EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!

2019年3月15日
EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!
EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!_1_1
●演じられた役柄、見どころを教えてください。

ー僕が演じたユルは王世子で偉そうで気難しい人物です。反面、ウォンドゥクは天然すぎる人物です。切ない過去の物語から始まる予測のできないロマンティック・コメディです。美しい映像美と俳優の方々の素晴らしい演技が見どころだと思います。

●台本を初めて読んだときの印象は?

ーとても面白かったです!ユルとウォンドゥクを是非演じたいと思いました。

●初時代劇でしたが、どのように準備されましたか?

ー初めての時代劇なので、時代劇ならではの言い方やイントネーションには非常に悩みました。そのため、そういったところを中心にたくさん準備しましたね。また、そのほかでは乗馬や剣術のようなアクションシーンの練習もしました。スケジュールの関係で撮影前に乗馬を習う機会は多くありませんでしたが、その分現場で先生にポイントなどを教えていただき、少しずつ練習しました。危なくないように指導していただき、安全に撮影できました。

●ナム・ジヒョンさんとの初共演はいかがでしたか?

ージヒョンさんに初めてお会いしたときは僕が想像していたイメージ通りの方でした。とても明るくてエネルギーに満ちているイメージを持っていましたが、実際にお会いしたら本当に明るくてエネルギーに溢れていました。ジヒョンさんは子役時代から活動されているので先輩でもあります。現場ではジヒョンさんから学んだことがたくさんあります。ジヒョンさんにいろいろ教えていただいて、たくさん勉強しながら一緒に合わせていきました。とても明るくて、ジヒョンさんの周りにいると、僕はもちろん周りの皆を笑わせてくれるエネルギーに満ちている方です。

●しっかり者のホンシムと天然のウォンドゥクの組み合わせが相性抜群でした。

ージヒョンさんとはたくさん相談しましたね。僕より経験の多い先輩で、ジヒョンさんを通してたくさん学ばせていただきました。“こういうシーンでは、このようにしたら良いんじゃないか。こう見せたら良いんじゃないか。“など、いろいろ相談しながら息を合わせました。

●世子とウォンドゥク、一人二役のような役柄でしたが切り替えはどのような点に気を遣いましたか?

ーユルとウォンドゥクは、結局は一人の人物なので、ユルはこう演じなくては、ウォンドゥクはこう演じなくては、という風には意識していませんでした。僕はその二人の役を同時に演じましたが、むしろソンジュ村と宮中の方々がユルとウォンドゥクのキャラクターが上手く表れるように雰囲気を作ってくださったと思います。それで、自然にユルとウォンドゥクのキャラクターができたのではないかと思います。

●役柄とご自身の似ている点、異なる点は?

ー似ている点は、ユルとウォンドゥクの男らしいところだと思います。ただユルの偉そうで気難しいところは似ていませんね。それから、ウォンドゥクの天然なところは似てないと思います(笑)。

●桜の木の下や菜の花畑など美しい場面が多かったですが、一番印象に残っている場所は?

ー記憶に残っている場所は、ソンジュ村です。順天(スンチョン)の楽安邑城というところで撮影したのですが、撮影中にも感じていましたが、カメラに映される景色がとっても美しくて今でも記憶に残っています。本当に素敵な場所で、春になると花もたくさん咲くので今でも覚えていますね。

●グドル(キム・ギドゥ扮)から恋愛指南を受ける妄想シーンが面白かったですが、撮影時のエピソードを教えてください。

ーグドルに教えてもらった恋愛の指導は、オールドすぎます(笑)。ウォンドゥクは何も知らないので真似しましたが、失敗する場合が多かったです(笑)。撮影中もとても面白くて、笑いながら撮影しました!今は通じない恋愛のコーチを受け、撮影するときは笑いが止まらなくてNGも多かったですね(笑)。

●王宮やウォンドゥクを見守る村の人たちは名脇役がそろいましたが、先輩方からアドバイスなどはありましたか?

ーアドバイスはもちろんですが、とても素晴らしいベテランの先輩方だったので、現場で先輩方の演技を見ることができて、それだけでもとても勉強になりました。悩んでいたところもありましたし、主演は初めてだったのでとても緊張していましたが、先輩方が親切に指導してくださいました。それで、むしろ現場では気楽に楽しく演技できました。

●メイキング映像を見ると現場の雰囲気がとても楽しそうでしたね?

ー現場はいつも楽しかったです!ずっと明るい雰囲気で俳優一人ひとりがエネルギーに満ちていました。現場は笑い声で溢れていましたね。

●撮影現場のムードメーカーは?

