ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」

韓国人の友人が、「今まで観たドラマの中で最高の人生ドラマ」と絶賛していた「眩しくて(原題)」の日本初放送がいよいよ始まります。期待をはるかに上回る心に響く良くできた脚本のドラマで、「国民のお母さん」と言われる大女優キム・ヘジャさん、昨年映画『ミス・ペク(原題)』で女優賞を総なめしたハン・ジミンさん、同じく昨年時代劇映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめしたナム・ジュヒョクさんの3人が主演。脇を固めるベテラン俳優さんたちも素晴らしく、それぞれのキャラクターが生き生きときめ細やかに描かれています。映像も美しく、主人公の家の美容室のインテリアまですべてチャーミング。年齢を問わず、今いちばん観て欲しい深みのある人生ドラマです。この作品でジュヒョクさんは、憂いのあるジュナ役を好演し一目置かれる俳優に。25歳になったばかりの若手俳優の彼が、人生を考え直すきっかけとなったこの作品を振り返り語ります。3月に出した日本初となる写真集も好評発売中で、出版記念のイベントも盛況、SNSのフォロワーは1050万人に!また、ドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」や、来年公開予定のリメイク版映画『ジョゼと虎と魚たち』の主演も決まり、快進撃が続きます。
今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_1
●5月から『眩しくて(原題)』がKNTVで日本初放送されます。今のお気持ちは?

ー『眩しくて(原題)』がKNTVで日本初放送されると聞き、本当に嬉しいです。日本の皆さんにも楽しんでご覧いただき、幸せな気分になっていただけたらと思います。

●今回演じられた役柄と見どころを教えてください。

ー僕が演じたイ・ジュナは、20代ならではのきらびやかな時間を捨てて、無気力に生きていくキャラクターです。韓国では「時間離脱ロマンス」というキャッチフレーズだったのですが、ロマンスというよりは、登場人物一人ひとりの感情とストーリーに注目してご覧いただくと、ロマンスだけではない何かをたくさん感じていただけるのではないかと思っています。

●制作発表会でご自身とジュナが似ていると仰っていましたが?

ーものすごく似ているというわけではありません(笑)僕は、キャラクターを見ながら、自分と似ている点はどんなところがあるか、毎回考えるんです。今回の作品だけでなく、全ての作品で役との共通点を探す方です。今回演じたジュナは祖母と暮らしていますが、僕も祖母と過ごしたことがあり、そんな些細な部分が似ていたと思います。

●ジュナのようにジュヒョクさん自身もおばあさまとの思い出はありますか?

ー祖母とは今でも一緒に住んでいます。僕の祖母もジュナのおばあちゃんのように美味しいご飯をいつも作ってくれるんです。楽しそうに笑っている姿を見ると、僕も嬉しくなります。

●出演を決めた理由は「キム・ヘジャさん、ハン・ジミンさんと演技してみたかったから」と仰っていましたが、実際にお二人と共演してみていかがでしたか?

ーヘジャさんとジミンさんと一緒に演技することができるということだけでも、僕には大きなことで、とても幸せでした!このような大先輩たちといつまたご一緒できるかと考えました。本作の前に参加した映画『安市城 グレート・バトル』という作品でもそうですが、素晴らしい先輩たちと一緒にお芝居をすることができ、とてもワクワクしました。もちろん緊張もしましたが、一緒にお芝居をした時の自分の姿も見てみたかったですし、様々なことを学べ、本当に幸せでした。台本を初めてもらった時は、台本自体からも僕に与える感覚はすごいものでした。実は以前から平凡な人物を演じてみたいと思っていたんです。内容は平凡ではなくても、平凡で人間らしい生き方をするキャラクターを演じたかったので、その部分においても是非演じたいと思い、出演を決めました。

●撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

ー撮影現場は本当に和気あいあいとしていました!その中心に監督がいらっしゃったので現場が迅速に正確に回っていましたし、現場自体がとても仲睦まじく全てのスタッフと俳優が一緒になって作り上げている感じがしました。俳優たちだけでなくスタッフの方たち含め、誰一人欠けることなくみんなが幸せに撮影できたことが一番記憶に残っています。

●ヘジャは時計を使って時間を戻すことができますが、ヘジャのように時間を戻す能力があるとしたら戻りたい時は?

ー正直、僕はまだ戻りたい瞬間はありません。自分なりに一生懸命生きてきたと思っていますし、今はまだ戻ったところで思春期や幼年期なので、その時は僕が何か考えたり何かをしたりできる年代ではないですから。なので、今はまだ戻りたいと思う瞬間はないように思います。

●では未来に行けるとしたら、行ってみたい未来は?

