正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!

 ファン待望の正統派時代劇「ヘチ(原題)」。面白いと評判の作品で、貫禄さえ感じる主演のチョン・イルさんの存在感にも圧倒されます。「名場面が毎話にある」という彼の”心の演技”にきっと引き込まれるはず。久しぶりにお会いしたイルさんは、相変わらず誰よりもスタイリッシュ!ドラマのこと、近況をたっぷりうかがいました。ちなみに“ヘチ(獬豸)”とは、善悪を見分け正義を守る伝説の動物のことです。
正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_1
●除隊後復帰作に「ヘチ」を選んだ理由をお聞かせください。

ー最初にオファーを受けたのは、昨年の夏でした。「ヘチ」を選んだいちばん大きな理由は、脚本を担当したキム・イヨン作家と一緒に仕事がしたいと思ったからです。これまでたくさんの英祖に関連する作品や本を読んできて関心もあったので、一度挑戦してみたいと思ったんです。僕が復帰作に現代劇ではなく時代劇を選んだ理由を多くの方が気になっているようですが、俳優はジャンルにこだわるというより、「いい作品に出る」ということを第一に考えるもの。今回もその結果だと言えます。

●これまでキム・イヨン作家の作品を観たことはありましたか?

ーほとんど観てきたと思いますよ。最近は「オクニョ 運命の女(ひと)」も観ましたし、「華政(ファジョン)」、「イ・サン」、「トンイ」も! 日本では、なかでも「トンイ」が人気だったそうですね。キム・イヨン作家の作品は深みがあり、言わんとするメッセージがはっきりしているため、とくに面白いのではないかと思います。

●キム・イヨン作家に言われたことでとくに印象に残っていることはありますか?

ーイヨン作家から、今回、演技に対するお話をたくさんしていただきました。僕は「思いっきりハイキック」(シットコム)でデビューしたこともあり、演じる時にわかりやすい表情や仕草をする傾向があったんです。そんな僕に、イヨン作家は「表情で演じるのではなく、心で演技するという気持ちで演技をした方がいい。心で演じてみて」とアドバイスをくださいました。それがとても役に立ちましたね。また、僕の長所は目がすごく澄んでいること、「目がいい俳優」だとも言ってくださって。

●イ・ヨンソク監督から「酔っ払った演技が韓国一うまい」と褒められたそうですね。

ーイ・ヨンソク監督はリップサービスのように、毎回、そういうことを言ってくださるんです(笑)。酔っ払った演技をすれば「酔っ払った演技がいちばんうまい」、泣く演技をすれば「お前は韓国で泣きの演技がいちばんうまい」って言ってくださるので気分が良かったですね。すべての俳優が自信を持てるように、気分よく演じられるように引っ張ってくださいました。そのおかげで、どんなドラマよりも現場の雰囲気がよかったです。

●地方での撮影も多かったそうですが、どちらで撮影していたんですか?

ー聞慶(ムンギョン)が多かったです。他には、龍仁(ヨンイン)、扶安(プアン)でも撮影しました。本当に全国を回りながら撮影していました。

●「ヘチ」は多くの方々に愛された作品ですが、その理由はどんなところにあったと思いますか?ドラマの見どころを教えてください。

ーこのドラマはブロマンスもありロマンスもあるので楽しく観ていただける作品だと思います。英祖という人物が孤軍奮闘しながら王になっていく成長物語でもあります。そこをじっくりと見ていただけるといいです。興味深いのが、キム・イヨン作家が描かれた「トンイ」でハン・ヒョジュさんが演じた役が、イ・グムの実母なんです。そういう他のドラマとの繋がりを頭の隅に覚えておくと、より楽しめると思いますよ。

●チョン・イルさん的見どころは?

ー英祖の千変万化の姿を見られるのが見どころではないかと思います。本当に、本当に様々な演技をしました。回が進むにつれて、すこしずつ演技も深みを帯びていく姿を見るうちに、英祖の魅力にハマっていくのではないかと思います。

●以前、演技の面白さは演技には答えがないこと、とおっしゃっていましたが、「ヘチ」の撮影を終えて何か他に感じたことはありますか?俳優としてどんな言葉が最高の褒め言葉ですか?

ー実は今も演技は難しいですし、答えがないのが魅力です。だから長い間ずっと演技を続けているんだと思います。30代に入って、余裕のような、ゆとりや自信感が20代の頃より滲んでいるんじゃないでしょうか。僕自身にしかない色を持った俳優、と言われたいです。チョン・イルだけのカラーでどんなキャラクターも演じる、というのが最高の褒め言葉です。

●ファッショニスタで知られるイルさんですが、最近のお気に入りスタイル、ブランドやデザイナーは?

ーデザイナーやブランドというよりも、「1LDK」のようなセレクトショップが気になります。ファッションは毎年、その時々で変わるものなので、今好んで着ているのは、ルーズで楽な、そんなスタイルの服です。

●編集長を務めるマルチプラットフォームの雑誌「KRIBBIT」についてお聞かせください。日本語版も創刊しましたね。

ーファンの方々に、俳優としてはお見せできない姿や、今現在僕が関心のあることを発信して共有したいと思ったのが創刊のきっかけなんです。本や旅行、展示会に行くのも好きなので、インスピレーションはそういったところから得ています。

●よくお聴きになるアーティストや最近観てよかった映画やドラマはありますか?

ーずっとレディオヘッドのファンなのでよく聴いています。映画は2007年の映画『イントゥ・ザ・ワイルド』が良かったです。偶然観た映画ですが、メッセージ性が強く、幸せとは何かを深く考えさせられました。

●イルさんはどんな人でありたいですか?どんな人たちと気が合いますか?

ー俳優という仕事をしながら、多くの人々に良い意味で影響を与えられる人でありたいです。人を利用したりとかではなく、真心のこもった行動をする人、澄んでいる人たちと付き合いたいと思っています。

●最近スペインを旅してきたそうですが、スペインを選んだのはどうしてですか?イルさんにとって旅とは?

ースペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、小さい頃から行ってみたかったんです。すでに3回行っています。ハイキング、トレッキングしながら、いろいろなことを感じました。旅は僕にとって、自分自身を探す時間です。次はオーロラを見に行きたいと思っています。

●マリソル読者が韓国を旅するのにオススメの場所はありますか?

ーチェジュ島が有名ですけど、平昌オリンピックのあった江原道もいいんです。東海(トンヘ)の海が美しいので推薦したいです!
正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-1

1/4

正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-2

2/4

正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-3

3/4

正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_2-4

4/4





正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!_1_3


桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • 韓国スタイルのリアルが詰まった「KOREA SENSE」の著者に深掘り

    8月に発売され話題となっている、韓国スタイル偏愛ショップ満載の新著「KOREA SENSE」。この本の著者、 東山サリーさんは、韓国のカフェが好きすぎて訪れたカフェは韓国全土で900軒越えという、SNSやカフェ本も人気のチャーミングなマリソル世代の韓国在住コーディネーターです。彼女と私の出会いは、2017年。私の渾身のSPUR釜山特集をSNSで紹介してくれたところから始まりました。偶然共通の友人がいたことから、東京やソウル、釜山で濃密なカフェ時間を楽しんでいます。会うたび、そのファッションセンスにもキュンとさせられる彼女に、コリアセンスのあれこれを深掘り!

    韓流NEWS

    2021年9月1日

  • TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由

    ある日突然、なんの前触れもなく韓国ドラマの沼にハマるファンもいるように、最近思いもかけない私の周りの友人知人がK-POPにハマっています。なかでも、世界の頂点に輝いた、唯一無二の人気アーティストBTSは言わずもがな、同じ事務所HYBEの第4世代の代表格で、デジタルネイティブのZ世代の代弁者とも言われるTOMORROW X TOGETHERの人気が世代を問わず急上昇中。発売からわずか1週間で63万枚セールスのヒット作となっている5月発売の2ndアルバム『The Chaos Chapter:FREEZE』に続き、8月17日に2ndアルバムのリパッケージアルバム『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』をリリースした彼らの胸に刺さる魅力を紹介します!

    韓流NEWS

    2021年8月19日

  • ワールドワイドな人気を誇るBLACKPINKが夏を盛り上げる!

    世界を席巻する4人組ガールズグループ、BLACKPINK。8月3日には「THE ALBUM-JP Ver.-」をリリース、翌日4日には韓国デビュー5周年を記念して制作された初の映画『BLACKPINK THE MOVIE』が日本を含む世界約100カ国で劇場公開となり、なかなかライブなどでパフォーマンスに触れることのできないファンにとって嬉しい贈り物が続きます。映画は、世界を虜にするアスリートの活躍にも似た、高みを目指す4人のアーティストの今がリアルに伝わる胸熱映画となっていて、この夏を、ガールクラッシュBLACKPINKが盛り上げます!

    韓流NEWS

    2021年8月3日

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

Read More

Feature

Ranking