ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!
ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_1
●「ここに来て抱きしめて」への出演が決まった時にどう思ったか教えてください。

ー僕にとってはとても大きなチャンスだったので、うまく演じたいという思いが一番大きかったです。

●台本を初めて読んだ時、これまでのドラマとはジャンル的にも
いろいろと違ったと思いますが、どういう印象を受けましたか?

ーとても惹きつけられました。「これは僕が演じなくちゃ」と欲が出て、急いでアクションを練習したりしました。

●演じられたチェ・ドジンというキャラクターは、どんな人物でしょうか。

ー警察官であり、殺人を繰り返すサイコパスの息子で、初恋の思い出を胸に秘めているというキャラクターです。

●演じたられた役にどう近づいていったか、人物設定や撮影前に準備したことなどがあれば教えてください。

ー僕が重点を置いたのは2つの雰囲気です。ナグォンといる時は初恋の初々しさや純粋さが感じられるまなざしやしぐさ、父親といる時はカリスマや強さがある。正反対のイメージなんです。そこに注目して見ていただくと面白いと思います。

●チャン・ギヨンさんは、まなざし、演技、ビジュアルの3拍子がそろった次世代スターとして名をとどろかせていますが、前作「ゴー・バック夫婦」や「私のおじさん(原題)」などへの出演で、ご自身は人気を実感していますか。

ーいちばん実感したのは、以前は中高生や若い女性たちが僕に気づいてくれたんですが、「ゴー・バック夫婦」のあと、年齢のいったおばあさんたちが「あら、もしかして…」「「ゴー・バック夫婦」見たわよ」と声をかけてくださった時です。泣きそうになりました。「これからは行動に気をつけなくちゃ」と思いましたし、おばあさんたちにも気づいてもらえて気分がいい一方で、高齢の方たちまで僕を知って、応援してくれるのだから、もっと一生懸命やらなくてはと思いました。人気を実感しているかと聞かれると、そのことがまず浮かびます。80代ぐらいのおばあさんが僕に気づいてくれた時のことです。

●本作で心に残るシーンやセリフがあったら教えてください。

ーそうですね…。子役を演じたナム・ダルムさんのセリフで「ごめん、好きになって」というセリフがあります。ナグォンの悲劇は僕のせいで…。とにかく好きになることは謝るようなことではないのに、謝ることしかできないという現実。初恋だとか人を好きになることは誰もが経験することなのに、なぜ僕たちだけがこんなに傷つかなくてはいけないのか。いちばん心に残るセリフは「ごめん、好きになって」です。

●最近では映画『人狼』やドラマ「仮面の王 イ・ソン」に出演のカリスマ俳優ホ・ジュノさん、それからヒョンムとナムを本当の家族のように守ってくれる、お母さん役のソ・ジョンヨンさんとの共演はいかがでしたか?

ー僕の母親役だったジョンヨンさんは…。すごいなと思ったんですが、カメラが回ると本当のお母さんのようになるんです。力を感じました。目を見ると涙が出るほどでした。僕が分からなかったり難しかったりすることを相談すると母親のように丁寧に教えてくれたので、後輩としてとてもありがたかったです。父親役のジュノさんも。最初はすごく心配していたんです。監督に「ドラマが進むにつれて父親との対立が激しくなるから準備しておけ」と言われてプレッシャーを感じていました。僕は「分かりました。頑張って演じます、監督」と答えましたが、すごく緊張していました。後輩に温かく接してくれる先輩はいても、実の息子のように声をかけてくれる方はなかなかいないと思うんですが、ジュノさんは僕が心配しているとそばに来て何でも教えてくれました。ジュノさんも忙しいはずなのに、自分のことは後回しにして後輩に優しく声をかけてくれる姿を見て、僕もいつかジュノさんやジョンヨンさんのようにならなくてはと強く思いました。

