おしゃれプロが太鼓判!かぶり買いが続出した新顔4ブランド

私もチェックしました&オーダーずみ! という回答が集中した、この春話題のブランド。みんなが狙っている新作をリストアップ!

かぶりブランド①  N.O.R.C ノーク

スタイリスト福田亜矢子さん、斉藤くみさんが手がけるこの春誕生したECブランド。今まさに着たい、上質な精鋭ワードローブがうれしい価格でそろう、と話題沸騰!

どれも優秀&お手ごろ価格で歯止めがきかず、複数のアイテムを大人買いしたというマリソルスタッフ、多数。

おしゃれプロが太鼓判!かぶり買いが続出した新顔4ブランド_1_1

❶「小さめの襟と、位置高め&間隔狭めのボタンでスタイルアップ効果抜群なうえ、女らしい。ラグランスリーブの本格派トレンチがこの価格、はすごい!」(マリソル編集部SGUR)。コート¥18,500(ノーク バイ ザ ライン)
❷「リネンにレーヨンなどのツヤやとろみをプラスした素材感で、着心地も女っぽさも抜群。テラコッタブラウンの色みも本当に素敵」(マリソル編集部MDR)。ワンピース¥15,000

❸「この春らしくて合わせやすいベージュに惹かれてオーダー。ユニセックスでサイズ展開が豊富なのもこのブランドの魅力です。私はざっくりオーバーサイズで着たくて、サイズ3 を選びました」(スタイリスト森陽子)。フーディ¥6,900

❹「ゆるっとしたサイズ感といい素材感といい、絶妙!」(エディター塚田有紀子)。Tシャツ¥4.900(ノーク)/ノーク


かぶりブランド② ASAUCE MÊLER アソース メレ

エディターが手がける日本発のストールブランド。色バリ豊富なベルギーリネンのストールが大ヒット!

昨春使いたおし、今季も複数枚リピート……というツワモノも。

おしゃれプロが太鼓判!かぶり買いが続出した新顔4ブランド_1_2

「100×185㎝の大判サイズ。昨年の春夏、はおりとしても巻き物としてもとにかく使えたので、今季は2 色をリピート」(Y本)。「グレーと迷ったうえ、旬なパープルに挑戦」(S田)。「誌面のコーディネートでも大活躍。2 色買いしました」(松村)。ストール各¥27,500/アイネックス(アソース メレ)


かぶりブランド③ JIL SANDER ジル サンダー
2017年就任以来、快進撃を続ける新クリエイティブ・ディレクター、メイヤー夫妻が発信する靴は、争奪戦必至!

おしゃれプロが太鼓判!かぶり買いが続出した新顔4ブランド_1_3

❶「辛口エスパドリーユが新鮮」(S田)。靴¥33,000・❹「靴はもはや人気ありすぎなのでモードなスライダー狙い」(須藤)。靴¥66,000/ロンハーマン(ジル サンダー ネイビー) 

❷「深履き&スクエアで旬顔に」(池田)。靴¥86,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ジル サンダー) 
❸「大人気モデルの進化系に注目」(亜矢子)。靴¥93,000/シジェーム ギンザ(ジル サンダー)


かぶりブランド④ A VACATION ア バケーション
元ユナイテッドアローズのバイヤーが2018年秋冬にスタートし、瞬またたく間に評判になった注目のバッグブランド。

ブランドデビューとともに誕生したビッグサイズのトート「TANK」の新作。

おしゃれプロが太鼓判!かぶり買いが続出した新顔4ブランド_1_4

❶「ナバホ柄にハートを打ち抜かれました」(発田)。バッグ¥63,000/アルアバイル(ア・バケーション)
❷「大きいバッグが久しぶりに持ちたい気分で、柄のものと迷って、合わせやすい無地に。レザーじゃないから重くないのもいい」(Y本)。バッグ¥57,000/ウィム ガゼット青山店(ア バケーション)

【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ  取材・文/須藤由美

What's New

Read More

Feature

Ranking