話題のオレンジワインで乾杯!ハーブやスパイスがきいたジューシーなサルシッチャ【平野由希子のおつまみレシピ #55】

6月はオレンジワインに合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。1回目は自家製サルシッチャ
【今月のお酒】オレンジワイン
オレンジワイン

(右)ダリオ・プリンチッチ ヴィーノ・ビアンコ

(左)ラガジ ルカツィテリ 2017

(右)イタリアのフリウリ地方にある個性的な作り手のワイナリー。品種はシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン。オレンジがかった色合いで華やかな味わい。いきいきとした果実香にほんのり感じるタンニン、果皮由来の重みも。750㎖ ¥3,300(希望小売価格)/テラヴェール 

(左)ジョージアの山岳地域にあるワイナリー。ルカツィテリはジョージア固有のぶどう品種。クヴェヴリという伝統的な甕を土の中に埋めて発酵、熟成させる昔ながらの醸造法。温かみがあり、優しくそれでいてワイルド。750㎖¥4,000(希望小売価格)/ノンナ&シディショップ

 オレンジワインとは、原料の白ぶどうを赤ワインの製法で醸造したもの。果皮や種子ごと醸すため、通常の白ワインにはないタンニンが含まれ、味や香りも複雑に。
「今、世界的に注目されているワインです。オレンジワイン発祥の地ジョージアのものと、現代に復興させたイタリアの自然派のものをご紹介。食べ物とのペアリングはオールマイティです。今回はイタリアのソーセージ、サルシッチャを。これはひき肉をこねて焼くだけなので簡単! ジューシーな肉のうま味と、ハーブやスパイスの香りがよく合います」

【レシピ】自家製サルシッチャ
オレンジワインに合うおつまみ_1

【材料[材料・5本分]
豚ひき肉…250g

A
 クミンシード・コリアンダーパウダー…各小さじ1/2
 セージ・イタリアンパセリの粗みじん切り (軸も刻む)…各大さじ1
 塩…小さじ1/2
 粗びき黒こしょう…少々
 にんにくのすりおろし…少々


ミニトマト(カラフルミニトマトの紫など)…適量
サラダ油…少々

【作り方】
①ひき肉にAを加えてよく混ぜ、5等分する。空気を抜くようにして、ソーセージの形にする。

②フライパンにサラダ油を熱し、弱めの中火で①を転がしながら、こんがりと焼き色がつくまで焼く。フライパンの空いているところで、ヘタを取ったミニトマトも一緒に焼く。

③器に盛り、あればイタリアンパセリ(分量外)をのせる。


【Point】

オレンジワインにあうおつまみレシピ_ポイント

ハーブはイタリアンパセリ、セージ、スパイスはクミンシードとコリアンダーパウダー。4種類くらい入れると複雑な香りが生まれる。

次回は6月22日(土)19時半更新予定。お楽しみに。
  • 平野由希子
  • 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。(https://www.yukikohirano.com/) 近著に「ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)。
【Marisol7月号2019年掲載】撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Read More

Feature

Ranking