アメリカ発売決定! UZU BY FLOWFUSHIの常識を超えたアイライナー【マーヴェラス原田の40代本気美容 #86】

2019年3月5日
2018年末、ブランド終了宣言で私達に衝撃を与えたFLOWFUSHIは、UZU(ウズ)という名に生まれ変わりアメリカ上陸を果たします。その第1弾アイテムとして発売されるアイライナーは、もうプチプラコスメと言うのが憚られるクオリティ。
フローフシの最後の広告

モテマスカラにエリアファンディ。“世の中に無い全く新しい価値を”というポリシーのもと、常に斬新なアイテムを発表し続けてきたFLOWFUSHI(フローフシ)。昨年の秋、表参道ヒルズに掲げられた広告は大きな衝撃でした。“最後の冬”っていったい……? でも、常に私達を驚かせるようなアイテムを次々とリリースしてくれたブランドですもの、きっと何か“しでかして”くれると思っていました。

その答えがUZU BY FLOWFUSHI。ニューヨークで素性を明かさずサンプリングを実施し、その結果にアメリカ進出の可否を委ねるという、驚きしかないキャンペーンを展開。見事アメリカでの発売を勝ち取りました。

フローフシからUZUへ。新製品のアイオープニングライナー
パッケージと中身のカラーがリンクしていないのも、おしゃれ。

そのアイテムがこちらのUZU EYE OPENING LINER。ホワイト、オレンジ、イエローなど、今までのアイライナーの概念を軽く超えた全14色のバリエーションを誇ります。おまけに14色目は、ユーザーと開発中だとか!

UZUのカーキのアイライナー

早速、アメリカでも支持された噂の逸品を試してみました。選んだ色は、大人も手に取りやすいスモーキーなカーキ。

UZUのカーキのアイライナーの筆先

FLOWFUSHI時代“アイライナー最終形”と称していた持ちやすい8角形のフォルムや、4種の毛の黄金比率ブレンドで職人が手作業で仕上げる筆先は継承しつつ、毛量を増やしてコシを向上させるなどしてブラッシュアップしています。

だからでしょうか、目もとの薄い皮膚と接しても、とにかくなめらか! 太いラインを描こうと力を加えても負担を感じません。8角形の軸もやはり、ブレなくて快適。加齢でたるんだ私の目もとでも、一気につるっと目尻までラインを引けちゃいました。

UZUのカーキのアイライナーの色出し

そしてにじみにくいのも相変わらず、というかパワーアップ。

UZUのアイライナーは水をかけてもにじまない

試しに水をかけてこすってみましたが、ほら、びくともしません。ちょっとゴールド寄りでメタリックな仕上がりが、このカーキの魅力だと思うのですが、その輝きもツヤ感も見事にキープ。 しかも色素沈着しない染料フリーって……どこまで目もと思いなんでしょう!

UZUのBINGOサービス

もうひとつ面白い仕掛けがあるんです。筆先にこのエイリアンマークがプリントされていたらビンゴ!もう1本好きな色がもらえちゃうんですって。粋な遊び心もいい!

この驚きと快適さに満ちたアイライナーは、このクオリティでなんと¥1500。以前と変わらない安心プライスも嬉しい限り。ぜひ、冒険カラーも揃えたいと思っています。全国発売は3月14日(木)。待ちきれない!という方は、明日3月6日(水)から伊勢丹新宿店と阪急うめだ本店で開催されるPOPUP STOREをチェックして下さいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking