ユニクロのジャケット1枚で変わる!毎日簡単きれいめスタイル【高見えプチプラファッション #3】

ジャケットって難しい?これ1枚あれば、誰でも今すぐ「きちんと」コーデ
年度末の忙しさをジワジワと感じる今日この頃。この時期から新シーズンに向け、服装にはいつもより少し「きちんと感」を意識し始めます。ジャケットを羽織る機会も多くなりますね!お仕事だけでなく、プライベートでもジャケットは1枚持っていると様々な場面で活躍するアイテムです。

わたしはどちらのシーンでも使えるよう、「ちゃんとした」場面用に「DRAWER(ドゥロワー)」のシルクが入ったベーシックなブラックを愛用しています。
ドロワーの黒いジャケット
ですが、かしこまった「かたい」雰囲気の1枚とは別に、普段もう少し気軽に羽織れるラクなジャケットも必須。もう3年以上愛用しているのが、ユニクロのジャージー素材の軽いジャケットです。

フォーマルではない気軽なランチやおでかけに、カーディガン感覚で気取らず着れるこのジャケットは、合わせるもので価格以上にも見え、機能性も抜群の1枚なんです。
ユニクロジャケットを合わせたきれい色コーデ
長年愛用しているのはライトグレーですが、未だに毛玉一つできないヘビロテのアイテム↓デザインは変わっても同じ素材で今年も発売されていたので、久々にネイビーを新調してみました。
ユニクロのジャージージャケット2点
伸縮のある「ジャージー」素材だけあり、着心地や手触りはニットのようなやわらかさ。なのでデザインはジャケットでも、実際はカーディガンのように手軽に羽織れます。

普段着感覚で着てもきちんとした雰囲気が出せるので、「今日はちょっとだけフォーマルにしたいな」という「普段着プラス」の場面にとても便利なアイテムなんですよ。
ユニクロのジャージージャケット
本格的なジャケットのようにかさばらないので、畳むと片手で掴めるほどここまでコンパクトにまとまります↓

つまり、生地に厚みがそれほどないのでどこでも気軽に持ち運べ、まだこれ1枚で寒い日は上からトレンチコートも着られるのです。しかも「UVカット」がプラスされているという、春夏にはありがたい機能付き。
ユニクロのジャージージャケットを小さくまとめた画像
一般的なジャケットは硬い素材も多く、少々動きにくさを感じることもありますが、これはストレッチ素材なので腕を曲げたり伸ばしたりの自由な動きにストレスがありません。

それに、生地のかたいジャケットは腕まくりが上手くキマらないものもありますが、これは薄手なので何回も折り曲げられます↓ジャケットで腕を出すスタイルもクールでカッコいいですよね!
ユニクロのジャケット1枚で変わる!毎日簡単きれいめスタイル【高見えプチプラファッション #3】_1_6
気負わずラクに着ていても「ちゃんとした人」の印象を与えてくれるので普段着でも好印象。デニムスタイルではカジュアルに品をプラスし、デニムの色も選ばず合わせやすいです↓
特に濃紺のインディゴブルーを合わせればネイビーのジャケットと色がつながり、まるでスーツのような統一感に!
ユニクロのジャケットとデニムを合わせた例
「ジャケットはなんだか難しそう」と思っている方にも簡単にチャレンジできると思います。他2色のブラック、グレーもオンオフで抜群に使えそうです。

【Day1】目を引くきれい色のスカートならフォーマルにも対応

ユニクロのジャケットを合わせたきれい色スカートコーデ
↑「ガレージ・オブ・グッドクロージング」のきれいな発色のスカートと落ち着いたネイビーのジャケットでコントラストを。内側は「オーラリー」の半袖ニットで着ぶくれしないようにスッキリ。パンプスもスカートと濃淡違いのパープルでアクセントを出します。

【Day2】デニムスタイルもジャケットの品できれいめコーデに

ユニクロのジャケットをTシャツに合わせたデニムコーデ
↑ジャケットとデニムはいつでも抜群の相性。ネイビーを選んだので、ブルーのデニム&パンプスで全体にブルー系の統一感が出せ、大人がダメージデニムを履いてもきれいな印象に。

「VASIC(ヴァジック)」のホワイトのバッグと「サードマガジン」の白Tシャツでさわやかさをプラス。「マミアン」のパンプスは発色が美しいので、1点投入でもデニムがきれいな印象に仕上がります。

【Day3】ジャケットと同じネイビーのスカートを合わせて「セットアップ」のようなきちんと感

ユニクロのジャケトをプリーツスカートに合わせたネイビーコーデ
↑光沢のあるネイビーのロングプリーツなら、ジャージー素材のジャケットでもお仕事向きのちゃんとした雰囲気に。スカートは安定のプチプラ「アメリカンホリック」です。これはもう3年目の名品!「プラステ」の濃いイエローの半袖ニットは、インナーとしてアクセントに欠かせないプチプラ。

落ち着いたネイビートーンで全体が暗くならないよう、白よりやわらかく映えるベージュのバッグ(マンサーガブリエル)と「ルタロン」のパンプスを合わせました。

【Day4】ネイビーの春夏感をUPさせるボーダーとホワイトデニムを合わせてさわやかな印象に

ユニクロのジャケットをボーダーニットに合わせたさわやかコーデ

↑正統派のおしゃれなら、ネイビーに合わせるのは王道のホワイト。「YANUK」のきれいなラインのデニムならプチプラジャケットも高見え♪バッグも「カーニバル」のネイビーでジャケットに合わせました。

【Day5】同じユニクロのネイビーパンツできれいなセットアップ感。きちんとした印象のお仕事コーデ

マディソンブルーとユニクロのパンツを合わせたお仕事コーデ
↑同じユニクロブランドのパンツなら自然な統一感が出て十分な仕事向きスタイルに。きっちりとしたセンタープレスのテーパードパンツが、ジャージー素材のジャケットのカジュアル感を引き締めてくれます。ブラウンのシャツを合わせましたが、もちろん白シャツでも。

ロングワンピースとも相性抜群です↓(これは新生のプチプラ!後日ご紹介します)
ユニクロのジャケットと花柄ワンピースを合わせた着画
かさばらないこの1枚は旅行にも必ず常備。機内での体温調節や旅先のレストランなどでいつも大活躍してくれます!

「安いから買う」のではなく「ここにしかないから買う」。わたしの「プチプラマイルール」にまさに則っている素晴らしい商品です。

プチプラは人と一緒で「いいところ」をたくさん見つけてみる。そして堂々と着こなす。上手にお付き合いするヒントなのかもしれません♪
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.3★
「AWESOME STORE(オーサムストア)のフット&ネイルパック」

おしゃれな雑貨がたくさん掘り出せる「オーサムストア」にて、先日「パケ」がおしゃれなフット&ネイル用のパックを発見!このプチプラなのに、パケだけではなく内容もすごかったのでご紹介します♪↓
オーサムストアのパック2点
プチプラなので恐るおそる生産国「MADE IN~」を確認すると、なんとパックの本場「KOREA」ではありませんか!「韓国」と書いてあるとなぜか安心してしまうわたし。コリアのパックってすごいですよね♪

プチプラだからとあなどるなかれ。フット用にはシアバターやマカダミアオイルなどの保湿成分がたっぷり。添加物に厳しいわたしはギロっと成分をチェック。「完全無添加」は求めずとも、パラベンや合成着色料は無添加でした!

保湿成分がたっぷり入った「足袋(たび)」のような袋に足を入れてテープで留め、待つこと20分(待ち時間も歩けます)。カサカサの「かかと」がしっとり☆(個人差あります)
オーサムストアのフットパック試着画
ネイル用はカカオに牛乳と、これまたフット用とは違う成分。「同じ保湿パックなら成分はぜんぶ一緒にしちゃえ~~!」という大ざっぱな商品ではありませんでした(祝)。

各パーツに指をそれぞれ入れ、これも待つこと20分。甘皮やささくれがしっとりします♪(個人差アリ)どちらのパックも香りが違い、クリーミーやフローラル系の心地良い香りで待ち時間も癒されます♡
オーサムストアのネイルパック試着画
パケもおしゃれですし、こういうものはなかなか自分では買わないのでプレゼントにしても喜ばれそう。「オーサムストア」では他にも大量買いしてしまったので、また後日ご紹介させていただきますね!
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

What's New

Read More

Feature

Ranking