まぶして焼くだけ!しっかりとしたロゼに合うスパイシーなおつまみ【平野由希子のおつまみレシピ #47】

2019年3月16日
3月はロゼワインに合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。2回目は、アップカミングなスパイス「花椒(ホワジャオ)」を使ったおつまみ
【今月のお酒】ロゼワイン
ロゼンワイン
(右)パトリック・サリヴァン ピンクパウンドロゼ 2017
(左)ギウアーニ ロゼ サペラヴィカベルネソーヴィニヨン 2017
(右)オーストラリアの自然派の造り手、パトリック・サリヴァン。ヒースコートのぶどう農園に生まれ、ワインにのめり込んだのはロンドンにいた時。現在はヤラヴァレーで個性的なワイン造りを行う。ピノノワール、ソーヴィニヨンブラン、ゲヴェルツトラミネール。750㎖¥4,200(希望小売価格)/ワインダイヤモンズ 

(左))ジョージアのマナヴィ村にあるギウアーニは、大昔からワイン造りに携わる家族が守るワイナリー。カベルネソーヴィニヨン、サペラヴィ。チェリーやザクロのアロマ、スムースなテクスチャーの辛口ロゼ。750㎖¥1,500(希望小売価格)/ディオニー
パクチーの次にブームが来ている花椒(ホワジャオ)は、口の中がしびれる辛味と柑橘系の香りの中国スパイス。「鶏手羽は塩味で焼くと白ワインが合いますが、花椒をきかせると濃いめのロゼに合うんです。花椒のスパイシーな風味が鶏手羽の脂を抑えて、さっぱりとした味わいに。特にジョージアのギウアーニのロゼがおすすめ! 赤の色が濃く、しっかりしたロゼなので肉にぴったりですね」
【レシピ】鶏手羽の花椒焼き
ロゼワインに合うおつまみ

【材料(2人分)

鶏手羽中 10本(250g)
花椒・塩 各小さじ1/2  

【作り方】
①1キッチンペーパーの上に花椒をのせ、厚手のガラス容器や瓶の底などでつぶす。塩を加えて混ぜ合わせる。

②鶏肉の水気をふき、①をまぶして10分おく。

③魚焼きグリルに皮目が上になるように並べ、中火で7〜8分、こんがりと焼き色がつくまで焼く。

【POINT】
花椒をつぶすときは耐熱の小ボウルやデュラレックスなどの厚手のグラス、瓶詰などの底で。好みの粗さまでつぶす。

まぶして焼くだけ!しっかりとしたロゼに合うスパイシーなおつまみ【平野由希子のおつまみレシピ #47】_1_3
次回は3月23日(土)19時半更新予定。お楽しみに。
  • 平野由希子
  • 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。https://www.yukikohirano.com/
撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Read More

Feature

Ranking