アラフォーになって体や心に不調が現れ・・・これって、もしかして更年期!?

"更年期っていつから始まるの?"まだアラフォーなのに更年期のような不調が出るのはなぜ?"など、更年期に関する基礎知識を、産婦人科医の吉野一枝先生に伺った。
アラフォーになって体や心に不調が現れ、"もしかして更年期!?"と不安を感じている人、多いのでは。そんな不安を解消するには、今のうちから正しい知識を身につけておくことが大切。そこで更年期の基礎知識から先輩たちの体験談までをご紹介。
よしの女性診療所院長 吉野一枝先生

よしの女性診療所院長 吉野一枝先生

産婦人科医。臨床心理士の資格ももち、心と体の両面から女性の健康をサポート。著書に『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』(永岡書店)など

閉経をはさむ10年間のことで、さまざまな不調が出る時期
マリソル世代になると以前より、 疲れやすくなった、肩こりがひどくなった、寝つきが悪くなった、落ち込みやすくなったなど、体や心にさまざまな変化が生じがち。そこで感じるのが、まだ先だとはいえ〝更年期〟を迎える不安。まずは、そもそも更年期とはいつの時期をさすのかを吉野一枝先生に伺いました。
「更年期は閉経をはさんだ10年間をさします。閉経とは1年間、月経が来ないことです。個人差はありますが閉経は平均50〜52歳。50歳で閉経を迎えた人なら、45〜55歳の10年間を更年期と呼びます」

 この更年期には、体や心にさまざまな不調が発生。
「女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少し、特に40代からは激減し、更年期にはかなり少ない状態に。この影響で、のぼせや発汗、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、便秘、皮膚の乾燥やかゆみ、性交痛、不安感など心身にさまざまな不調が生じます。これを医学的に更年期症候群と呼びます。以前は更年期障害と呼んでいましたが障害ではないので症候群という呼び方に統一されました」

 アラフォーのマリソル世代は、まだ更年期には早い気がするけれど、不調が出やすくなるのはどうして?
「女性ホルモンの分泌量は35歳からゆっくりと低下し、卵巣機能も低下していきます。その一方でアラフォーは、仕事で責任のある役職についたり、子供や夫婦間の問題、親の介護などさまざまな問題からストレスを抱えやすい時期でもあります。この女性ホルモンの減少と、ストレスの影響で自律神経のバランスが乱れ、アラフォーでも更年期のような症状が出る場合があり、これは〝プレ更年期〟などと呼ばれます」

 そうなると〝じゃあ更年期になるといったいどうなっちゃうの?〟と不安でいっぱいになりがちだけれど……。
「更年期は誰にでも訪れるものですし、治療法もHRT(ホルモン補充療法)や漢方薬などさまざまなものがあり、症状の改善や軽減は可能です。現代は人生100年時代と言われ、更年期はちょうど折り返し地点。今後の長い人生を健康で元気に暮らすには生活習慣の見直しが必要な時期でもあります。ですから自分の体に向き合うよい機会だととらえ、前向きに乗りきりましょう」  

更年期の症状
【Marisol 6月号2019年掲載】イラストレーション/きくちりえ(Softdesign) 佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking