美女組No.127 Akaneのブログ
美女組:No.127 Akane

No.127 Akane

★ブログ移動のお知らせ★
→Akaneのブログは3/3(日)より週2回の連載になり、ブログの場所が移動します(移動場所→「ファッション」コンテンツ内に新しく「高見えプチプラファッション」が新設されます)。
引き続きよろしくお願いいたしますˆᴗˆ

デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります

大人の普段着はデニムでもっとおしゃれになる。デニム選びに迷ったらぜひここへ
 新年になると、「今年はどんなおしゃれに挑戦したいか」をちょっと考えてみたりします。昨年最も衝撃を受けたスタイルは、イギリス王室の結婚式に出席した「カーラ・デルヴィーニュ」。年の差はかなりあれど、カッコ良すぎて驚愕でした(´・ω・|||)

 まわりが当たり前のようにカラフルで華やかなドレスの中、ひとりブラックのシルクハットにタキシードという紳士なハンサムスタイル。それがむしろ誰よりも女性らしく際立っていました。つまり目指したい今年のテーマは「ハンサムなレディ」。・・・難しいけれど究極に素敵です!

 それで最近は真似をして、マナー違反にならない程度に華やかな場所でひそかに「ハンサム」チャレンジ開始٩( 'ω' )و たとえば先日のクラシックコンサートへは黒ジャケットを羽織り、パンツにハットで参戦してみました。
デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_1
とろみパンツ&メンズのビッグTシャツにジャケット合わせのモノトーン
 
 帽子とパンツがあれば、基本的にどんな姿もカッコいいですよね。そしてフォーマルな場所でなければ、デニムは取り入れやすくて手軽に女性らしい「ハンサム」を目指せます(^^)/

 デニムの色は「ブラック」が抜群にクールで女っぽいです。先月号のマリソルに「白上手・黒上手」の特集がありましたが、黒を上手に使えると女性らしさは格段にUPしますよね!
デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_2
ブラックデニムとヒール・ハットの組み合わせは即席簡単な「ハンサムレディ」
 
 最近の黒デニムは、ほとんどこの1本「ミラ・オーウェン」です。色の落とし具合もデザインも何もかもが、デニムなのに女性らしく簡単に普段着をカッコよく仕上げてくれます。
デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_3
太めでもなぜか女性らしく見えるデザイン
 
 ミラのデニムは毎シーズン種類がたくさんあり、同じように見えてもそれぞれがトレンドをちゃんと押さえているので「乗り遅れ」の失敗がない信頼のブランド。スリム、ストレート、ハイライズ、カットオフ・・・似合うものが見つけやすく、ラインがきれいで女性っぽい!
「今、何履けばいいの(T_T)?」とデニム選びに迷った時は、ここで選べばほぼ間違いないのではないでしょうか?

 今月号のマリソルでも編集部のSGURさんが「ミラ」のデニムを紹介されていますね!
デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_4
↑履き心地に定評がありファンの多い「ミラデニム」。新作も気になります
 
 「黒」やデニムを取り入れた最近の「ちょいハンサム」はこんな感じでしょうか?基本的には「黒+帽子」だけでそれなりの雰囲気に。
「帽子は持ってない」という方も多いかもしれませんが、「ヘレンカミンスキー」や「CA4LA(カシラ) 」など、帽子専門店なら自分に似合うものが探しやすくアドバイスも頂けるので、ぜひチャレンジしてみると世界が広がるかもしれません(^^)
デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_5-1

1/5

デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_5-2

2/5

デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_5-3

3/5

デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_5-4

4/5

デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_5-5

5/5

Day1:スカートのハンサムならオール「ブラック」。質感もレザー調にすればよりクールな印象
Day2:メンズニットでよりハンサムに。この場合はスニーカーよりは断然パンプス派。
Day3:きれいなカラーコートは黒デニムを女性らしくハンサムに見せる
Day4:ホットピンクもデニムの女っぽさを上げます
Day5:冒頭のコーデをスニーカーに替えて応用。普段着ならこちらでOK
 ドレスコードが許されれば、フォーマルな場所でもカーラのようにネクタイを締めて、タキシードに挑戦してみたい2019年です٩( 'ω' )و
デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります_1_6
今年はもっと自由におしゃれを楽しみたい!
「着てみたい服」は、「なりたい自分」なのかもしれません。わたしの理想は、まわりにホイホイ合わせない、いつも「自分」という軸があるハンサムでクールな女性かな。 

新時代が幕を開ける今年、これからどんなおしゃれを目指しますか?

↓Clickで移動します

What's New

Read More

Feature

Ranking