花柄選びのコツをスタイリスト徳原文子が提案。花柄は賢く、大胆に選ぶ!

2019年3月20日
花柄は好きだけどむずかしい、選び方がわからない……そんなお悩みを解決するべく花柄選びとコーデのコツを伝授!
徳原文子

徳原文子

トレンドを上手に取り入れ、時代の半歩先を行く高感度スタイルを提案し続ける人気スタイリスト。自身もまさにマリソル世代で、マリソルのファッションを牽引する
花柄のワンピースとトップスとスカート

ONE-PIECE

花柄ワンピース

Tokuhara's POINT!

「面積が大きくなるワンピースはよりシックな色みを選択。遠目だと無地に見えるくらいの小花柄がちょうどいい」

TOPS

花柄トップス

Tokuhara's POINT!

「トップスは面積を調節しやすい柔らかな素材のものがベター。ウエストをインしたり、上にはおったり、甘さを微調整して」

SKIRT

花柄スカート

Tokuhara's POINT!

「着映えするイレギュラーヘムは黒×寒色系ならほどよい甘さに。とろみ素材ならほっこりせずきれいめにはけます」

CAUTION! ここには注意!

・ランダム柄や部分柄はチープに見える危険が

・花の種類がはっきりわかる柄は避けるが無難

着やすいのは「総柄、黒ベース」。でも「好き」の感覚も大事にして!

職業柄いろいろな“柄”と向き合いますが、個人的にはボーダーやストライプよりも、花柄を着ることが断然多いです。それはどんな柄よりもなじませやすいと思うから。今回、改めて“花柄”選びの基準を私なりに考えてみました。まずは遠目だと無地や生地の織柄のようにも見える密集した柄は合わせやすいこと。点々とした柄や部分柄よりも総柄のほうが高見えすること。幼く見えにくい黒ベースであること。そして一番は、その柄が好きであること! 柄が好みでないと結局は着なくなってしまうから。少しでも引っかかるものがあるなら、買わないほうが賢明です。

逆に「これだ!」という花柄に出会えたら、それは運命。絶対的に地味にはならないし、小物などに気を遣わなくてもそれだけでコーディネートが決まるし、いいことだらけ。花柄自体が豊富にそろうこの春は、自分好みの一枚に出会える絶好のチャンスです。

花柄トップス×パンツコーデを着たモデルの竹内友梨さん

1/3

花柄ワンピース×ジャケットコーデを着たモデルの竹内友梨さん

2/3

花柄スカート×ニットコーデを着たモデルの竹内友梨さん

3/3

FLOWER PRINT TOPS

Tokuhara's COMMENT!

“可憐な暖色系の花柄ブラウスはウエストイン&はおりもので面積縮小。分量バランスで甘さを調整して”

「花柄を顔まわりにもってくることに抵抗のあるアラフォーにこそオススメしたい、"分量調整"というテクニック。ウエストインすれば脚長効果も狙えて一石二鳥です。スカラップデザインとリバティプリントで甘度高めのブラウスは、シャープさのある黒のロングカーデで印象を引き締めて、大人っぽい印象に仕上げて」。ブラウス¥66,000/ドゥロワー 丸の内店(ホラー・ヴァキュイ) カーディガン¥51,000/マディソンブルー パンツ¥48,000/ebure バッグ¥46,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(エレナギゼリーニ) 靴¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス)



FLOWER PRINT ONE-PIECE

Tokuhara's COMMENT!

“存在感が出やすいワンピなら、ほかで盛り上げなくても、十分華やかに。小物はベーシック派にもおすすめ”

「花柄のワンピースも、モノトーンの小花柄を選べば、悪目立ちしたりイタく見えたりする心配は無用。シックだけど地味にはならないさじかげんが絶妙で、服選びが無難になりがちな人にこそ便利です。ジャケットをはおれば通勤仕様に、カジュアル小物を合わせたらバカンススタイルにと、その振り幅の広さも魅力的」。ワンピース¥33,000/ロンハーマン ジャケット¥145,000/マディソンブルー ネックレス¥138,000/アトリエ ニノン バッグ¥154,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥59,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)

FLOWER PRINT SKIRT

Tokuhara's COMMENT!

“シンプルなニットに合わせたワン・ツーコーデでも地味にならず、簡単に華ありスタイルが完成”

「ドラマティック感がきわだつ花柄は、奇をてらわずにストレートに着るほうが大人っぽくて素敵。コーデにあれこれ迷わずにすみ、ある意味時短アイテムです」。スカート¥24,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パーイエナ) ニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ピアス¥15,000/CPRトウキョウ(ルーカス ジャック) ストール¥53,000/ebure(ファリエロ サルティ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター ロルフ) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)

【Marisol3月号2019年掲載】撮影/西原秀岳(TENT/物) 渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(illumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking