エディター三尋木奈保さん「今の気分のベーシック、最新ルール7」【My Life,My Fashion!】

2019年2月5日
上品ベーシックな着こなしに定評のある、エディター三尋木奈保さん。基本はコンサバながらも、さりげなくアップデートされた私的ルールにフォーカス!
NAHO MIHIROGI

NAHO MIHIROGI

職業/エディター
身長/158㎝
おしゃれのモットー/年齢に合った、居心地のいいおしゃれ
2019年の目標/ジムに通って体力アップ!

“ 40代になってからのこの5年間で、
クローゼットにはきれいめな服がかなり増えました。
基本的にカジュアルでOKな職業ですが、
そこに甘えていると自分がどんどん"ゆるく" なっていくのが、
どうにも居心地が悪くって……。
上質なベーシックカラーを吟味したり、
ちょっとドラマティックなスカートスタイルを取り入れたり。
今は、自分に無理のない範囲で
「きちんと&きれい」を意識しています。
自ずと着こなしの幅は広くはなくなりますが、
そのぶん、「今の自分に似合うもの」
「体形をきれいに見せてくれるもの」に
敏感になり、大人のおしゃれを穏やかに

楽しめている気がします。

エディター 三尋木奈保

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

NAHO'S Rule 1:
コートとスカートは、ぐっと長めに更新
大人のおしゃれで「今っぽさ」を考える時、大事なのは「デザイン」ではなく「シルエットバランス」だと思うんです。この冬は、コートとスカートを長めに更新! さりげなく旬のムードが手に入ります。

COAT: ebure
SKIRT: DRESSTERIOR
KNIT: L’Appartement
BAG: CELINE
SHOES: LUCENTI

デザインや色みは、今までのマイベーシック。だけど着丈をぐっと長めに――これく らいの更新バランスが私的には落ち着きます。ネイビー×ブラウンのこっくりした配色も今年っぽさのポイント。ニット¥38,000 /アパルトモン 青山店(アパルトモン)

NAHO'S Rule 2:
冬の淡色グラデーションは、永遠に大好き
全身を淡い色でまとめる着こなしは 冬にこそ映える! が持論です。カシミアやコーデュロイなど温かみのある冬素材を重ねると独特のリッチな奥行きが出せるんです。

BLOUSON: BEIGE,

KNIT: AURALEE

PANTS: VIGANO

BAG: J&M DAVIDSON

SHOES: PELLICO

まろやかなベージュのグラデーションは、素材感を変えたりチェーンバッグでアクセントをつけることでメリハリを加えて。パ ンツは、イタリアのパンツブランド「VIGANO」のもの。コーデュロイがほっこりせずに大人見えする美シルエットに感動! ブルゾン¥59,000/オンワード樫山(ベイジ,)

NAHO'S Rule 3:
毎年投資しているのは、ストールです
服や靴は更新が必要ですが、ストールだけは別!流行に左右されないアイテムだから、妥協なしにいい素材、いい色みを吟味して、長く大切に使おうって決めています。

「ファリエロ サルティ」のグレーはもう10年目。「アソースメレ」は、キャメルの色みとみっちりしたカシミアの贅沢さに惹かれて今季購入。ブロックチェックやアクセントカラーのストールも、冬のちょうどいいスパイスになります

NAHO'S Rule 4:
スニーカーは冬限定!スカート×タイツで女らしさを意識します
私的には、スニーカーは夏だとラフになりすぎてしまうので、冬にしか履きません。ウールやカシミアなど、上質な冬素材を合わせることで大人仕様のカジュアルに。


SHOES: SPALWART
SKIRT: AK+1
KNIT: SLOANE
BAG: CELINE
STOLE: Johnstons

スウェーデンブランド「スパルウォート」のスニーカーは、白・黒・グレーの配色が私のワードローブと抜群になじみがいいんです。スカートとタイツはグレーでつないで、色みを散らかさないこともスニーカーをきれいめに履くためのカギ。

NAHO'S Rule 5:
おなじみブランドの 大人ラインに注目してます
イエナ発の「ヴェルメイユ パー イエナ」、フレームワーク発の「マチュール フレームワーク」。どちらも、本家の持ち味を40代向けに昇華させた新ライン。大人仕様のシルエットが秀逸です。

ニットはムチムチにならないリブのかげんと、細く深いVあきが高ポイント。ウールジャージーのワンピースは、ラクなのに手抜きに見えないディテールがきいて。名門「トーマス メイソン」のシャツもゆったりシルエットで余裕のある表情に

NAHO'S Rule 6:
ひとつ結び+ゴールドフープピアスが、この冬の顔まわりの定番に
今季は服の着丈が長くなったから、ヘアはまとめたほうが、全身がすっきり見えるんです。「ティファニー T」のゴールドフープで華やかさをプラスします。

EARRINGS: TIFFANY&Co.
KNIT: AURALEE

なんだか今日は全身がもっさりするなぁ、という時は、ヘアをまとめるとすんなり解決。単なるひっつめに見えないよう、表面をランダムに巻いて立体感を出して。毎日練習していたら、だんだんうまくできるようになった気が!(笑)

NAHO'S Rule 7:
イベントが多い冬こそ「自信がもてるワンピース」が必要です
仕事関係のパーティや食事会など、"ニットではカジュアルすぎる"というシーンのために、きちんとしたワンピースは必須。納得のいくものを毎年探すようにしています。

ONE-PIECE :VERMEIL par iéna

BAG :J&M DAVIDSON

STOLE: Faliero Sarti

SHOES :JIMMY CHOO

ワンピースは「ヴェルメイユ パ ー イエナ」のもの。ウエストは高い位置で絞ってあって、二の腕やおなかはタックで隠してくれる……試着したら、びっくりするほどスタイルよく見えて即買いでした。上品だけど、どこかモード感のある雰囲気も計算されているなぁと唸うなりました。

※価格表記のないものはすべて本人私物です

【Marisol2月号2019年】撮影/嶋野 旭(人物) 坂根綾子(物)ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/田澤美香 スタイリング・文/三尋木奈保

What's New

Read More

Feature

Ranking