美女組No.140 Yuのブログ
美女組:No.140 Yu

No.140 Yu

医師、ライフ&ファッションスタイリスト

アロマテラピーアドバイザー/アンチエイジングフードマイスターベーシック/医学博士
日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医、日本禁煙学会認定指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、厚生労働省認知症サポート医、日本慢性期医療協会在宅医療認定医、人間ドック健診専門医、日本旅行医学会認定医

〜アラフォー世代のウキウキわくわくを考える〜
『つなぐ』『きずな』『親世代の幸せ』『ふるさと』

1人でも多くの方が年齢を重ねても、健康で笑顔で元気にいられるような世の中になりますように…。
2018年1月~『つなぐプロジェクト』をはじめました。

私のフットケア事情

2019年3月16日
桜の春ネイル。こう見えて、実は巻き爪治療中です。今日は巻き爪ケアについてお話します。
暖かくなって、そろそろ桜が咲きますね。

今回は、春ネイルで桜デザインにしました。
私は、長年巻き爪で悩んでおり、
約2年前から巻き爪の治療中です。

巻き爪は、爪が変形して横方向に巻いた状態です。
嵌入爪(かんにゅうそう)は、その爪の横端が皮膚にくい込んで炎症を起こし痛む状態をいいます。
私のフットケア事情_1_1
足の爪は、足趾(そくし:足の指のこと)の真下から正しく圧力がかからないと巻いてしまうという性質があり、巻き爪・嵌入爪は、爪だけの問題ではなく、正しい歩き方、足趾の使い方をしないと爪が巻いてしまうのです。

足に負担のかかるスポーツ選手にも悩んでいる方は多いようです。
原因として、
・浮き指
・寝たきり
・外反母趾・扁平足・強剛母趾などの指の変形
・幅広の爪
・足先に合わない靴(ハイヒールなど)
・深爪などの不適切な爪切り
・ケガによる物理的な変形(足趾をぶつけたりすることによる)
・爪白癬などの感染症

などがあげられます。
私のフットケア事情_1_2-1

1/3

私のフットケア事情_1_2-2

2/3

私のフットケア事情_1_2-3

3/3

ワイヤー療法治療前。
爪が巻いており、爪の横端が皮膚にくい込んで痛みがあります。
ワイヤーでくい込んだ爪を広げています。
最初の写真より爪のくい込みが浅くなっています。
治療法としては大きく分けて3つあります。

1.保存的療法
軟膏療法やテーピング療法、簡単な爪棘切除(爪のくい込んでいる部分、とがっている部分の切除)などで、巻きや痛みを改善する方法。

2.ワイヤー療法・プレート療法
ワイヤーやプレートを装着して、時間をかけて少しずつ矯正していく方法。

3.手術療法
爪の巻いている部分を、爪母(爪の根元にある)から切除し、その部分の爪が生えてこないようする方法。
その結果、爪の幅が狭くなります。
フェノール法は薬剤で爪母細胞を切除し、
一般的な手術法はメスで爪母を取り除きます。
私のフットケア事情_1_3
私のフットケア事情_1_4
私は、ワイヤー療法をしています。

ワイヤー療法は、足の爪2箇所に穴を開け、特殊なワイヤーで爪を平らにする方法です。
その上から、ジェルネイルをすると針金部分がカバーされてワイヤー療法中には全く見えないですよね!

仕事上、手のネイルは出来ませんが、フットネイルは楽しんでいます。


巻き爪・嵌入爪にお困りの方は、形成外科にご相談ください。

外反母趾、扁平足や強剛母趾は、整形外科へご相談くださいね。

前回、お気に入りのハイヒールを紹介しましたが、外反母趾や、巻き爪・嵌入爪には、よくありませんね。
上手にケアしながら、TPOに合わせてハイヒールも楽しみたいと思います。


What's New

Read More

Feature

Ranking