アラフォーならではの上品さ、女らしさが手に入る!ベージュファッションコーデ実例|ベージュパンツやベージュスカート、ブラウスなど

2019年3月7日
ベーシックなベージュアイテムをたちまち華やかにするベージュのファッションコーディネートをご紹介。ベージュパンツやスカート、ブラウス、ニットなど、アラフォー女性のベージュコーデを素敵に見せるコーデを参考にして。

■上品カジュアルに「ベージュパンツ」

【 1 】ベージュのワイドパンツ×ブルゾンコーデ

以前から興味のあったファッションのひとつでもあるアスレジャー(アスレチック=運動競技、とレジャー=余暇、を組み合わせた造語)コーデ。いつものファッションにスポーツテイストをミックスするものだけれど、アラフォーが実践するのにやや抵抗が。でも大丈夫! 実はチノ素材ならトレンドの艶素材ジャケットもこなれた感じに仕上げてくれる。

パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ブルゾン¥69,000/F.E.N.(デュベティカ) カットソー¥9,500/スローン バッグ¥156,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【 2 】ベージュのテーパードパンツ×ボーダートップスコーデ

苦手なボーダーもベージュトーンなら上品に着られるのでアラフォーにはおすすめ。トーンを揃えたパンツはひももジップもなく、スポンとはくだけの楽ちんテーパード。センタープレスなどきれいめなデザイン選びに加え、柄や艶小物でメリハリをつけて。

パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) トップス¥12,800/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) メガネ¥29,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バングル¥16,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(フィリップ オーディベール) バッグ¥140,000/ゲストリスト(ザンチェッティ/ハウント代官山) 靴¥33,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

【 3 】ベージュチノパンツ×レースブラウスコーデ

フェミニンなトップスの甘さをほどよく抑えるのは、チノパンの最も得意とするところ。ピュアホワイトのコットンレースブラウスのすそをインして着こなせば、テイストMIXだけでなく全身バランスも急上昇。揺れるピアスや小ぶりのさし色バッグ、ヒールサンダルなどの小物使いで盛り上げて、大人の可愛げをかなえるデートスタイルに。

パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) レーストップス¥26,000/メゾン イエナ(FLOLOVE) バッグ¥48,000/アルアバイル(メゾン・ボワネ) ピアス¥7,400/ドレステリア 銀座店(ソコ) サンダル¥49,000/アマン(ぺリーコ)

【 4 】ベージュチノパンツ×ライダースジャケットコーデ

ライダースジャケットからローカットスニーカー、リュックにいたるまで、メンズっぽいアイテムだけでトータルコーディネート。それでもどこか女らしさが漂うのは、ハイウエストから続くきれいなシルエットと、くるぶしがちらりとのぞく絶妙な丈感にあり!

パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) Tシャツ¥8,000・ライダースジャケット¥88,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) リュックサック¥8,000/ニューエラ ネックレス¥5,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) スニーカー¥9,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 

【 5 】ベージュのチノパンツ×黒のシアーブラウスコーデ

流行の透けトップスこそ、チノパンツのカジュアル感を投入してお色気セーブ。

ハイウエストチノパンツ¥39,000/マディソンブルー ブラウス¥70,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) サングラス¥47,000/ロンハーマン(ケイト ヤングフォー トゥーラ) バッグ¥48,000(ジャンニキアリーニ)・バッグベルト¥6,000(ガム ジャンニ キアリーニ)/エス.アイ.エム 靴¥29,000/エリオポール銀座(ペリーコ サニー) 中に着たキャミソール/スタイリスト私物

【 6 】ベージュのチノパンツ×黒のドット柄ブラウスコーデ

首まわりと袖にたっぷりとギャザーをよせた贅沢なシフォンブラウス。どことなくクラシカルなムードも兼ね備えた王子様のようなブラウスは黒を選んでモードによせて、カジュアル&タフな印象をもつチノパンツを選択。ストイックで上質な黒のヒールやバッグを投入し、ノーアクセで潔さをみせつけて。

ブラウス¥35,000/FUN(フォンデル) パンツ¥23,000/エストネーション バッグ¥145,000/マルティニーク二子玉川(ザンケッティ) 靴¥58,000/プラージュ 代官山店(ポール アンドリュー)

【 7 】ライトベージュパンツ×ロングシャツコーデ

ドライなリネン素材、ライトベージュパンツのとろみ素材という異素材感が、いつものロング&ロングのレイヤードを新しく見せてくれる。

パンツ¥23,000/アルアバイル ロングシャツ¥39,000(参考価格)/アマン(フィナモレ) ニット¥12,000/エリオポール銀座(エリオポール) バッグ¥30,000/ティアラ(ヴィゾーネ) サングラス¥29,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バングル¥26,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) パンプス¥49,000/アマン(ペリーコ) 

【 8 】ベージュの細身パンツ×白ブラウスコーデ

オフィスではテーラードジャケットでびしっと決めつつ、夜のデートでは上着をそっと脱いで、背中あき&リボンの意外性で魅せる着こなしを。そのぶん、ボトムは飾らずカジュアルにおさえておくのが若見えポイント。

ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィムガゼット) ジャケット¥59,000/ebure パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥110,000/アイワ(カラットアー) 靴¥75,000/エストネーション(ニナ リッチ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 

■きれいめ感をプラス「ベージュスカート」

【 1 】ベージュスカート×ラベンダー色ニットコーデ

今も春先も楽しめる心地いい配色とバランス。甘すぎず、リッチで洗練されたムードを作るペールラベンダー。チノ素材のロングスカートで、少しカジュアルに引き寄せると配色もバランスもうまくいく。  

ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥92,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バングル¥22,000/プライムゲートアドバタイジング(ラ・スール) バッグ¥33,000/コード(ヴァジック) 靴¥145,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

【 2 】ベージュスカート×白のワントーンコーデ

カジュアル素材を味方に、ミルキーベージュを颯爽と。淡いベージュの色みとすっきり縦長シルエットはきれいめながら、レザーとコーデュロイの素材感でカジュアルさをプラス。顔まわりに白を集めて、イキイキと明るい印象を導いて。

ジャケット¥73,000/ロンハーマン(ロンハーマン) ニット¥24,000/スローン(スローン) スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ユナイテッド アローズ) ストール¥38,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ドゥース グロワール) バッグ¥69,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) 靴¥31,000/アマン(ペリーコ サニー) タイツ/スタイリスト私物

【 3 】ベージュのタイトスカート×水色ニットコーデ

知的なベージュの細見えスカート×華やかな印象のブルーニットを合わせてみる。ストンと落ちるタイトスカートのセンターボタンがIラインを強調してすっきり効果も。

ニット¥18,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥23,000/アストラット新宿店(アストラット) 手に持ったコート¥84,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス丸の内店(ミニッツ)  時計¥1,550,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) メガネ¥33,000/アイヴァン 7285   バッグ¥44,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) ブーティ¥26,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)

【 4 】ベージュスカート×シースルーニットコーデ

エレガントにみせてくれるのは旬度の高いベージュ〜ブラウンのワントーンコーデ。ベージュ系のコーディネートはともすると年齢層が高く見られがちだけれど、そこは異素材感が楽しい透けニットや、巾着型バッグ、スカーフ、大ぶりピアス、といったトレンド力高めの小物を使えば老け見え回避が可能に。

スカート¥7,000/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) ニット¥26,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) スカーフ¥11,000/エリオポール代官山(マニプリ) バッグ¥64,000/八木通商(ダニエル&ボブ) ピアス¥21,000/TOMORROWLAND(リジー フォーチュネイト) 靴¥68,000/ゲストリスト(ロベールクレジュリー/ハウント代官山)

【 5 】ベージュスカート×グリーン色ニットコーデ

トップス以外のアイテムはベージュでまとめて、色数を抑えるのがアラフォーの技なり! 鮮やかな発色のケリーグリーンはネイビーやベージュといったベーシックカラーとの相性抜群。オフィスには一瞬派手すぎるかなと躊躇したけれど、いつものワンツーコーデが新鮮に感じられ予想以上に合わせやすく大活躍。       

リブニット¥19,000/ADORE 手に持ったジャケット¥45,000/ANAYI スカート¥15,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) パンプス¥46,000/アマン(ペリーコ) バッグ¥33,000/エストネーション(ジャンニ ノターロ) バングル¥26,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

【 6 】ベージュスカート×ネイビージャケットコーデ

知的ネイビーのかっちりジャケットに、サイドスリット入り&とろみ素材のタイトスカートで、シャープな中にもどこか女らしさを薫らせて。     

ジャケット¥45,000/ANAYI ニット¥29,000/スローン スカート¥15,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) メガネ¥36,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥84,000/アマン(ザネラート) パンプス¥25,000/モード・エ・ジャコモ プレスルーム(メダ) 

【 7 】ベージュのマキシスカート×ブルーのカーディガンコーデ

ニットはインしてフェミニンなマキシスカートを合わせれば、華やかな着映えも狙える!   

カーディガン¥32,000(マルティニーク)・スカート¥24,000(クラネ)・バッグ¥39,000・靴¥49,000(ともにペリーコ)/SHOP Marisol    

【 8 】ベージュのシャツワンピースコーデ

首からデコルテをすっきり見せるVあき、少しふわっとした袖、靴を選ばない膝下丈フレアなど、大人をきれいに見せる工夫がつまった一着。ほんのりシワ加工が施された微光沢の素材が、シンプルな中にも個性を感じさせてくれる。

ワンピース¥19,500(エムセブンデイズ)・バッグ¥62,000(ベルメール)・靴¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■使いやすさNo.1「ベージュトップス」

【 1 】ベージュのシャツ&スカート×ハイテクスニーカーコーデ

ハイテクスニーカーをオフィスコーデでもしっくり着こなすなら、例えばこんなベージュトーンで優しげに、合わせるジャケットや小物がブラックならモードにシフトする。 

靴¥9,990/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) シャツ¥42,000・スカート¥72,000/マディソンブルー ジャケット¥59,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥15,000(ココシュニックオンキッチュ)・バングル¥5,000(マージョリー・ベア)/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 バッグ¥36,000/コード(ヴァジック)   

【 2 】ベージュのカーディガン×太めパンツ&スニーカーコーデ

Vネックをトップス風に。×スニーカーのハズシを楽しむ。カーディガンをトップス風に着こなすのも取り入れたいトレンド。太めパンツ&白コンバースと合わせ大人カジュアルに。

カーディガン¥31,000/スローン パンツ¥39,000/エーピー ストゥディオ ニュウマンシンジュク(エーピー ストゥディオ) ストール¥55,000/ロンハーマン(セヤ) イヤリング¥11,000/アルアバイル(ドミニク・ドヌーヴ・パリ) バッグ¥13,800/フラッパーズ(マルシェ) スニーカー¥9,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

【 3 】ベージュのライダースブルゾン×ベージュパンツコーデ

黒の表革とは対極にある、柔らかくニュアンスのある表情が魅力!ベージュスエードならではの女らしさを今年こそ。

ライダース¥58,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ニット¥11,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) パンツ(共布ベルトつき)¥22,000/リエス(リエス) ピアス¥7,500/アルアバイル バ ッグ¥44,000/プラージュ 代官山店(ドラゴン) 靴¥46,000/アマン(ペリーコ)

【 4 】ベージュのテーラードジャケット×白のプリーツスカートコーデ

ドライベージュがもつ色の魅力が生きるアイテム。高感度なおしゃれとタフで媚びない女っぷり、どちらも手に入る!

ジャケット¥78,000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー) リブニット¥18,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(バトナー) スカート¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)  サングラス¥20,000(レイバン)・バングル¥15,000(フィリップ・オーディベール)/essence of ANAYI バッグ¥123,000/J&M デヴィッドソン 岩田屋本店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46,000/プラージュ 代官山店(ペリーコ)

【 5 】ベージュのワークブルゾン×白のフレアスカートコーデ

重くなりがちなレイヤードコーデに軽やかな女性らしさをもたらしてくれるのは、揺れる白フレアスカート。エレガントに仕上げるのはお手のものだけれど、ここにカジュアル要素を追加できれば、着こなしの幅がぐっと広がる。まずは上品なベージュカラーのワークブルゾンを投入してみる。靴とバッグは上質なものにして、大人の上品さをキープすることを忘れずに。     

スカート¥59,000/ヴァリアスショールーム(エイトン) ブルゾン¥95,000/アマン(アンスクリア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥187,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥100,000/ヒラオインク(クレジュリー)

【 6 】ベージュブラウス×アイボリー色パンツコーデ

ベージュやアイボリーで全体をまとめた女性ならではのエレガントなお仕事スタイル。ライトベージュやアイボリーといった淡くまろやかなカラートーンで、優しくしなやかな印象に。そして靴だけはダークカラーでスタイリングをきゅきゅっと引き締めておく。 

前後2Way浅Vネックブラウス¥12,000・コスミカルウォームテーパードパンツ¥16,500(エムセブンデイズ)・ファー巾着つきショルダーバッグ¥35,000(オルセット)・アーモンドトゥチャンキーヒールパンプス¥28,000(チェンバー)/SHOP Marisol

【 7 】ベージュニット×ライラック色のスカートコーデ

アラフォーになっていちばんよく選ぶミディ丈は膝も隠せて安心感のあるこの丈感。仕事が細やかにできそうな知的なベージュトーンのグラデーションの中に淡いライラックカラーをさして、上品に仕上げて。ほのかな光沢感となめらかさのある素材感も大人の余裕を感じさせてくれる。

スカート¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) ニット¥24,000/八木通商(ルトロワ) ピアス¥13,000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) バッグ¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグスインプログレス) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)

【 8 】ベージュニット×デニムパンツコーデ

ケーブル編みでデコルテまわりを印象的にみせてくれるVニットならシンプルコーデも華やかに。

ニット¥15,000(ルージュ・ヴィフ)・デニム¥23,000(アッパーハイツ)・バッグ¥35,000(トフ&ロードストーン)・パンプス¥25,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物 

※商品は販売が終了している場合があります

What's New

Read More

Feature

Ranking