●チェ・ドジンとハン・ジェイはお互いをどう思っていたと思いますか。

ー2人の名前のとおり、ナム(木)とナグォン(楽園)※。ナグォンは僕にとって楽園のようなぬくもりを感じられる存在で、僕はどっしりした木のように守ってあげるというように、お互いに名前だけでも存在を感じられる。そんな気持ちだと思います。
※チェ・ドジンはユン・ナム、ハン・ジェイはキル・ナグォンとそれぞれ隠している本名がある。

●ドラマ「ミスティ」でも注目されたチン・ギジュさんとの共演はいかがでしたか。

ーチン・ギジュさんの存在がとても支えになりました。二人とも初めての主演でしたから、放送が始まる前からとても緊張して、「初回の放送を見られるかな」という話をよくしましたし、「見られそうにない」「ドキドキする」というようなメールもやり取りしました。だから相手がどんな気持ちなのかよく分かっていましたし、共感もしました。次の話の台本が出る度に「また泣くシーンだ」「うまくできるかな」など、いろいろと話しました。大変だというのは口に出さなくてもお互いに分かっているので、支えになりました。

●チン・ギジュさんとは台本読み合わせで初めて顔を合わせたんですよね。第一印象はどうでしたか。

ー前作を見てカリスマあふれる俳優さんかと思いましたが、会ってみるとすごく明るいエネルギーを持っている方でした。よく笑うので、つらくて疲れた時にギジュさんの明るさから力をもらえそうだと思いましたね。1話から16話まで頼もしい仲間が一緒だから、最後まで頑張れそうだと力をもらいました。

●では最後に、DVDを見る日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ーこの作品は心が温まり、ロマンスや激しいアクションシーンもあるので、いろいろと楽しんでいただけると思います。応援よろしくお願いします。周りの人にも是非薦めてください!それから、サントラの曲を歌いました。そちらもご堪能ください。ありがとうございます。

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-1

1/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-2

2/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-3

3/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-4

4/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-5

5/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-6

6/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-7

7/8

ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_2-8

8/8









ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」_1_3


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

  • 「サイコだけど大丈夫」、『最も普通の恋愛』も! この夏観るべき韓流ドラマ&映画はこれ

    韓流ドラマ好き友人たちとの最近の話題は、Netflixで毎週土日に世界同日配信中の「サイコだけど大丈夫」。「星から来たあなた」で韓ドラの沼にハマったファンも多いので、キム・スヒョンさんの除隊後復帰作でもあり、まさに5年ぶりの主演となるこのラブコメは待望の期待作!また、韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編で、ヨン・サンホ監督作品、カン・ドンウォンさん主演のカンヌ国際映画祭にも招待された『半島』が7月15日の公開初日に35万人を動員!!日本の夏も「梨泰院クラス」のパク・セロイこと、パク・ソジュンさんの『ディヴァイン・フューリー 使徒』、『最も普通の恋愛』、『鬼手』など話題作が続々公開予定です。『パラサイト 半地下の家族』「愛の不時着」で韓流デビューした皆様にもお勧めしたい、ドラマ、映画、DVDのマストリストをお届けします!

    韓流NEWS

    2020年7月17日

  • 超話題作「夫婦の世界」、キム・ヒエさんの怪演に引き込まれる!

    完璧だと思っていた世界が、夫の不倫で瞬く間に崩れていく。進化し続けるベテラン女優、キム・ヒエさんが主演のBBCドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクが、超話題作「夫婦の世界」。「ミスティ〜愛の真実〜」のモ・ワンイル監督というだけあり、濃密で見応えのある作品です。5月に韓国で放送された最終回は、31.7%というケーブルテレビ史上最高視聴率を記録した大ヒットドラマ。激戦だった今年の百想芸術大賞でも監督賞と主演女優賞も見事に受賞しました。7月10日(金)からKNTVで日本初放送がスタート、7月3日午後7時から24時間限定オンライン試写会も!お見逃しなく!!

    韓流NEWS

    2020年7月1日

Read More

Feature

Ranking