ー宮中でのシーンは、暗い面が多いんですが、チョ・ソンハ(在議政 キム・チャオン役)先輩は撮影現場ではとても明るい方です。悪役ですが、チョ・ソンハ先輩のおかげでずっと笑っていました。それからソンジュ村では、イ・ジュヒョク(パク・ボクン役)先輩が誰も真似できないムードメーカーでした!

●笑いが止まらずNGがたくさん出たのでは?

ーその通りです(笑)。NGが一番多かったのは僕だと思います(笑)。現場で笑いを堪えられませんでした。ソンジュ村で撮影するときは僕だけではなく、たくさんの方が笑いすぎてNGをたくさん出しましたね。先ほど申し上げたイ・ジュヒョク先輩は声もそうですし、ただ姿を見るだけで笑ってしまいます。撮影に入れないほど笑ってNGになった記憶があります。あの時はイ・ジュヒョク先輩のおかげで、ものすごく笑いました(笑)。僕だけでなく皆さん笑いすぎてNGを出していましたね(笑)。

●アドリブなどはありましたか?

ー僕はありませんでしたね。台本に忠実に演じていましたが、イ・ジュヒョク先輩やグドル(キム・ギドゥ)など明るいキャラクターはアドリブもたくさんありました。

●チェンさんがOST「桜恋歌」を担当されましたが、チェンさんの歌声とご自身の演技のコラボはいかがでしたか?

ーチェンにはとても感謝しています。まず僕が出たドラマにOSTとして参加してくれただけでもとてもありがたいですし、実は録音する前にそのOSTのガイドボーカルを聞かせていただく機会があったんです。それで“この曲はチェンの声と似合うはずだ“と思いました。それをチェンに言ったところ快くOSTに参加してくれました。チェンが本当に上手ですし、曲も本当に素敵な曲です。ドラマが始まってから、ずっと今でもよく聞いています。

●EXOのメンバーからの反応はありましたか?

ーメンバーからの反応は良かったです!シウミンと、それからチェンも最終回まで本放送を見てくれたんですが、メンバーたちに面白く見てもらえたので、それだけでもすごく嬉しかったです。皆それぞれのスケジュールで忙しいのに、本放送で僕の演技を見守ってくれました。“上手だったね“と言ってくれて、応援してもらえた時が最も力になりましたね。チェンからはドラマを通して今まで見たことがない僕の姿が見えたと言われました。”お前がキスする姿を初めて見た“ と言われましたね。でも僕がキスする姿なんで当然、前にも見ていたらおかしいですよね(笑)。そんな感想を聞いて面白かったですが(笑)。とにかくメンバーたちの応援があって、とても大きな力になりました。

●視聴率公約を達成し、皆さんで「Growl」を披露したのが話題になりましたね。ギョンスさんから見て一番ダンスがうまかった方は?逆に一番教えるのが大変だった方は? 

ー一番上手だったのはジヒョンさんだと思います。一つを教えただけで二も三も出来てしまうというか…僕自身も驚くほどでした。ジヒョンさんは元々体を使うのが上手で教える必要がないくらいでした。教えるのが大変だった方は…大変だったというよりは…俳優の皆さんは今まで体を使ったことがあまりないと思っていたのですが、皆さんとてもお上手で驚きました。そんな中でもどなたか挙げるとすれば、キム・ソノ(チョン・ジェユン役)さん、ハン・ソヒ(世子嬪 キム・ソヘ役)さんでした(笑)。お二人はダンスは苦手のようでした(笑)。

●本作がギョンスさんに残したものは?

ー僕にとっては・・・「100日の郎君様」はとても意味のある幸せな作品です。本当に想像もしなかったような良い反響をいただけ、今でも感謝しています。僕にとっていつも大きな応援になる作品として生涯残ると思います。

●100日間だけ○○になれる!としたら何かなってみたいものはありますか?

ー僕は何かに変わるより、挑戦したいものはありますね。料理を作ったり、美味しいものを食べるのが好きなので、もし100日だけ何かできるとしたら歌手や俳優を離れて調理の資格をとったりレストランのシェフに挑戦してみたいです。

●素敵なキスシーンが何度もありましたが、キスシーンの撮影はいかがでしたか?

ーどうすれば綺麗なシーンができるかたくさん悩みましたね。監督と相談し合い、カメラ監督が素敵に撮ってくださいました。またジヒョンさんともお互いに相談しながら作っていきましたね。

●ウォンドゥクになったあとも抜けない世子口調が面白かったです。世子の口調は演じながら難しくはなかったですか?

ー難しいとは思いませんでした。ユルとウォンドゥクは結局、一人の人物ですからね。僕は同じように演じていました。大変だったというよりその部分が面白かったですね。世子の習慣として残っているので、ソンジュ村にいってからも目上の方に向かって命令したり馴れ馴れしい言葉で話したりして(笑)。ソンジュ村の人からすると“こいつは何なんだ”という雰囲気になるのですが(笑)。ソンジュ村の人々には想像できない言行をできたので面白かったです。大変だったというよりは、村で子どものようないたずらっ気のあるような演技ができ面白かったです。

●世子としての衣装とウォンドゥクになってからでは正反対の身分でしたが初の韓服はいかがでしたか。

ー確かに暑かったのですが、時代劇の衣装を着る機会はなかなかないので、僕には新鮮な経験でした。しかも宮中での韓服も着ることができて“昔はこういった服を着て生活してきたんだ“といろいろ勉強になりました。ウォンドゥクとユルは正反対でしたが、宮中では派手な装飾品も身につけていたので、世子の衣装は実は少し不便なんです。一方ウォンドゥクになってからの韓服は質素で着やすいので、個人的には宮中での衣装よりすぐ着替えられる民服の方が動きやすくてよかったですね。

●今後演じてみたい役柄は?

ー役を考えて決めてはいません。全てのジャンルに興味があるので、僕が挑戦できるならばジャンルの区分なく演じてみたいと思っています。その中でも特に挙げるとすると個人的には人間らしさが感じられるヒューマンドラマのようなジャンルが好きなのでそういった作品に参加してみたいです。

●2014年に俳優デビュー後、転機となった作品はありますか?

ーあらゆる作品が僕のターニングポイントになったと思っています。作品ごとに感じたことや勉強になったことがあります。一つひとつの作品が終わるたびに意欲も溢れますし、また挑戦したくなります。「100日の郎君様」を終えた今も新しいキャラクターを早く演じてみたいと思っています。機会があれば躊躇なく挑戦し続けたいですね。

●最後に放送を楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。

ー日本の皆さんこんにちは。「100日の郎君様」が日本で放送されると聞いて、緊張していますが、日本の皆さんは、どのように「100日の郎君様」をご覧くださるかとてもときめいています。とても幸せで温かい、ものすごく面白いドラマです。たくさんの期待をお願いいたします。
EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!_1_2-1

1/2

EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!_1_2-2

2/2



EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!_1_3


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します

What's New

  • 「ボーイフレンド」で2年ぶりにドラマ復帰、別格人気のパク・ボゴムさんが来日!歌手デビューも!

    爆発的にヒットした「雲が描いた月明り」で”アジアのプリンス”となったパク・ボゴムさんが、ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりに待望のドラマ復帰。"アジアのボーイフレンド”となり、アジアツアーの一環で、約1年ぶりのファンイベントのために来日したボゴムさん。なんと3月20日にはシングル「Bloomin’」で日本歌手デビューも!!さいたまスーパーアリーナを沸かせ、ひとつずつ夢を叶えていく、華やかなオーラで輝くスター。壮大なファンイベントで多くのファンを魅了する、彼の人気はやはり別格でした。

    韓流NEWS

    2019年3月6日

  • 走り続けるアーティストiKONが、昨年最大のヒット曲を含むアルバム『NEW KIDS』をリリース!

     BIGBANGの系譜を継ぐiKONが、2月27日に”NEW KIDS”プロジェクトの集大成となるアルバム『NEW KIDS』をリリース。これに合わせた記者会見に行ってきました。このアルバムには、2018年韓国の年末賞レースで、ベストソング賞を総なめした「LOVE SCENARIO」、新曲「I’M OK」「KILLING ME」 「GOODBYE ROAD」の日本語バージョンを含む全21曲を収録。いちど聴いたらループにハマる、めくるめくiKONワールドに浸れる一枚となっています。ぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年2月27日

  • 「私の後ろにテリウス」のソン・ホジュンさんが愛される理由

    昨年東京でのファンイベントが自身初のもので、その時はとても緊張しました、と話すソン・ホジュンさん。今年も日本に来ることができてありがたく、そしてとても嬉しいといいます。共演したソ・ジソプさんが演技大賞を受賞するなど話題となったドラマ「私の後ろにテリウス(原題)」では、初の悪役を好演。さらにユ・ヨンソクさんと始めた寄付イベントを番組化した「コーヒーフレンズ」と、2月に放映されるドラマ「眩しくて(原題)」の撮影を終え、これから映画『最後の宿題(原題)』(感動的な映画だそう)が始まるのだとか。そんな忙しいスケジュールの合間を縫っての2度目のファンイベントのため来日、もちろん会は盛況でした。また、ホジュンさんは取材を終えても幾度も挨拶し、まわりの人々を癒し、幸せにしてくれる優しさに満ち溢れていました。東方神起のユンホさんの親友としても知られ、同業の友人も多い彼。「応答せよ1994」でブレイクして以来、人々を惹きつけてやまないその理由がわかった気がします!

