正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!

 ファン待望の正統派時代劇「ヘチ(原題)」。面白いと評判の作品で、貫禄さえ感じる主演のチョン・イルさんの存在感にも圧倒されます。「名場面が毎話にある」という彼の”心の演技”にきっと引き込まれるはず。久しぶりにお会いしたイルさんは、相変わらず誰よりもスタイリッシュ!ドラマのこと、近況をたっぷりうかがいました。ちなみに“ヘチ(獬豸)”とは、善悪を見分け正義を守る伝説の動物のことです。
正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_1
●除隊後復帰作に「ヘチ」を選んだ理由をお聞かせください。

ー最初にオファーを受けたのは、昨年の夏でした。「ヘチ」を選んだいちばん大きな理由は、脚本を担当したキム・イヨン作家と一緒に仕事がしたいと思ったからです。これまでたくさんの英祖に関連する作品や本を読んできて関心もあったので、一度挑戦してみたいと思ったんです。僕が復帰作に現代劇ではなく時代劇を選んだ理由を多くの方が気になっているようですが、俳優はジャンルにこだわるというより、「いい作品に出る」ということを第一に考えるもの。今回もその結果だと言えます。

●これまでキム・イヨン作家の作品を観たことはありましたか?

ーほとんど観てきたと思いますよ。最近は「オクニョ 運命の女(ひと)」も観ましたし、「華政(ファジョン)」、「イ・サン」、「トンイ」も! 日本では、なかでも「トンイ」が人気だったそうですね。キム・イヨン作家の作品は深みがあり、言わんとするメッセージがはっきりしているため、とくに面白いのではないかと思います。

●キム・イヨン作家に言われたことでとくに印象に残っていることはありますか?

ーイヨン作家から、今回、演技に対するお話をたくさんしていただきました。僕は「思いっきりハイキック」(シットコム)でデビューしたこともあり、演じる時にわかりやすい表情や仕草をする傾向があったんです。そんな僕に、イヨン作家は「表情で演じるのではなく、心で演技するという気持ちで演技をした方がいい。心で演じてみて」とアドバイスをくださいました。それがとても役に立ちましたね。また、僕の長所は目がすごく澄んでいること、「目がいい俳優」だとも言ってくださって。

●イ・ヨンソク監督から「酔っ払った演技が韓国一うまい」と褒められたそうですね。

ーイ・ヨンソク監督はリップサービスのように、毎回、そういうことを言ってくださるんです(笑)。酔っ払った演技をすれば「酔っ払った演技がいちばんうまい」、泣く演技をすれば「お前は韓国で泣きの演技がいちばんうまい」って言ってくださるので気分が良かったですね。すべての俳優が自信を持てるように、気分よく演じられるように引っ張ってくださいました。そのおかげで、どんなドラマよりも現場の雰囲気がよかったです。

●地方での撮影も多かったそうですが、どちらで撮影していたんですか?

ー聞慶(ムンギョン)が多かったです。他には、龍仁(ヨンイン)、扶安(プアン)でも撮影しました。本当に全国を回りながら撮影していました。

●「ヘチ」は多くの方々に愛された作品ですが、その理由はどんなところにあったと思いますか?ドラマの見どころを教えてください。

ーこのドラマはブロマンスもありロマンスもあるので楽しく観ていただける作品だと思います。英祖という人物が孤軍奮闘しながら王になっていく成長物語でもあります。そこをじっくりと見ていただけるといいです。興味深いのが、キム・イヨン作家が描かれた「トンイ」でハン・ヒョジュさんが演じた役が、イ・グムの実母なんです。そういう他のドラマとの繋がりを頭の隅に覚えておくと、より楽しめると思いますよ。

●チョン・イルさん的見どころは?

ー英祖の千変万化の姿を見られるのが見どころではないかと思います。本当に、本当に様々な演技をしました。回が進むにつれて、すこしずつ演技も深みを帯びていく姿を見るうちに、英祖の魅力にハマっていくのではないかと思います。

●以前、演技の面白さは演技には答えがないこと、とおっしゃっていましたが、「ヘチ」の撮影を終えて何か他に感じたことはありますか?俳優としてどんな言葉が最高の褒め言葉ですか?

ー実は今も演技は難しいですし、答えがないのが魅力です。だから長い間ずっと演技を続けているんだと思います。30代に入って、余裕のような、ゆとりや自信感が20代の頃より滲んでいるんじゃないでしょうか。僕自身にしかない色を持った俳優、と言われたいです。チョン・イルだけのカラーでどんなキャラクターも演じる、というのが最高の褒め言葉です。

●ファッショニスタで知られるイルさんですが、最近のお気に入りスタイル、ブランドやデザイナーは?

ーデザイナーやブランドというよりも、「1LDK」のようなセレクトショップが気になります。ファッションは毎年、その時々で変わるものなので、今好んで着ているのは、ルーズで楽な、そんなスタイルの服です。

●編集長を務めるマルチプラットフォームの雑誌「KRIBBIT」についてお聞かせください。日本語版も創刊しましたね。

ーファンの方々に、俳優としてはお見せできない姿や、今現在僕が関心のあることを発信して共有したいと思ったのが創刊のきっかけなんです。本や旅行、展示会に行くのも好きなので、インスピレーションはそういったところから得ています。

●よくお聴きになるアーティストや最近観てよかった映画やドラマはありますか?

ーずっとレディオヘッドのファンなのでよく聴いています。映画は2007年の映画『イントゥ・ザ・ワイルド』が良かったです。偶然観た映画ですが、メッセージ性が強く、幸せとは何かを深く考えさせられました。

●イルさんはどんな人でありたいですか?どんな人たちと気が合いますか?

ー俳優という仕事をしながら、多くの人々に良い意味で影響を与えられる人でありたいです。人を利用したりとかではなく、真心のこもった行動をする人、澄んでいる人たちと付き合いたいと思っています。

●最近スペインを旅してきたそうですが、スペインを選んだのはどうしてですか?イルさんにとって旅とは?

ースペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、小さい頃から行ってみたかったんです。すでに3回行っています。ハイキング、トレッキングしながら、いろいろなことを感じました。旅は僕にとって、自分自身を探す時間です。次はオーロラを見に行きたいと思っています。

●マリソル読者が韓国を旅するのにオススメの場所はありますか?

ーチェジュ島が有名ですけど、平昌オリンピックのあった江原道もいいんです。東海(トンヘ)の海が美しいので推薦したいです!
正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-1

1/4

正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-2

2/4

正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-3

3/4

正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-4

4/4





正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_3


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します

What's New

  • 韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー

     ソ・イングクさんと初めてお会いしたのは、ちょうど「応答せよ1997」で注目された頃、東京での日本歌手デビュー記念イベントで。「ラブレイン」の制作に友人が関わっていたので、ブレイクが嬉しかった記憶があります。また、「王の顔」のDVD発売に合わせてもインタビューさせていただいたことがあるのですが、出演する作品ごとに異なる魅力を発揮、演技の幅の広さと、今回お話をうかがったドラマ「空から降る一億の星<韓国版>」でもOSTを披露するなど、歌手としての魅力もあわせ持つ役者として活躍中です。「空から降る一億の星<韓国版>」は、「ナイショの恋していいですか?」、「ああ私の幽霊さま」と同じ、大好きなユ・ジェウォン監督の作品、そしてチャーミングなチョン・ソミンさんが共演。イングクさんの最新作、必見です!!

    韓流NEWS

    2019年8月21日

  • 全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!

     幕張メッセでの大盛況のライブを終え、全国ツアー後半の公演も楽しみなWINNER。幕張公演の興奮冷めやらぬまま、日本を含む海外20カ国のiTunesアルバムチャートで1位となった韓国版『WE』の、日本版発売に合わせた合同取材に行って来ました!私にとってWINNERとの出会いは、2017年の春にソウルの街なかや地下鉄などで繰り返し流れていた「REALLY REALLY」。韓国の友人がスタイリングをしていると聞いていて気になってはいたのですが、すっかり心奪われてしまった新参者です。続く楽曲もツボで、さらに4人のウィットの効いた日本語トークが面白すぎて泣かされたり、と深みにハマるばかり。2度インタビューもさせていただいたのですが、本当に仲睦まじく、スタイリッシュでチャーミングな4人。ライブももちろん素晴らしく、個性豊かな4人の声の相乗効果は計り知れません。エネルギッシュでいて”清涼剤”のような彼らの新しいミニアルバム、ライブ、ぜひ体感して!!12月にはリリースイベントも予定しています!

    韓流NEWS

    2019年8月7日

  • 新曲「Come Over」で夏を盛り上げる6人組、SNUPER

     2015年に韓国でデビューした6人組ボーイズグループSNUPER(スヌーパー)。グループ名にはSUPERよりさらに優れた”HIGHER THAN SUPER”の意味合いがあるそう。平均身長180cmというスタイルの良さと爽やかなイメージで人気を博し、2016年に日本デビュー。累計販売枚数10万枚を超え日本レコード協会ゴールドディスクに認定されたシングル曲「Oh yeah!!」などでも知られるグループだ。8月14日には6枚目のシングル「Come Over」をリリース予定、ライブなども目白押しなのでぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年7月29日

  • ホ・ヨンセンさんがアルバム「MOMENT」のリリースイベントで来日!

     ホ・ヨンセンさんは、あまりにも有名なアイドルグループSS501出身。現在はソロで、ミニアルバムをリリースしたり、ドラマのOSTに参加、ミュージカルやドラマにも出演するなど、歌手、そして俳優としても活躍中です。また、SS501から派生したDouble S 301のリーダーも務めています。今回、韓国で4枚目となるミニアルバム「MOMENT」のリリースイベントで久しぶりに来日、この9月には、東京でのファンミーティングも予定しているので、ぜひその美声をライブで!インタビュー中も歌声と同じ優しい語り口で、何か魔法にかかったようにすっかり癒されたマリソルスタッフでした。

    韓流NEWS

    2019年7月23日

  • 進化し続ける『KCON』が大盛況!その魅力とは?

     今年5回目を迎えた日本でのKCON、”KCON 2019 JAPAN”。5月の東京幕張メッセでの3日間に歴代最大規模の8万8000人が集まり大盛況でした。この2年で10代の観客が4倍に増えるなど、このK-Cultureコンベンションは破竹の勢い。ビューティー、音楽、フード、ファッション、ドラマや映画など、3日間、292人ものアーティストやパネラー、インフルエンサーが参加しました。毎年様々な国で開催され、6月の開催地はNYのマディソンスクエアガーデンとジェイコブ K・ジャヴィッツ・コンベンション・センター!グローバルに注目されている勢いのあるイベント。未体験の方は来年ぜひ!

    韓流NEWS

    2019年6月1日

  • ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

    「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!

    韓流NEWS

    2019年5月13日

  • 今いちばん観て欲しい人生ドラマで最旬俳優に!ナム・ジュヒョクさんが語る「眩しくて」

    韓国人の友人が、「今まで観たドラマの中で最高の人生ドラマ」と絶賛していた「眩しくて(原題)」の日本初放送がいよいよ始まります。期待をはるかに上回る心に響く良くできた脚本のドラマで、「国民のお母さん」と言われる大女優キム・ヘジャさん、昨年映画『ミス・ペク(原題)』で女優賞を総なめしたハン・ジミンさん、同じく昨年時代劇映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめしたナム・ジュヒョクさんの3人が主演。脇を固めるベテラン俳優さんたちも素晴らしく、それぞれのキャラクターが生き生きときめ細やかに描かれています。映像も美しく、主人公の家の美容室のインテリアまですべてチャーミング。年齢を問わず、今いちばん観て欲しい深みのある人生ドラマです。この作品でジュヒョクさんは、憂いのあるジュナ役を好演し一目置かれる俳優に。25歳になったばかりの若手俳優の彼が、人生を考え直すきっかけとなったこの作品を振り返り語ります。3月に出した日本初となる写真集も好評発売中で、出版記念のイベントも盛況、SNSのフォロワーは1050万人に!また、ドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」や、来年公開予定のリメイク版映画『ジョゼと虎と魚たち』の主演も決まり、快進撃が続きます。

    韓流NEWS

    2019年5月1日

  • 演技の神童から名優へ。ヨ・ジングさんの素顔

    8歳でデビュー、演技の神童と言われてきたヨ・ジングさん。神がかった演技力から、”ゴッドジング”の異名を持つ21歳だ。日本でも6月から放送される「王になった男(原題)」で、ひとり二役の主人公を熱演し話題に。ジングさんの代表作品と絶賛されたこの注目のドラマで、百想芸術大賞最優秀演技賞にもノミネートされ、演技派若手俳優として圧倒的な存在感を放っています。そんな彼が2年半ぶりにファンイベントで来日!「イルジメ」や「ジャイアント」から、『ファイ』『1987』など、ずっと印象的な作品を届けてくれているジングさん。素顔の彼にはどこか気品があり、太陽のように朗らかでチャーミング。日本語もだいぶわかるようで、時折話す日本語もなめらか!今回のファンミーティングではピアノの弾き語りでback numberの「ヒロイン」を披露してくれ、魅力的な美声にとても似合っていました。映像も美しく、イ・セヨンさんをはじめキャストも秀逸な「王になった男」は必見、IUさんと撮影中だという「ホテルデルーナ(原題)」も楽しみです!

    韓流NEWS

    2019年4月20日

Read More

Feature

Ranking