今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」

韓国人の友人が、「今まで観たドラマの中で最高の人生ドラマ」と絶賛していた「眩しくて(原題)」の日本初放送がいよいよ始まります。期待をはるかに上回る心に響く良くできた脚本のドラマで、「国民のお母さん」と言われる大女優キム・ヘジャさん、昨年映画『ミス・ペク(原題)』で女優賞を総なめしたハン・ジミンさん、同じく昨年時代劇映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめしたナム・ジュヒョクさんの3人が主演。脇を固めるベテラン俳優さんたちも素晴らしく、それぞれのキャラクターが生き生きときめ細やかに描かれています。映像も美しく、主人公の家の美容室のインテリアまですべてチャーミング。年齢を問わず、今いちばん観て欲しい深みのある人生ドラマです。この作品でジュヒョクさんは、憂いのあるジュナ役を好演し一目置かれる俳優に。25歳になったばかりの若手俳優の彼が、人生を考え直すきっかけとなったこの作品を振り返り語ります。3月に出した日本初となる写真集も好評発売中で、出版記念のイベントも盛況、SNSのフォロワーは1050万人に!また、ドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」や、来年公開予定のリメイク版映画『ジョゼと虎と魚たち』の主演も決まり、快進撃が続きます。
今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_1
●5月から『眩しくて(原題)』がKNTVで日本初放送されます。今のお気持ちは?

ー『眩しくて(原題)』がKNTVで日本初放送されると聞き、本当に嬉しいです。日本の皆さんにも楽しんでご覧いただき、幸せな気分になっていただけたらと思います。

●今回演じられた役柄と見どころを教えてください。

ー僕が演じたイ・ジュナは、20代ならではのきらびやかな時間を捨てて、無気力に生きていくキャラクターです。韓国では「時間離脱ロマンス」というキャッチフレーズだったのですが、ロマンスというよりは、登場人物一人ひとりの感情とストーリーに注目してご覧いただくと、ロマンスだけではない何かをたくさん感じていただけるのではないかと思っています。

●制作発表会でご自身とジュナが似ていると仰っていましたが?

ーものすごく似ているというわけではありません(笑)僕は、キャラクターを見ながら、自分と似ている点はどんなところがあるか、毎回考えるんです。今回の作品だけでなく、全ての作品で役との共通点を探す方です。今回演じたジュナは祖母と暮らしていますが、僕も祖母と過ごしたことがあり、そんな些細な部分が似ていたと思います。

●ジュナのようにジュヒョクさん自身もおばあさまとの思い出はありますか?

ー祖母とは今でも一緒に住んでいます。僕の祖母もジュナのおばあちゃんのように美味しいご飯をいつも作ってくれるんです。楽しそうに笑っている姿を見ると、僕も嬉しくなります。

●出演を決めた理由は「キム・ヘジャさん、ハン・ジミンさんと演技してみたかったから」と仰っていましたが、実際にお二人と共演してみていかがでしたか?

ーヘジャさんとジミンさんと一緒に演技することができるということだけでも、僕には大きなことで、とても幸せでした!このような大先輩たちといつまたご一緒できるかと考えました。本作の前に参加した映画『安市城 グレート・バトル』という作品でもそうですが、素晴らしい先輩たちと一緒にお芝居をすることができ、とてもワクワクしました。もちろん緊張もしましたが、一緒にお芝居をした時の自分の姿も見てみたかったですし、様々なことを学べ、本当に幸せでした。台本を初めてもらった時は、台本自体からも僕に与える感覚はすごいものでした。実は以前から平凡な人物を演じてみたいと思っていたんです。内容は平凡ではなくても、平凡で人間らしい生き方をするキャラクターを演じたかったので、その部分においても是非演じたいと思い、出演を決めました。

●撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

ー撮影現場は本当に和気あいあいとしていました!その中心に監督がいらっしゃったので現場が迅速に正確に回っていましたし、現場自体がとても仲睦まじく全てのスタッフと俳優が一緒になって作り上げている感じがしました。俳優たちだけでなくスタッフの方たち含め、誰一人欠けることなくみんなが幸せに撮影できたことが一番記憶に残っています。

●ヘジャは時計を使って時間を戻すことができますが、ヘジャのように時間を戻す能力があるとしたら戻りたい時は?

ー正直、僕はまだ戻りたい瞬間はありません。自分なりに一生懸命生きてきたと思っていますし、今はまだ戻ったところで思春期や幼年期なので、その時は僕が何か考えたり何かをしたりできる年代ではないですから。なので、今はまだ戻りたいと思う瞬間はないように思います。

●では未来に行けるとしたら、行ってみたい未来は?

ー僕は21歳で演技を始めたんですが、専門的に演技を学んで始めたわけではないので、すぐに自分が上手くできるとは思っていませんでした。一年後もちゃんとできているか悩みながら演技者としての道を歩んできて、その気持ちがずっとあったのでいつも10年後の自分の姿が気になっていました。30歳になった時の自分が、この仕事を地道に続けているのか、10年後の俳優ナム・ジュヒョクが、どんな姿になっているか気になっていたんです。その瞬間のために、今もたゆまず目標を叶えられるように走り続けている途中です。なので、今だと5年後が一番気になります。果たして自分が夢見ていた目標が叶っているか、それがとても気になります。

●俳優としての6年間は計画通りにいっていますか?

ー6年が過ぎましたが、計画通りにいったとは思っていません。なぜなら、10年という目標を立てたので、今はまだその過程にいるんです。ですから、「自分はうまく目標に向かっているのか」と今は考えてもいません。30歳になった時に、振り返ってみると後悔したり、「この時なぜ自分はもっとうまくできなかったのか」と反省したりもするかもしれませんが、その時になれば自分の10年間を振り返ることができると思います。30歳になった時はまた10年後が気になると思います。いつも大きく目標を立てながら生き続けています。

●ソン・ホジュンさんとは『三食ごはん』の共演でおなじみですが、ドラマで共演してみていかがでしたか?

ー実はこの質問は本当にたくさん受けたのですが、ホジュンさんとは台本の読み合わせの時に一度会い、撮影現場で一度だけ会いました。それから、会食の時にたくさん会っています。というのも、ホジュンさんと僕は一緒になるシーンがなかったんです…。それで、会食の度にいつも「僕たち同じドラマを撮ってるんだよね?」とお互い話しています(笑)ホジュンさんと一緒に撮影したことがないので、ホジュンさんはどのように撮影しているのか分からないんです。僕が演じるジュナは、演じながらとても悲しく大変な部分があるのですが、放送を見て、ホジュンさんはこんなにも笑いながら撮影していたんだと知りました。ホジュンさんからしたら、すごく幸せで面白いドラマだと思っていたら、僕の方は苦労しながら撮影しているんだねとお互いそんな話をたくさんしました(笑)

●記憶に残っているセリフや場面はありますか?

ー第6話で僕が70歳のヘジャに怒りながら自分の全てをぶちまけるシーンがあります。人間なら誰しもがそんな気持ちを持っていると思います。自分は辛いのに、なぜ周りは「お前はもっと頑張らなければいけない」と言うのか、頑張れる方法が何かも分からないし、どうしたら自分が大変な状況を脱することができるのかも分からないのに、なぜ周りが自分に頑張れと言うのか分からないと、頼むから僕の人生にああだこうだ言わないでくれと言うシーンがあります。現実ではほとんどの人はジュナのように気持ちを心の中に抱きつつも吐き出す事はできないと思うんです。僕自身もやはりそんな気持ちと言葉を心の奥底に留めていた時もあり、ドラマでジュナとしてこのセリフを言う時、ジュナというキャラクターが辛い人生を生きているので気の毒でかわいそうでした。また僕としては自分もこんな風に言う状況はあるのかなと考えたんですが、ジュナというキャラクターがそれくらい本当に大変で絶望的だからこそこのような吐き出しにくいことを言うんだ、と感じました。そのシーンを撮影したときは本当にたくさんのことを考えていたように思います。それから第9話では、ネタバレになってしまうかもしれませんが(笑)ある出来事がおき、ジュナが独りでうなだれるのですが、ヘジャがたくさんの話をしてくれる場面があります。生きるとは大したことではないと、生きることについての話をたくさんしてくれるのですが、撮影をしながらその話を聴いている自分自身と、ジュナの感情が重なりました。ジュナがとても気の毒で、撮影が終わってから自分としてももう一度考えるようになりました。心に響いた言葉があるのですが、ヘジャが最後に言う「あなたも自分の人生に愛情をもってくれたらいい」というセリフを聞いて、自分自身を振り返るようになり、自分を苦しめて生きているのではないかと考え、撮影を通して、僕の人生についても、これからの心持ちとしても、たくさん考えるようになりました。それから、本当につらく、地獄のような人生を歩んでいる人でも、光が見えない人でも、隣で誰かが1人でもこのように自分にいい言葉をかけてくれる人がいれば、その人がいることだけでも元気を出して生きていけると僕は思います。そのような人たちのために『眩しくて(原題)』のイ・ジュナという役を諦めずに演じたかったです。このドラマを見て元気になってくださったら嬉しいですし、自分自身を貶すことなく、自分自身を思いやってほしいと思います。人生はとても長いものですが、今この瞬間が辛くても、何としてでも打ち勝ってほしいと、この作品に参加しながら思っていました。

●今仰ったようにジュナは辛い人生を生きるキャラクターですが、演じながら大変だった点や気を遣った部分はありますか?

ー演じながら大変だった点はたくさんありました。僕も気づかないうちにジュナにものすごく感情移入していたと思います。これは少し笑えるエピソードでもあるのですが、『眩しくて(原題)』の撮影中に、海外スケジュールがあったんです。海外に行く時に空港で撮られた写真を見ると、僕の目つきが悲しい子どものようだと周りからたくさん言われました。

●今は大丈夫ですか?

ー今でも悲しそうに見えると言われますが(笑)、そのくらい僕が役に入り込んでいたという証拠なので、一方では胸がいっぱいで嬉しく、一方ではキャラクターについてたくさん考えるようになった気がします。

●ハン・ジミンさんとのラブシーンはいかがでしたか?

ーこれもネタバレになってしまいそうですが(笑)エピソードを挙げるとすれば、幸せだった全てのロマンスシーンがとても悲しかったです。とても幸せなシーンなのにその全てのシーンで心が痛く、切なく寂しかったです。

●撮影現場でのムードメーカーはどなたでしたか?

ーこんなに憂鬱で沈鬱な状況に陥っているジュナを撮影する時の現場のムードメーカーは監督でした(笑)キム・ソギュン監督は今回の作品を通じて初めてお会いし、一緒に作品に携わったのですが、真のリーダーでした。全てのことが新鮮に感じられました。監督から撮影に入る前に「この作品で癒してあげるよ」と言っていただいたのですが、ジュナという役は正直、感情的に大変でした。それでも、監督がそのように言ってくださった理由を感じ取ることができました。キム・ソギュン監督に呼んでいただければ、またいつでも一緒に撮影したいです!とても良い監督で、僕の演技人生で最も忘れられない監督です。

●キム・ソギュン監督の演出スタイルはいかがでしたか?

ー演出もとても素晴らしく、演じる俳優の立場から、俳優が辛くないように細かく説明してくださり、何か違うなというときは細かい話を交わしました。そういった部分では、自分が間違った道に行こうとしている場合には確実に掴んでくださる監督なので、僕自身はすごく大きな力になりました。監督をひたすらに信じてついていけたんだと思います。監督のお力もあって、僕の演技もたくさんの方から良いお言葉をいただけているのではないかと思います。

●この作品がナム・ジュヒョクさんに残したものは?

ーまず一番は「人」です。ご一緒させていただいた全ての方々が僕にとってとても大切な人になりました。もう一つは、僕の人生についてもう一度考えてみることができたことです。そしてもう一つあるとするならば、より一生懸命に生きなければならない、と感じることができたことです。

●最後に放送を楽しみにしているファンにメッセージをお願いいたします。

ー5月から『眩しくて(原題)』が放送されます。楽しんでご覧いただき、皆さんがこのドラマを見て、幸せになってくださったら嬉しいです。
今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-1

1/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-2

2/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-3

3/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-4

4/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-5

5/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-6

6/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-7

7/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-8

8/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-9

9/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-10

10/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-11

11/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-12

12/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-13

13/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-14

14/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-15

15/15
















今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_3
今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_4
ナム・ジュヒョク写真集「YOUTH」 撮影:舞山秀一 B5判ソフトカバー 4C96P 3,000円+税 /ワニブックス


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します

What's New

  • ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

    「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!

    韓流NEWS

    2019年5月13日

  • 演技の神童から名優へ。ヨ・ジングさんの素顔

    8歳でデビュー、演技の神童と言われてきたヨ・ジングさん。神がかった演技力から、”ゴッドジング”の異名を持つ21歳だ。日本でも6月から放送される「王になった男(原題)」で、ひとり二役の主人公を熱演し話題に。ジングさんの代表作品と絶賛されたこの注目のドラマで、百想芸術大賞最優秀演技賞にもノミネートされ、演技派若手俳優として圧倒的な存在感を放っています。そんな彼が2年半ぶりにファンイベントで来日!「イルジメ」や「ジャイアント」から、『ファイ』『1987』など、ずっと印象的な作品を届けてくれているジングさん。素顔の彼にはどこか気品があり、太陽のように朗らかでチャーミング。日本語もだいぶわかるようで、時折話す日本語もなめらか!今回のファンミーティングではピアノの弾き語りでback numberの「ヒロイン」を披露してくれ、魅力的な美声にとても似合っていました。映像も美しく、イ・セヨンさんをはじめキャストも秀逸な「王になった男」は必見、IUさんと撮影中だという「ホテルデルーナ(原題)」も楽しみです!

