40代の明日のコーデ【2019年冬版】人気記事ランキングTOP10

2019年2月17日
大人気コンテンツ「40代の明日のコーデ」の2019年冬版記事ランキングを発表!防寒対策抜群のダウンコートコーデやネイビーやブラック、グレー、白の定番色コーデ、春待ち気分のきれい色コーデなど、40代のためのファッションコーデをチェック。

【 1 】グレンチェック柄ワンピース×黒ブーツコーデ

今季のトレンドでもあるグレンチェック柄のワンピースは、とろみ素材&長めカフのボリューム袖デザインで女度高めに。ややカジュアルなパーティならショートブーツを、フォーマル寄りのパーティならパンプスを、と足もとしだいで印象も変化させやすい。共布で作られたウエストの太めリボンは、バックで結んでもOK。

ワンピース¥64,000/ガリャルダガランテ 表参道店(アンスクリア) リング¥15,000/アデル  ビジュー バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナーロンドン) 靴¥66,000/アダム エ ロペ(ネブローニ)

【 2 】ダウンコート×ニットトップス&スカートコーデ

外でのダウンコートは防寒としてだけでなく、そのキレのいい質感で、ニットの上下を都会的に見せてくれるカナダグースを採用してみる。

ダウンコート¥95,000/カナダグース ニットトップス¥51,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) ニットスカート¥33,000/ブルーバード ブルバード 帽子¥7,000/カシラ ショールーム(カシラ) タイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) ピアス¥76,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) 大バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 小バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥58,000/カオス丸の内(ウーマン バイ コモン プロジェクト) ストール¥25,000/グリニッジ ショールーム(プレディー)

【 3 】ダウンコート×白デニムパンツコーデ

服装を気にせず動けるダウン&デニムも、全体を明るいトーンでまとめれば女性らしく仕上がるので、デニムもバッグもアクセも白をチョイス。カジュアルになりがちなダウンコーデでも襟もとパールの存在感で上品な女性らしさを垣間見せて。

ダウンコート¥95,000/カナダグース ニット¥51,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) デニムパンツ¥26,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ネックレス¥295,000/CHERRY BROWN  靴¥38,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) バングル¥124,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) 

【 4 】ダウンジャケット×白フレアスカートコーデ

まっ白なロングフレアスカートの上品さをリッチなダウンで盛り上げて。そして首まわりを彩る上質なファーで、フェミニンカジュアルっぽい着こなしを。

ダウンジャケット¥105,000/テイラーアンドクロース(フェーバー) ニット¥28,000/ebure スカート¥29,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ピアス¥30,000/プラージュ 代官山店(リジー フォーチュネイト) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

【 5 】ボーダートップス×タイトスカート&ショルダーバッグコーデ

旅先ではトップスやヘアスタイルなど上半身が変わるだけで印象が変わるテクニックを取り入れて。ニット帽をかぶらずに髪をアップしてメガネをかけて、トップスをグレーニットからボーダーカットソーにチェンジしてしまえば、スカートやアウターが前日と一緒だとしても、印象がガラリと変わる。

ダウンコート¥95,000/カナダグース ニットスカート¥33,000/ブルーバード ブルバード ボーダートップス¥39,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) メガネ¥39,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥58,000/カオス丸の内(ウーマン バイ コモン プロジェクト) バングル¥98,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 

【 6 】グレーニット×イエロースカートコーデ

甘口ファッション派も辛口ファッション派も似合うトラッドコーデにきれい色をプラスして新鮮に。悪目立ちせずにちょっと目を引く旬のくすみイエローには、淡いグレーで組み合わせてみる。ニット&スカートの定番アイテムが温和かつ新鮮に見える配色の完成! 

スカート¥36,000/ebure ニット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥68,000/カレンソロジー青山(マリア ルドマン) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥103,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【 7 】黒のニット&パンツ×イエローバッグのコーデ

ボディが着痩せして見えるからついつい手が伸びがちなニット&パンツのいつものブラックコーデ。このままでも十分素敵ではあるけれど、ちょっと春を意識し始めるならここにイエロー小物をプラス。

バッグ¥45,000/コード(ヴァジック) ニット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) Tシャツ¥10,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) パンツ¥9,990/プラステ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)

【 8 】ネイビーワンピース×黒小物コーデ

シワになりにくいとろみワンピースは宴会場がテーブル席でもお座敷タイプでもどちらでも万能なアイテム。とろんとしていてもウエストリボンやスキッパー襟でだらしなく見せないのがポイント。ネイビー×黒小物でシックにまとめれば知的で頼りがいのある女性に見られること間違いなし。

ワンピース¥27,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) カーディガン¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) イヤリング¥15,800/パリゴ 丸の内店(ラダ) 時計¥21,000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥78,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(アスピナル オブ ロンドン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【 9 】ダウンコート×タイトスカートコーデ

内側が中綿ダウンでおしりがかくれるダウンコートは、きゅっと包み込むようなフィット感。そのおかげでボリュームが抑えられ、着ぶくれしがちなタートルニットでも、タイトスカートと合わせれば全体がすっきりⅠラインに。

ダウンジャケット¥68,000/グリニッジ ショールーム(ケープ ハイツ) ニット¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ネイビースカート¥26,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン) バッグ¥95,000/アパルトモン 青山店(ヘイワード) 靴¥52,000/ザ・グランドインク(ロランス)

【 10 】花柄シャツ×デニムパンツコーデ

いつものシャツを花柄に変えて、ちょっぴりよそゆきな甘めフレンチカジュアルにトライ。黒ベースにパラパラと散った花柄シャツならゆるっとした可愛さを演出できそう。少し太めのデニムとスエードのフラット靴、かごバッグ、とジェーン・バーキンみたいなフレンチカジュアルを意識して。

シャツ¥18,000/フラッパーズ(サクレクール) ブルゾン¥78,000/レリタージュ マルティニーク デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー かごバッグ¥13,800(マルシェ)・バレエシューズ¥24,000(スペルタ)・バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ

What's New

Read More

Feature

Ranking