美女組No.145 白河晃子のブログ
美女組:No.145 白河晃子

No.145 白河晃子

起業コンサル/男子2児の母

10年銀行員から、34歳でコーチとして個人起業。ライフステージの変化に合わせて、生き方・働き方を創り変えていきたい女性をサポートしています。2019年4月東京から鎌倉へ移住♡ライフスタイル、旅行、グルメ、など、発信していきます☆

Instagram:akiko_shirakawa

一瞬にして、常識が覆されました。

コンパクトサイズのマリソル!これなら荷物の多いママだって、ためらう必要なし!!
「小さっ!!」

このコンパクトサイズのMarisolを、初めて本屋で見つけたときは、かなり衝撃でした!
一瞬にして、常識が覆されました。_1_1
と同時に、

すっばらしい発想の転換!!!

と思ったよね。



だって、これまで、

女性誌は、A4サイズ、分厚くて、重たいもの!!

と思っていたから。



そこに、何の疑問も持っていませんでしたが、
一瞬にして、常識が覆されました。



ただ、よくよく、振り返ってみると、

「雑誌買いたいな〜、だけど、今日は荷物重たいからやめとこ〜」

と思ったこと、何度となくありました^^;



特に、子どもが産まれてからは。
一瞬にして、常識が覆されました。_1_2
若くて(体力があって)、身ひとつでショッピングをできるような時は良いんですよ。


多少、大きくても、重くても、ガッツで持って帰れば。


しかし、ママになると、そういうわけにはいかないのです。


なんせ、小さな子ども抱っこして、

その脇には、オムツと、おもちゃと、お菓子が入った、
でっかいマザーバックを抱えているのですから。

(自分の荷物なんて、携帯と財布と、リップぐらい^^;)


「子育て中だって、おしゃれ楽しみたい!」

「雑誌とか、読みたい!!」

と思っていたけれど、


これ以上、荷物増やしたら、肩がもげる、、、

と、なんど諦めたことか。。


だからこそ、このコンパクトサイズを見つけた時、


考えた人、天才!!!!

と、思ったのです。


サイズは、通常サイズの3/5ぐらい!


薄くなるので、重さは半分!


家の中で、雑誌を置くスペースも削減になるし、
正直、小さくて困ったことってない。
一瞬にして、常識が覆されました。_1_3
奥行き浅めの本棚にも、すっぽり収まっちゃう♡ 隣は、夫の漫画。笑
あ!あえて、一つだけあるとすれば、
付録が着いてないのです。

コンパクトサイズには ><


だから、この付録欲しい!って思った時は、通常サイズを買ってます。


コンパクトサイズにも、付録が着いていたら最高だな♪


ぜひ、みなさまも、お手に取ってみて下さいね♡

What's New

Read More

Feature

Ranking