ー僕は21歳で演技を始めたんですが、専門的に演技を学んで始めたわけではないので、すぐに自分が上手くできるとは思っていませんでした。一年後もちゃんとできているか悩みながら演技者としての道を歩んできて、その気持ちがずっとあったのでいつも10年後の自分の姿が気になっていました。30歳になった時の自分が、この仕事を地道に続けているのか、10年後の俳優ナム・ジュヒョクが、どんな姿になっているか気になっていたんです。その瞬間のために、今もたゆまず目標を叶えられるように走り続けている途中です。なので、今だと5年後が一番気になります。果たして自分が夢見ていた目標が叶っているか、それがとても気になります。

●俳優としての6年間は計画通りにいっていますか?

ー6年が過ぎましたが、計画通りにいったとは思っていません。なぜなら、10年という目標を立てたので、今はまだその過程にいるんです。ですから、「自分はうまく目標に向かっているのか」と今は考えてもいません。30歳になった時に、振り返ってみると後悔したり、「この時なぜ自分はもっとうまくできなかったのか」と反省したりもするかもしれませんが、その時になれば自分の10年間を振り返ることができると思います。30歳になった時はまた10年後が気になると思います。いつも大きく目標を立てながら生き続けています。

●ソン・ホジュンさんとは『三食ごはん』の共演でおなじみですが、ドラマで共演してみていかがでしたか?

ー実はこの質問は本当にたくさん受けたのですが、ホジュンさんとは台本の読み合わせの時に一度会い、撮影現場で一度だけ会いました。それから、会食の時にたくさん会っています。というのも、ホジュンさんと僕は一緒になるシーンがなかったんです…。それで、会食の度にいつも「僕たち同じドラマを撮ってるんだよね?」とお互い話しています(笑)ホジュンさんと一緒に撮影したことがないので、ホジュンさんはどのように撮影しているのか分からないんです。僕が演じるジュナは、演じながらとても悲しく大変な部分があるのですが、放送を見て、ホジュンさんはこんなにも笑いながら撮影していたんだと知りました。ホジュンさんからしたら、すごく幸せで面白いドラマだと思っていたら、僕の方は苦労しながら撮影しているんだねとお互いそんな話をたくさんしました(笑)

●記憶に残っているセリフや場面はありますか?

ー第6話で僕が70歳のヘジャに怒りながら自分の全てをぶちまけるシーンがあります。人間なら誰しもがそんな気持ちを持っていると思います。自分は辛いのに、なぜ周りは「お前はもっと頑張らなければいけない」と言うのか、頑張れる方法が何かも分からないし、どうしたら自分が大変な状況を脱することができるのかも分からないのに、なぜ周りが自分に頑張れと言うのか分からないと、頼むから僕の人生にああだこうだ言わないでくれと言うシーンがあります。現実ではほとんどの人はジュナのように気持ちを心の中に抱きつつも吐き出す事はできないと思うんです。僕自身もやはりそんな気持ちと言葉を心の奥底に留めていた時もあり、ドラマでジュナとしてこのセリフを言う時、ジュナというキャラクターが辛い人生を生きているので気の毒でかわいそうでした。また僕としては自分もこんな風に言う状況はあるのかなと考えたんですが、ジュナというキャラクターがそれくらい本当に大変で絶望的だからこそこのような吐き出しにくいことを言うんだ、と感じました。そのシーンを撮影したときは本当にたくさんのことを考えていたように思います。それから第9話では、ネタバレになってしまうかもしれませんが(笑)ある出来事がおき、ジュナが独りでうなだれるのですが、ヘジャがたくさんの話をしてくれる場面があります。生きるとは大したことではないと、生きることについての話をたくさんしてくれるのですが、撮影をしながらその話を聴いている自分自身と、ジュナの感情が重なりました。ジュナがとても気の毒で、撮影が終わってから自分としてももう一度考えるようになりました。心に響いた言葉があるのですが、ヘジャが最後に言う「あなたも自分の人生に愛情をもってくれたらいい」というセリフを聞いて、自分自身を振り返るようになり、自分を苦しめて生きているのではないかと考え、撮影を通して、僕の人生についても、これからの心持ちとしても、たくさん考えるようになりました。それから、本当につらく、地獄のような人生を歩んでいる人でも、光が見えない人でも、隣で誰かが1人でもこのように自分にいい言葉をかけてくれる人がいれば、その人がいることだけでも元気を出して生きていけると僕は思います。そのような人たちのために『眩しくて(原題)』のイ・ジュナという役を諦めずに演じたかったです。このドラマを見て元気になってくださったら嬉しいですし、自分自身を貶すことなく、自分自身を思いやってほしいと思います。人生はとても長いものですが、今この瞬間が辛くても、何としてでも打ち勝ってほしいと、この作品に参加しながら思っていました。

●今仰ったようにジュナは辛い人生を生きるキャラクターですが、演じながら大変だった点や気を遣った部分はありますか?

