「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!

眉毛が細い、全体に薄い……。それぞれ眉の悩みの違う美女組さんが藤原美智子さんの指導のもと、なりたい印象をかなえる運命眉にチャレンジ
その人の品格も、知性も、センスも眉に一番表れると言われている。なのに、眉を描くのが苦手というアラフォーが大多数。「年齢を重ねるほどもっとむずかしくなります」と言うのは藤原美智子さん。アラフォーこそ今、自分にぴったりの"運命の眉"を身につける絶好の時。その迷わないルールを藤原さんが伝授する。
ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子さん

ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子さん

ラ・ドンナ主宰。美容界を牽引するトップアーティストとして女性誌をはじめ多くのメディアで活躍。ライフスタイルデザイナーとしても活動。自身の日常をつづったインスタグラムや著書も大人気

Case2:薄眉が悩み。 おしゃれな印象の眉にしたい

美女組 田中圭美さん

美女組 田中圭美さん

もともと薄毛の眉で、どこまで描いていいかもわからない。自分では髪色に合わせたペンシルで、全体的に太めに描いているが……

眉は瞳をキラキラさせる額縁と思ってメイクして
藤原 田中さんが使っている色は、眉の毛の色と合わなさすぎね

田中 髪色と合わせて選んだんです。

藤原 この色だと明るすぎちゃって、目が全然生きてこないのね。眉は、瞳をキラキラさせるための額縁なの。地眉より明るすぎると、眉毛がぼやーんとなり、それにつられて目もぼやーんとした感じになっちゃうの。もったいない。

田中 何か違うとは思っていたんです。

藤原 土台の地肌に塗る眉のベースは地眉の毛の色と合わせること。そして、その後で、髪色が明るかったら、眉マスカラで髪色と合わせるのが正解。 

田中 出だしでつまずいてました(笑)。

藤原 眉だけは基本を飛ばしちゃうとダメなのね。効果が出ない。色を変えたい場合でも、ベースは眉毛と合わせる。そして、マスカラで毛の色を変えて髪の毛の色に近寄せるんです。

田中 今回で、本当に納得しました。

藤原 それと、田中さんみたいに眉全体が薄い人は、ペンシルで描くより、パウダーを使うほうが最初は簡単かも。まずは上側のアウトラインを決めて、下側を少しずつ足すようにするとバランスが取りやすいかな。田中さんのモードっぽいカジュアルな雰囲気を生かすには、眉毛は下げすぎずストレートっぽく。毛は斜め上に上げると、上昇気流に乗って若々しくなります。

「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!_1_3

■女性らしいフレッシュさある 運命眉の作り方ポイント

「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!_1_4-1

1/4

「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!_1_4-2

2/4

「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!_1_4-3

3/4

「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!_1_4-4

4/4

Step1 地眉色のペンシルで基本の眉の形を描く
全体的に眉毛が薄い場合、ベースを描くのはパウダーがおすすめ。柔らかで黒々してない素眉に合わせ色はパレット一番上のブラウンを。まずは、眉の上側アウトラインを決める。
薄い眉の場合は、グレー系よりもダークブラウンがおすすめ。ケイト デザイニングアイブロウ3D EX- 5 ¥1,100(編集部調べ)/カネボウ化粧品

Step2 眉山から眉頭まで下側を足して太さを決める
ステップ1と同じ色で、眉山から眉頭までの下側を足していきながら、太さを出していく。慣れてきたら、ステップ1〜2は太軸のペンシルを使ってもOK。

Step3 髪色に近づけるブラウンマスカラで毛を斜め上に
最後にブラウンのマスカラを地肌につけないように、眉毛だけ、毛を斜め上に上げるように塗る。髪色と合わせつつ、明るすぎないモードカジュアルな太眉が完成。

ベージュ系は大人はNG。深みのあるブラウンを選んで。ルナソル スタイリングアイブロウマスカラ01¥2,800/カネボウ化粧品

昔覚えたままではダメと納得。目の見え方まで全然違います!
「色の選び方も、アイテムの選び方も、昔覚えた情報のまま更新できていないと実感です。おしゃれ大好きなので、モードカジュアルな太眉がうれしい。目もともくっきりすっきり見えるのに感動です(田中さん)」

■藤原メイクだとこう変わる!

「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った!_1_5
髪色に合わせたペンシル1本で描いた田中さんの眉。地眉色との差がはっきりわかって"描いてます眉"に。色が明るすぎるため、眉がぼんやり、瞳もぼんやり。藤原流のストレートな太眉で瞳もキラキラに。
【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/藤原美智子(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子  取材・文/山崎敦子

What's New

Read More

Feature

Ranking