    韓流NEWS

    2019年2月15日

  • 「鶏龍<ケリョン>仙女伝」で人気急上昇!新星俳優ソ・ジフンさんに注目

    「シグナル」でデビューした新星、ソ・ジフンさん。1997年生まれ、身長184センチの長身、爽やかなルックスの彼が、ラブコメ「鶏龍仙女伝(原題)」のヒットで人気急上昇!ドラマは、羽衣を失くし、天に上がれずにいた仙女が、その羽衣の行方を教えてくれないまま死んでしまった夫の生まれ変わりを 699 年間にわたり鶏龍(ケリョン) 山で待ち続け・・・。という韓国に伝わる童話「仙女ときこり」の後日談。ジフンさんは夫候補のひとりをチャーミングに演じています。

    韓流NEWS

    2019年2月6日

  • 大ヒットドラマで話題をさらったチョン・ヘインさん、初イベントで来日!

    2018年はチョン・ヘインさんの年だったと言っても過言ではないほど。昨年最も話題となったドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は、”2018大韓民国コンテンツ大賞”で大統領表彰も受賞。年末のアジア最大級の音楽授賞式『MAMA』の韓国での初日にホストを務め(ちなみにレポートしたように、日本ではパク・ボゴムさん、香港ではソン・ジュンギさんがホストを務めました)、CM王となる活躍ぶり。韓国を代表する俳優として今年も活躍が期待されています。そんな彼が日本で初ファンイベントを開催、さらにこの話題のドラマのDVDも2月6日にレンタル開始、2月20日に発売です!

    韓流NEWS

    2019年1月28日

  • 映画『ゴールデンスランバー』のカン・ドンウォンさん降臨!

    1月12日公開の映画『ゴールデンスランバー』のプロモーションイベントのため、カン・ドンウォンさんが来日。この映画は、企画から関わったという、彼の想いが詰まった作品です。神々しいまでのプロポーションの良さでも知られるモデル出身演技派俳優ドンウォンさん。熱のこもった映画を観れば、新春からご利益ありそうです!

    韓流NEWS

    2019年1月8日

  • アジア最大級の音楽祭「2018 MAMA」のレッドカーペットが豪華すぎる!

    昨年に引き続き、アジア最大級の音楽祭として知られるMAMAが12月12日に日本でも開催されました。今回の日本公演の正式名称は「2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN」で、韓国歌手初のアメリカ”ビルボード200”チャートで1位を記録するなどワールドワイドに旋風を巻き起こしているBTS、スーパールーキーのIZ*ONE、パワフルな歌唱力で知られるMAMAMOO、期間限定、今年いっぱいの活動のため集大成を披露したWanna One、日本でのドームツアーが決定しているTWICEらが集結。それだけでも贅沢なのに、ホストはパク・ボゴムさん、プレゼンターに旬の俳優たちが名を連ね、ドラマファンも見逃せない祭典に!レッドカーペットの盛り上がりからすでに神がかっていました!!

    韓流NEWS

    2018年12月20日

  • SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!

     SNSのフォロワーが1008万人を超え、世界中のファンに愛される俳優ナム・ジュヒョクさん。11月24日に、待望の、初めての日本でのファンイベントのために来日しました!「恋するジェネレーション 」「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などヒットドラマで知られる彼ですが、映画初出演となった、2018年の興行成績2位というブロックバスター映画『安市城(アンシソン)』で新人賞を総なめ。来日前日の権威ある青龍賞でも新人賞を受賞しました。また、来年2月に放映予定で現在撮影中のドラマ「眩しくて(原題)」(キム・へジャさん、ハン・ジミンさん、ソン・ホジュンさん共演)も話題、人気俳優として期待を一身に浴びています。初めての日本での単独イベントで見せた、そんなジュヒョクさんの素顔をレポート!コメントもいただきました。

    韓流NEWS

    2018年12月4日

Read More

Feature

Ranking