モデル蛯原友里、39歳“可愛い”を楽しむ!【My Life,My Fashion!】

2019年2月20日
えびちゃんの「ALL私服!」コーデを公開
毎号さまざまな企画で、さまざまな服を着こなす蛯原さん。プライベートファッションは、いったいどんな感じ? 39歳になった今見つけた「おしゃれの現在地」を、彼女らしい飾らない言葉で語ってくれた!
YURI EBIHARA

YURI EBIHARA

職業/モデル
身長/168㎝
おしゃれのモットー/ひらめきと感覚を大事にする
2019年の目標/オンとオフの切り替え上手になる!

「エビちゃんOL」みたいなスイートな格好を
イメージされることがたまにありますが(笑)、
私自身20代から30代のころは、海外セレブみたいな、
カッコいい女性に憧れていました。
派手なプリントのTシャツにミニスカ、高いヒール。
ワードローブのベースは圧倒的に「黒」!
きっと、ちょっと背伸びしたかったのかもしれません。
でも30代半ば、ちょうど妊娠した時、

それまで持っていた黒の服を全部捨てました。
代わりに手に取るのは、柔らかい色、着心地のいい素材。
感覚的な「気持ちよさ」に素直に従った結果、
女性らしい、可愛らしさのある服が集まってきています。

モデル 蛯原友里

蛯原友里の私服ベージュ

1/4

蛯原友里の私服 黒いカーディガン

2/4

蛯原友里の私服ステラ マッカートニー

3/4

蛯原友里の私服 冬服

4/4

YURI' S STYLE 01

35歳を過ぎてから、色も着心地も優しいのが好きなんです。
ベージュ、キャメル、アイボリー……優しい色の服ばかり買ってることに、この企画をいただいて気づきました(笑)。そして全部肌ざわりがよくて、着心地まで優しい。今の私にとって、一番大事なことみたいです。 

KNIT: Drawer

SKIRT :io couture
COAT & BAG :CELINE

SHOES :Chloé

RINGS :BOUCHERON

「息子が生まれてから、おしゃれの意識が根本的に変わりました。機嫌よく気分よく、ハッピーでいたいっていう気持ちを服に託すようになった、というか。柔らかなトーンと素材を重ねたこの着こなしは、すごく"今の私"らしいコーデだと思います」(蛯原さん)

YURI' S STYLE 02
“カッコいい”から、“ほんのり甘め”へ。黒の着こなしが変わりました。
久々に買った黒アイテムは、アラン編みのゆるっとしたカーディガン。アラサーのころの黒とは全然、違います。フリフリの白ブラウスで甘さを、レオパード柄のヒール靴で辛さをプラスしました。 

CARDIGAN :INSCRIRE

SHIRT :Scye

PANTS :AURALEE

BAG :CHANEL

SHOES :Christian Louboutin

EARRINGS :CELINE

ベージュ系がワードローブの大半を占める中、「この黒のカーデは相当ヘビロテ中! シンプルなカットソーと合わせることが多いけど、今日はひと目惚れした『サイ』のフリルブラウスで。この甘さが若い時はちょっと恥ずかしかったけど、年齢が追いついてきた気がします。大事に取っておいた『ルブタン』のヒールを、昔とは全然違う着こなしで」

YURI' S STYLE 03

“可愛い!”と思う直感に素直に生きています(笑)
「ステラ マッカートニー」で出会ってしまった、マルチカラーのもふもふカーディガン。配色も素材感も好みすぎて、着方も着回しも全然考えずに即決しました。やっぱり、直感型なのかもしれません(笑)。

CARDIGAN :STELLA McCARTNEY

T-SHIRT :Drawer

DENIM :RE/DONE

BAG :GUCCI

SHOES: CELINE

EARRINGS: ANTON HEUNIS

「ふだん、そんなにデニムははきませんが、このカーディガンみたいな、デザインのきいたアイテムを着る時にはやっぱり欠かせません。デニムは濃いリジッドよりも、色落ちした明るい色みのほうが今の私のワードローブには合うみたい。はき心地の柔らかさ、気持ちよさも含めて!」

YURI' S STYLE 04
素材も、お値段も。自由にミックスできるセンスを身につけたい!
仲よしのスタイリスト・ふーちんこと徳原さんは私にとってのおしゃれの師匠。ざっくりニットに薄手のリネンスカートを合わせる、ふーちんお得意の異素材ミックスに挑戦してみました。バッグとブーツのハイ&ローミックもポイント。

KNIT :Acne Studios

SKIRT :Plage

BAG :STELLA McCARTNEY

SHOES: GINZA Kanematsu

EARRINGS: CELINE

リネンスカートの軽やかさが、ビッグシルエットのニットの女らしさを引き立てる。「やっぱりこれもキャメルですね(笑)。深いブルーに惹かれたバッグは今季の『ステラ』。ロングブーツはなんと7 年前に買った『かねまつ』。脚の形にぴったりでシルエットが本当にきれい。大切に履き続けます」

※価格表記のないものはすべて本人私物です

【Marisol2月号2019年】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) モデル・スタイリング/蛯原友里 スタイリング協力/徳原文子

What's New

Read More

Feature

Ranking