    韓流NEWS

    2019年4月20日

  • 「屋根部屋」で悲願のNo.1!N.Flyingの初アルバムとツアーに期待!

     N.Flyingは、2013年10月に日本でインディーズデビュー後、2015年に韓国デビュー。デビュー曲「キガマッキョ」がヒット、翌年日本でもメジャーデビューを果たし、先輩バンド、FTISLANDやCNBLUEの次世代バンドとして注目されてきた実力派です。今年2月には「屋根部屋」で、デビュー4年目にして韓国で悲願の音源チャート1位に輝きブレイク中。5月には初となるアルバム『BROTHERHOOD』をリリース予定、6月には東京、大阪、名古屋でツアーが控えています。先輩バンドのライブの前座、昨年の単独ライブにも2度、リーダーがゲストで参加したイ・ホンギさんのファンイベントで彼らの活躍を見てきたので、チャートナンバーワンのニュースに胸が熱くなりました。元気でパワフルな魅力が炸裂の彼らの熱いライブをぜひ体感してみて!!来日した4人のトークからも仲睦まじさが伝わりました。

    韓流NEWS

    2019年4月7日

  • EXOのド・ギョンスさん時代劇初主演、ドラマ「100日の郎君様」が眼福!

    EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2019年3月15日

  • 「ボーイフレンド」で2年ぶりにドラマ復帰、別格人気のパク・ボゴムさんが来日!歌手デビューも!

    爆発的にヒットした「雲が描いた月明り」で”アジアのプリンス”となったパク・ボゴムさんが、ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりに待望のドラマ復帰。"アジアのボーイフレンド”となり、アジアツアーの一環で、約1年ぶりのファンイベントのために来日したボゴムさん。なんと3月20日にはシングル「Bloomin’」で日本歌手デビューも!!さいたまスーパーアリーナを沸かせ、ひとつずつ夢を叶えていく、華やかなオーラで輝くスター。壮大なファンイベントで多くのファンを魅了する、彼の人気はやはり別格でした。

    韓流NEWS

    2019年3月6日

  • 走り続けるアーティストiKONが、昨年最大のヒット曲を含むアルバム『NEW KIDS』をリリース!

     BIGBANGの系譜を継ぐiKONが、2月27日に”NEW KIDS”プロジェクトの集大成となるアルバム『NEW KIDS』をリリース。これに合わせた記者会見に行ってきました。このアルバムには、2018年韓国の年末賞レースで、ベストソング賞を総なめした「LOVE SCENARIO」、新曲「I’M OK」「KILLING ME」 「GOODBYE ROAD」の日本語バージョンを含む全21曲を収録。いちど聴いたらループにハマる、めくるめくiKONワールドに浸れる一枚となっています。ぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年2月27日

  • 「私の後ろにテリウス」のソン・ホジュンさんが愛される理由

    昨年東京でのファンイベントが自身初のもので、その時はとても緊張しました、と話すソン・ホジュンさん。今年も日本に来ることができてありがたく、そしてとても嬉しいといいます。共演したソ・ジソプさんが演技大賞を受賞するなど話題となったドラマ「私の後ろにテリウス(原題)」では、初の悪役を好演。さらにユ・ヨンソクさんと始めた寄付イベントを番組化した「コーヒーフレンズ」と、2月に放映されるドラマ「眩しくて(原題)」の撮影を終え、これから映画『最後の宿題(原題)』(感動的な映画だそう)が始まるのだとか。そんな忙しいスケジュールの合間を縫っての2度目のファンイベントのため来日、もちろん会は盛況でした。また、ホジュンさんは取材を終えても幾度も挨拶し、まわりの人々を癒し、幸せにしてくれる優しさに満ち溢れていました。東方神起のユンホさんの親友としても知られ、同業の友人も多い彼。「応答せよ1994」でブレイクして以来、人々を惹きつけてやまないその理由がわかった気がします!

    韓流NEWS

    2019年2月15日

  • 「鶏龍<ケリョン>仙女伝」で人気急上昇!新星俳優ソ・ジフンさんに注目

    「シグナル」でデビューした新星、ソ・ジフンさん。1997年生まれ、身長184センチの長身、爽やかなルックスの彼が、ラブコメ「鶏龍仙女伝(原題)」のヒットで人気急上昇!ドラマは、羽衣を失くし、天に上がれずにいた仙女が、その羽衣の行方を教えてくれないまま死んでしまった夫の生まれ変わりを 699 年間にわたり鶏龍(ケリョン) 山で待ち続け・・・。という韓国に伝わる童話「仙女ときこり」の後日談。ジフンさんは夫候補のひとりをチャーミングに演じています。

    韓流NEWS

    2019年2月6日

Read More

Feature

Ranking