「ネイビーニット」の鮮度を上げるコーデテク4

2016年12月9日
トレンドがどんなに変わっても、ずっと大好きな上品ネイビーのニット。着こなしを選ばない"永久定番"アイテムだからこそ、新鮮&おしゃれに楽しみたい。この冬トライしたい、コーディネートテクニックをご紹介!

絶対定番トップスでもっともっと素敵になれる!

【01】メンズライク&カジュアルな辛口パンツでツインニットを脱・コンサバ

フェミニンできれいめな印象のツインニット。知的なネイビーならその魅力はいっそう高まる。そこで、持ち味とは真逆のマニッシュ&カジュアルなパンツを投入。ネイビーと相性がよいうえ抜け感をもたらすベージュで効果倍増。
ニット¥18,000・カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) パンツ¥18,000/ボウルズ(ハイク) バングル¥8,000/アクアガール丸の内(ソワリ) ベルト¥47,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥80,000/ティラマーチ ジャポン(ティラ マーチ)

【02】リブタートルのボトムは、プリントマキシスカート。軽さと揺れ感を印象づけて

定番服を素直に着るだけで決まるのは20代まで! リブタートルニットも「どこかハズして着る」のが大人の鉄則。今シーズンは軽やかなプリントスカートが有効。黒ベースの柄を選べば、たたずまいはあくまでシック。ニットの雰囲気に寄り添うローファーの存在が、キャラの違うアイテムをなじませるカギ。
ニット¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ジェドウ) スカート¥25,000(メドモワゼル)・靴¥62,000(チーニー)/フレームワーク ルミネ新宿店 バッグ¥215,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 

What's New

Feature

Ranking