めしたいのが映画!この秋から心に響く話題作が目白押しなので、いくつか紹介したいと思います。まずは、韓国での公開直後の6月にソウルで観た『パラサイト 半地下の家族』。5月のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督のこの話題作は、期待をはるかに上回りました。スクリーンから役者の体温や匂いが伝わってきそうな迫力で、そのストーリーにただただ圧倒されっぱなし。笑えて、そして切なく、なんとも言えない余韻が残ったこの映画は、来年1月に日本公開が決まっています。6月にソウルでインタビューをしたキム・ジェウクさんも、マリソル読者に推薦してくれた作品です。

    韓流NEWS

    2019年10月16日

Read More

Feature

Ranking