ー演じながら大変だった点はたくさんありました。僕も気づかないうちにジュナにものすごく感情移入していたと思います。これは少し笑えるエピソードでもあるのですが、『眩しくて(原題)』の撮影中に、海外スケジュールがあったんです。海外に行く時に空港で撮られた写真を見ると、僕の目つきが悲しい子どものようだと周りからたくさん言われました。

●今は大丈夫ですか?

ー今でも悲しそうに見えると言われますが(笑)、そのくらい僕が役に入り込んでいたという証拠なので、一方では胸がいっぱいで嬉しく、一方ではキャラクターについてたくさん考えるようになった気がします。

●ハン・ジミンさんとのラブシーンはいかがでしたか?

ーこれもネタバレになってしまいそうですが(笑)エピソードを挙げるとすれば、幸せだった全てのロマンスシーンがとても悲しかったです。とても幸せなシーンなのにその全てのシーンで心が痛く、切なく寂しかったです。

●撮影現場でのムードメーカーはどなたでしたか?

ーこんなに憂鬱で沈鬱な状況に陥っているジュナを撮影する時の現場のムードメーカーは監督でした(笑)キム・ソギュン監督は今回の作品を通じて初めてお会いし、一緒に作品に携わったのですが、真のリーダーでした。全てのことが新鮮に感じられました。監督から撮影に入る前に「この作品で癒してあげるよ」と言っていただいたのですが、ジュナという役は正直、感情的に大変でした。それでも、監督がそのように言ってくださった理由を感じ取ることができました。キム・ソギュン監督に呼んでいただければ、またいつでも一緒に撮影したいです!とても良い監督で、僕の演技人生で最も忘れられない監督です。

●キム・ソギュン監督の演出スタイルはいかがでしたか?

ー演出もとても素晴らしく、演じる俳優の立場から、俳優が辛くないように細かく説明してくださり、何か違うなというときは細かい話を交わしました。そういった部分では、自分が間違った道に行こうとしている場合には確実に掴んでくださる監督なので、僕自身はすごく大きな力になりました。監督をひたすらに信じてついていけたんだと思います。監督のお力もあって、僕の演技もたくさんの方から良いお言葉をいただけているのではないかと思います。

●この作品がナム・ジュヒョクさんに残したものは?

ーまず一番は「人」です。ご一緒させていただいた全ての方々が僕にとってとても大切な人になりました。もう一つは、僕の人生についてもう一度考えてみることができたことです。そしてもう一つあるとするならば、より一生懸命に生きなければならない、と感じることができたことです。

●最後に放送を楽しみにしているファンにメッセージをお願いいたします。

ー5月から『眩しくて(原題)』が放送されます。楽しんでご覧いただき、皆さんがこのドラマを見て、幸せになってくださったら嬉しいです。
今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-1

1/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-2

2/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-3

3/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-4

4/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-5

5/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-6

6/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-7

7/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-8

8/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-9

9/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-10

10/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-11

11/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-12

12/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-13

13/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-14

14/15

今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_2-15

15/15
















今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_3
今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」_1_4
ナム・ジュヒョク写真集「YOUTH」 撮影:舞山秀一 B5判ソフトカバー 4C96P 3,000円+税 /ワニブックス


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • 「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

    視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ訪ねて行きます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!

    韓流NEWS

    2020年12月1日

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

  • 待望のアーティストデビュー!イ・ミンヒョクさんに聞くK-POP&K-Beauty

    12歳から両親の仕事の関係で日本在住であり、ダンサー、イベントMC、youtubeの活躍などで注目されているマルチタレント、イ・ミンヒョクさん。人気大型オーディション番組でもファンを増やし、11月に待望のアーティストデビュー、オンラインファンミーティングも控えています。コロナ禍でも変わらず世界で注目を浴び、ビルボードを賑わせているK-POPアーティストたち。10月のBTSのオンラインコンサートは2日間で99.3万人が視聴、Netflixで配信中のBLACKPINKのドキュメンタリー「BLACKPINK~ライト・アップ・ザ・スカイ~」ではシャネルのアンバサダーも務めるジェニーが、厳しい練習や競争の繰り返しだった練習生時代が一番”K-POP”だったと語っていたのが印象的でした。韓国コスメ、VTやNATURE REPUBLICなどいくつもの韓国コスメのイメージモデルも務めたり、熱心なスキンケア通でも知られるミンヒョクさん。K-POPの話や、美肌の持ち主の彼のオススメコスメなどをうかがいました!

    韓流NEWS

    2020年11月1日

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

Read More

Feature

Ranking