組み合わせは25通り。SABONで楽しむ上級シルク肌と、幸せ感を呼ぶ香りのペアリング【マーヴェラス原田の40代本気美容 #104】

日中は軽く汗ばむ日も多くなってきましたね。こうなると、ちょっと悩ましいのが香りのセレクト。あまりドラマティックで重たい香りはつけたくないし、とはいえアラフォーとして、あまりキャピッとした香りも気がひけるし。そんな皆さまにお知らせしたいのが6月6日(木)に発売されるSABONの新作。
SABONの新製品発表会

香りに惹かれてつい衝動買いしてしまうことが多いブランドといえばSABON。そのボディケアアイテムの中でも、とりわけ人気を集める5つの香りから、香水「オー ドゥ サボン」「ボディジュレ」が登場します。気になるラインナップはこちら。

SABONのパチュリ・ラベンダー・バニラ

神聖なパチュリと優しいラベンダー、バニラを合わせたちょっとセンシュアルな「パチュリ・ラベンダー・バニラ」。

SABONのグリーン・ローズ

トップはシトラス系で、透明感と華やかさを併せ持つ「グリーン・ローズ」。肌になじむにつれ、優しい気分になれる香り。

SABONのデリケート・ジャスミン

まるでジャスミンのブーケのようなすがすがしさ! 緊張をほぐし、気分をリフレッシュしてくれそうな「デリケート・ジャスミン」。

SABONのシトラス・ブロッサム

弾けるように前向きな華やかさを持つシトラスで始まり、ミドルノートのジャスミン、ラストノートのバニラやムスクが女っぷりを盛り上げる「シトラス・ブロッサム」。

SABONのムスク

穏やかでピュア。ローズやジャスミンに彩られ、まるで休日のひと時のように寛いだ気分を呼んでくれる「ムスク」。

こちら、単品で使うのもいいですが、なんと香りのペアリングができる!というのも大きな特徴。

SABONのボディジュレ、グリーン・ローズ

例えば、シャワー後にこちらの「グリーン・ローズ」のボディジュレを。これ、本当にフレッシュな香りなんです! 優しいのに爽やか、だけどラストノートにフワンと香るホワイトムスクが実に女っぽい。夏にぴったりです。

SABONのボディジュレ、グリーン・ローズのテクスチャー

話が逸れちゃいますが、テクスチャーも最高! ヨーグルトみたいにふるふるとみずみずしくて、スーッと溶け込みます。仕上がりはスルスル&しっとり。それでいて、びっくりするほどべたつかずシルキーな美肌が持続。脚になじませたら自分でもほれぼれするくらい透明感が出ました。これは真夏のボディケアに大活躍の予感!

SABONのオー ドゥ サボン、シトラス・ブロッサム

で、ペアリングの話。5つのフレグランスと5つのボディジュレで25通りの組み合わせが成り立つわけですが、私が夏に向けて選んだのはこちらの「シトラス・ブロッサム」。「グリーン・ローズ」のボディジュレで整えた肌に重ねづけすると……ボディジュレのトップノートとフレグランスのシトラスが共鳴して、幸福感が急上昇! まさに自分だけの香りとなって、1日中ハッピーに過ごせました。

オー ドゥ サボンはオー ドゥ トワレなのですが、上質な香料を選りすぐっているゆえかほのかで心地いい香りがとても長〜く続くんです。だから仕事中でも、ふとした瞬間に香りのオーラが感じられて瞬時に幸福スイッチが入ります。やっぱり香りって、心の支えになる!って感じました。

ぜひ、皆さまも自分だけの最高のペアリングを探してみてくださいね。

SABON オードゥサボン 80mL 全5種 各¥6800、同ボディジュレ 200mL 全5種 各¥4500/SABON Japan<6月6日(木)発売>

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking