2017年こそデジタル管理デビュー? デキる人が使うカレンダーアプリはコレ!

2016年12月28日
玉石混交のカレンダーアプリの中でも「使いやすい」と評判の4 つのアプリを厳選して紹介。
手帳は1 年間使い続ける重要なアイテム。自分に合った使いやすい一冊を選ぶべし。

【働く女っぷりメンバーに聞きました】 カレンダーアプリのメリットは?

□手帳がないぶん、荷物が減る(43歳・営業)

□予定を他人と共有しやすい(40歳・メーカー)

□買い替えの手間がなく節約にも(38歳・建設)

□数年分の予定が持ち歩ける(44歳・自営業)


※こちらで紹介している手帳は店舗によって品切れの可能性があります

とりあえずスタートするなら…

☆Googleカレンダー

直感的な操作性で、スマホ初心者にも使いやすい王道カレンダーアプリ。月・週・日、3 つの表示形式があり、シーンによって見やすい表示でスケジュールを確認できる。iPhoneなどのスマホと同期すれば、スマホに入れた予定がパソコン上のグーグルカレンダーにも自動的に反映されるので、「うっかりミス」防止にも。予定にファイル添付することもできる。
Gmailと連動していて、勝手に予定を入れてくれるのが便利。(43歳・不動産)
カレンダーとグーグルマップを連携させれば、打ち合わせ場所などを地図表示できるほか、会議や食事会の日時と場所をいっせいに複数人に通知することもできる。忘年会・新年会の多いこの時期、ぜひとも知っておきたいお役立ち機能。

What's New

Feature

Ranking