美女組No.141 カキノキのブログ
美女組:No.141 カキノキ

No.141 カキノキ

弁護士、顔タイプアドバイザー

地方都市で十数年間弁護士をしている3児の母です。

趣味は読書とラジオを聴くこと。
アラフォーになり、これまで好きだったファッションが似合わなくなるおしゃれ迷子を経験した結果、「似合う」とは何かを突き詰めて、顔タイプアドバイザーの資格を取りました。
日々おしゃれ精進中です。

Instagram:kakinoki141

何を食べてもハズレなし!京都弾丸18時間グルメ旅。

2019年1月21日
赤提灯からお洒落イタリアンまで、18時間で食べ尽くした名店の味をご紹介します。
 ただただ、おいしいものが食べたい!いいお酒が飲みたい!の一心で、真冬の京都に行ってきました。
 高いお金を出せばおいしいものを食べられるのは間違いないですが、今回はカジュアルな旅。そして、いろんなジャンルの料理とお酒をとことん味わいたいし、交通の便が良いまちなか限定で・・・、といろいろワガママな希望、全て叶うでしょうか?
 さて、夕方に出発して一路京都に向かい・・・、
行ってきまーす。 実は新幹線内で既に酒盛り開始(笑)
 PM7:00、一軒目は、風情のありすぎる居酒屋、川端二条に位置する「赤垣屋」さんへ。
 年季の入った赤提灯に、レトロなネオン。入り口だけで、既に酒飲み心がくすぐられます♡
この店構えがすでに100点!
 まずはマストなおでんから。京風のお味であっさり風味。いくらでも食べられちゃいます。
 肉厚の万願寺とうがらし焼きに、ジューシーな鴨ロース、写真撮り忘れましたが、しめ鯖、酢牡蠣、くもこ、なまこなどなど、材料良し、味付良しの最高のお酒のあてが次々と。
 レモンサワー➡熱燗➡焼酎と進み、かなり満腹になりましたが、まだまだ夜は終わらない(笑)
 PM9:00 二件目の予約まで少し時間があったので、ぶらぶらしていたら、気になるお店を発見!
 OHSHO・・・?なんと、餃子の王将でした!京都は王将もオシャレなんだなぁ・・・!
カフェ的な感じで、女性の一人客も多かったです。
 OHSHOにちょっと寄り道して、紹興酒の炭酸割り「上海サワー」と餃子を少しつまんでから、次のお店へ。

 PM10:00
 三条室町のイタリアン、「ryuen」さんです。
なんともオシャレなたたずまい。深夜まで営業しているのもうれしいところ。
 カトラリーもおしゃれで、料理への期待がいやがうえにも高まります♡
 ワインもこだわりの品揃え。
 ワインをいただきながら、まずはウサギのレバーパテ、フォアグラのポワレのせオムレツ、京都産豚ロースのロティと続いていきます。
 正統派イタリアンでありながら、京都の食材を生かしたあっさり風味でどれもすごくおいしいんです。
 写真にないですが、ジェノベーゼも、バジルの香りがとにかく濃厚で素晴らしかったなぁ・・・。今思い出しても幸せになってくるお味でした。
 京都イタリアンのすごさ、とくと味わいました!

1/4

2/4

3/4

4/4

ウサギのレバーパテ。臭みがなく軽い味わいでした。添えられたパンがまた格別のおいしさで最高でした!
このお店に来たらこれはマスト!フォアグラのポワレのせオムレツ。上に散らされた生マッシュルームがフォアグラの濃厚さを引き立てます。
京都産豚ロースのロティ。こんなにボリューミーに見えて、意外とあっさりとした味わい!
シメはやっぱりティラミス!これだけ食べてもデザートは別腹です。
 最高の夜はあっという間に過ぎ、いつのまにかAM1:00!
 この日はゆっくり寝て、一夜明けて若干の胃もたれを感じつつ、朝ご飯は抜いて昼食への期待感を高めてからの・・・

 AM11:30 最後のご飯は、寺町丸太町の「マダム紅蘭」さんへ。
  • 町家でいただく中華です。
  • ミシュラン一つ星のお店。
 こちらは、京野菜をふんだんに使った体に優しい中華料理のお店。
 とにかく、お味が全て上品なんです。
 お店の方の接客も素晴らしく、人を連れてきたくなるお店です。
  • その名も「上品な八宝菜」!彩りが美しい。
  • 皮がモチモチのワンタン。
  • 外はカリッカリ中はトロットロの大根餅。
  • 名物の東坡バーガー。とろける角煮に悶絶!
 紹興酒をお供に、しみじみ味わいました。
 おいしいランチのあとは急いで帰路へ。滞在時間は正味18時間。観光は一切できなかったけど、大満足の弾丸京都グルメ旅でした。
 今回ご紹介したお店は、どれもハズレなし!と強く断言できますので、良かったら行ってみてくださいね。
大切な友達へのお土産は、マダム紅蘭の冷凍の東坡バーガー。

What's New

Read More

Feature

Ranking