生理痛や冷え対策、免疫力アップもサポート? 手軽に使える「へそきゅう」が気持ちいい!【マーヴェラス原田の40代本気美容 #78】

レンジでチンして30秒……って、中華まんではありませんよ。東洋の知恵を応用した発熱球「へそきゅう」は、女性の悩みを優しくケアしてくれる、しみじみ良いアイテムです。
桐灰のへそきゅう

少し前に、とあるサロンで腸活マッサージを受けた際、セラピストさんに「お腹がとても冷えていますね」と指摘されました。さらにこの寒さで冷え体質は加速、生理は重いし便秘だし……とにかく落ちっぱなしのお腹事情を案じて購入したのが、この「レディウォーマー へそきゅう」です。

桐灰のへそきゅうの本体

こちらは、携帯カイロやあずきのチカラで有名な桐灰の製品。コロンと可愛い肉まんサイズです。使い方は本当に簡単。レンジで30秒チンして、おへその上にポンと置くだけ。遠赤外線を放出する鉱物+黄土で約40度の温かさを20分ほどキープして、じわじわとお腹を温めてくれます。

私はソファに寝そべって、シートマスクをしつつ試してみました。安定感のある形と、フエルト状の柔らかな底面がおへそエリアをすっぽりカバー。シャランとした中身の質感と、程よい重みが実に心地いい。置いた直後は「そんなに温かくない?」と思いましたが(お腹の脂肪が邪魔していた?)、数分経つとおへそを中心にじわじわと熱が広がり、直接肌が触れていない下腹部エリア全体がポカポカに。それだけではなく、指先まで温められた血流が到達したのか、指先もほっこり。冷え冷えだった腸までも温められたことを喜んでいるように、ぐるぐると蠕動し始めてさらにびっくり。こんな小さな肉まん君に、こんな力があるとは……恐るべし!

桐灰のへそきゅうを温めると出る注意書き

素肌に置くものなので、こんな配慮も。加熱しすぎると「キケン」の文字が浮かび上がります。こんな時はちょっとお手玉でもして、冷ましてからどうぞ。この形状だから乗せたまま寝ちゃってもコロンと外れるし、温度も徐々に下がるので、低温やけどのリスクもなし。

そもそもお腹は、大切な臓器が集結している場所。冷え切っていたら本来のパフォーマンスが望めず、免疫だって落ちかねない。ちゃんと温めてあげることがとっても大事です。というわけで、毎晩手軽にできちゃう「へそきゅう」が早くも習慣になっています。ドラッグストアで1000円前後で購入できるので、冷えが気になる方、ぜひお試しあれ。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking