「幸せ顔」のカギは成熟した “アラフォー感”にあり!幸せを呼ぶ顔5つのルール

新年にあたって思うのは、やっぱり運気を上げたいってこと。じゃあ、メイクでも幸せって呼び込むことはできるの? はい、できるんです! おなじみヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんが大人の幸せ顔を指南
ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ

幸せ顔のカギは成熟した“アラフォー感”にあり

「マリソル世代の女性が、幸せを呼び込むにはむしろ、顔に“アラフォー感”が出たほうがいい。年齢不詳で可愛いではなく、年齢相応に美しい人、品と清潔感を大切にしながら、年齢を重ねた知性を備えた、温かみのある顔を目ざすべき」と小田切さん。ではどうすればいい?

 「アラフォーになるとくすみが出てきますが、隠さずに、あえて生かして成熟した“年輪”を感じさせる。そのために効果的なのがくすんだスモーキーカラーです。ただし顔全体をくすみ 色でまとめると、げっそりするので注意」

 また、ホルモン的に“上げ”たいなら赤系がマスト。「赤は永遠のラッキーカラー。血流の色なので、いつの時代も女性をいきいき美しく見せてくれるんです。とはいえ『赤で女らしく=媚びる』と考えるのは間違い。媚びる女に近づく男にロクな人はいません(笑)。だから頰も媚びないチークレスで」

 ところでアラフォーといえば、肌疲れで不幸せ顔になるのも気になるところ。「健康なうるおいを連想させるにはツヤは不可欠。でも、やりすぎメイクでは幸せは遠ざかるばかり。ツヤも『もっともっと』といきすぎれば、欲の塊に見えてしまう。マット7:ツヤ3のバランスが正解」

 そして最後に重要視したいのが眉などの細かい部分。「細部の美は洗練につながるし、細部には生活が表れる。そこに注力してこそ運がつかめるんです」。小田切さんのアドバイスを生かし、19年はマリソル世代らしい幸せ顔に!

「幸せ顔」のカギは成熟した “アラフォー感”にあり!幸せを呼ぶ顔5つのルール_1_2-1

1/5

「幸せ顔」のカギは成熟した “アラフォー感”にあり!幸せを呼ぶ顔5つのルール_1_2-2

2/5

「幸せ顔」のカギは成熟した “アラフォー感”にあり!幸せを呼ぶ顔5つのルール_1_2-3

3/5

「幸せ顔」のカギは成熟した “アラフォー感”にあり!幸せを呼ぶ顔5つのルール_1_2-4

4/5

「幸せ顔」のカギは成熟した “アラフォー感”にあり!幸せを呼ぶ顔5つのルール_1_2-5

5/5

Rule 1:
いくつになっても赤は全女性をキレイに見せるラッキーカラー

①ルージュ ヴォリュプテシャイン 80¥4,100/イヴ・サンローラン・ボーテ(2/6発売) ②クレ・ド・ポー  ボーテ ルージュルミヌ 12¥5,000/資生堂インターナショナル ③デザイニング カラー アイズ  12¥6,800/SUQQU ④ルナソル ジェミネイト アイズ N 05¥5,000/カネボウ化粧品(2/8発売)  ⑤ザ アイシャドウ Blood  Moon¥2,000/アディクション(限定発売) ⑥ラスティング ソフト  ジェル ペンシル N M ラスティレッド¥2,600/シュウ ウエムラ (限定発売)

Rule 2:
疲れ顔すらいとおしく見える魔法の肌質感はマット7:ツヤ3

Rule 3:
大人の女ならではの魅力を引き出すくすみカラー。でも、使っていいのは2カ所まで


①アイ カラー クォード 25¥9,200/トム フォード ビューティ ②エスプリーク グロウ アイヴェール RD430¥1,200(編集部調べ)/コーセー ③グロウ タッチ アイズ 104¥3,700/SUQQU

Rule 4:
眉じり、眉頭、まつ毛の先、 指先……幸せを呼ぶ〝洗練〞は細部に宿る

Rule 5:大人の〝幸せ顔〞に媚びは
いらない。だから、あえて、ノーチークというルール

アラフォーはただ可愛いだけでは
幸せにはなれない。
年齢を重ねたからこその知性、
品、そして清潔感を備えた
“温かみ”のある顔を目ざすのが
“吉”なんです

小田切ヒロ

【Marisol1月号2019年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking