フラットシューズでもやせて見える!4つのコーデルール

2016年12月28日
らくちんさもスタイルアップもあきらめたくない!厚着になる冬でもバランスよく見せるコツを紹介。
仕事にプライベートに、忙しいマリソル世代にとって歩きやすいフラットシューズは一番の味方。でも、厚着になる冬はどうしてもバランスが悪くなりがちで……。そんなあなたもこの4つのルールさえ覚えておけば大丈夫!

ルール1:全身の色のトーンをつなげる

下手に配色でコーディネートを分断するより、いっそ靴から服までをワントーンでつなげる。それだけですらりと縦長な印象に!

靴からトップスまでを、オールブラックでまとめて

揺れるボトムやレーストップスなど、異素材ミックスでメリハリを作って、仕上げにキャメルの小物でアクセントを。
靴¥43,000/エリオポール銀座(レペット) カーディガン¥29,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) ブラウス(インナーつき)¥47,000/ジャーナルスタンダード レサージュ 銀座店(エイベリー ロウ) プリーツパンツ¥39,000/ADORE  ストール¥68,000(ベグアンドコー)・バングル¥42,000(エディー ボルゴ)・バッグ¥24,000(マウリッツィオ タイウッティ)/アパルトモン 青山店 タイツ/スタイリスト私物

What's New

Feature

Ranking