悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー

 キム・ジェウクさんといえば、「ボイス~112の奇跡~」、「愛の温度」、「客-ザ・ゲスト-」と話題作が続き、ラブコメ「彼女の私生活(原題)」の放送が韓国で終了したばかり。不動の人気を誇る大注目の俳優です。多忙を極める彼に、「客-ザ・ゲスト-」の日本でのDVDレンタル開始に合わせ、ソウルでお話をうかがって来ました。サイコパスを演じたかと思えば、ロマンスもので視聴者の心を溶かす、目が離せない存在のジェウクさん。昨年は日本の映画『蝶の眠り』で中山美穂さんと共演し、日本でもさらに脚光を浴びました。なかでも、韓国の友人がどっぷりハマったと教えてくれた「客-ザ・ゲスト-」は、とにかく興味深いドラマ。ジェウクさんが司祭役、2007年の「コーヒープリンス1号店」以来の共演となったキム・ドンウクさんが霊媒師役、「リターン」でも注目された女優、チョン・ウンチェさんが刑事役で共演しています。さすが、「ボイス~112の奇跡~」のキム・ソンホン監督の作品なだけに、映画のような映像、息を飲む展開、そして深く考えさせられるドラマになっているので、ぜひ、です。ジェウクさんは流暢でなめらかな日本語で、真摯に質問に受け答えしてくれました。
悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_1
●ジェウクさんは、このドラマのような望まざる”客”に乗り移られないように、健全な心身で過ごせるよう日頃心がけていることはありますか?

ーそうですね、快楽主義者ではないんですが、なるべくできるだけポジティブに人生を生きていこうと考えているんです。30代も後半ですし。好きな人たちといい時間を過ごしたり、美味しいもの食べたり。それくらいですかね。本当に好きなものが何かを把握したり、それに集中したり、無駄な時間を奪われないように気をつけたり、そういう風に生きています。

●「客-ザ・ゲスト-」はとても興味深いドラマでしたが、ご自身ではどう感じましたか?

ー僕もすごく好きな作品です。脚本を読みながらも緊張感があり汗が出るくらいで、これを映像化してドラマを作ったら、すごくいい作品になるだろうなと思って出演を決めました。

●共演の方々も役にとても合っていましたね。

ーそうですね。キャスティングもすごく良かったですね。

●チョン・ウンチェさんとは初顔合わせでしたよね?

ーそうです。普段から好きな女優さんだったんですけど、こういう風な役で会うとは思ってなかったです(笑)。すごく良かったです。

●役者として成長したなと思うことはありますか?

ー周りが見えてきたことですね。もうちょっと昔は自分のキャラクターや芝居だけに集中していたけど、現場でいろんなことが見えてきた、周りが見えてきた、それくらいですね。

●どんな役者でありたいですか?

ー常に気になってしまう役者でありたいですね。どんな作品に出ても好奇心を持てる、次が気になる、次はどういう風なキャラクターで、どう戻って来るのかなと思ってもらえる俳優でありたいです。

●ジェウクさんにとって、演じることの面白さとは?

ー演じることの面白さ。深いですね(笑)。この作品で僕がいちばん目立ちたいとか、ここで最高の芝居を見せようとかではなく、ちゃんとこの役になんで僕がキャスティングされたのか、その作品の中で、例えば、森の中の一本の木としていることのバランスがいちばん大事だと思うんです。そんな感じですかね。

●答えがないから面白いとも言いますよね。

ーそうですね、その役にその人以外には誰も演じられないものがありますよね。例えばこれを他の役者がやったらどういう感じだったのかなって。

●ドラマが次々と注目され、昨年は日本の映画『蝶の眠り』にも出演、地上波で「愛の温度」が放映されたり、新たなファンを獲得しているジェウクさん。日本にいらっしゃる予定はありますか?

ー去年『蝶の眠り』のプロモーションで5月に行ってから日本には行ってなくて。もうドラマの撮影も終わったので、ふらっと行くかもしれません。ずっと撮影があったんですよ。いつも会社には言っていて。ちゃんとまだ時期が決まってないんですが、できるだけ早く行きたいと思ってます。ごめんなさい(笑)。もう少し待ってください。必ず行きます。

●多様な役を演じ続けているジェウクさんの充電方法、気分転換法は?

ー旅行が好きですね。旅行か、家でダラーっとしてるか。普通ですよ、好きな人たちと会って時間を過ごしたりするのが、いちばんの充電だと思います。

●どんなところを旅してますか?これから行きたいところはありますか?

ーいろんなところに行きます。国内も海外も。まだ南米とアフリカには行ってないんですが、機会があったらそういうところに行ってみたいです。旅、大好きです。

●マリソルの読者が韓国を旅するならどこがオススメですか?

ーマリソルの読者さんは、僕の年くらいですよね。何をお勧めしたらいいですかね。文化的なことか、グルメか。ソウルじゃなくていいなら、日本の京都みたいな慶州。やっぱり違うんですよ。同じアジアの、すごくそういう昔の文化や建物とか残っているところは。そういうところ、20代だったら興味がないかもしれないんですが、この歳になったら面白い旅になると思いますよ。

●そうですね、慶尚南道の韓国の伝統家屋を一部だけモダンにリノベーションした宿がとても素敵でした。

ーそういうライフスタイルが最近の人たちに流行りみたいになっていて、韓屋(ハノク)を改装したところがあったり、すごく素敵なところです。

●ドラマの衣装もいつも素敵ですが、ファッションには興味がある方ですか?好きなスタイル、興味のあるブランド、デザイナーはいらっしゃいますか?

ー韓国のデザイナーではウーヨンミさんが好きです。楽ですね、普段は楽なスタイルです。ここ何年間か、ずっと撮影ばかりしていたので、現場に行くときには必ずジャージなんですよ(笑)。いちばん楽なので、(きちんとした)服は着た記憶があまりないです。この何年間か時間がなくて(笑)。

●人々が誤解しているキム・ジェウクさんのイメージとは?

ーどういうイメージに見られてるかわからないです(笑)。冷たそうとか?そこまで明るい人に見られてないのは知っています。

●実際は違う?

ー(一緒にいる)人によって違うと思います、誰に会うとかで。明るくしてくれる人がいたら、明るく振る舞うし、結構影響を大きく受ける方なんですよ。誰と一緒にいるかで自分が変わる。普通です、普通。

●ジェウクさんが考えるかっこいい男性、かっこいい人間って?

ーひとことで言えることじゃないと思いますけど。かっこいい男性はいっぱいいるんですけどね。僕は、いい人、悪い人で分けるのが好きじゃないんです。どういうタイプでも、魅力があったらいいと思います。絶対的な基準で言えないじゃないですか、いい人、悪い人って。立場によって違うし、場合によって違うので。

●サイコパスのような役と、甘いラブコメ、どちらが演じやすいですか?

ーあははは。全部難しいです。本当です。

●新たに挑戦してみたいことはありますか?

ーないです。(そういうことを)深く考えるタイプじゃないんです。

●知られざる特技はありますか?苦手なことは?

ー(ひとしきり考えた末・・・)わからないです、どうしよう(笑)。

●オススメの映画や、よく聴く国内外のアーティストがいたら教えてください。

ーこのあいだ、今韓国ではブームなんですけど、(5月にカンヌでパルム・ドールを受賞した)ポン・ジュノ監督の『寄生虫』を観たんですが、この作品はお勧めです。韓国ではあまり観られない感じの素晴らしい作品が生まれたと思います。最近ドラマの現場ですごく癒されたのは、パク・ヒョシンというアーティスト。その人の音楽にすごく力をもらいました。
悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-1

1/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-2

2/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-3

3/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-4

4/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-5

5/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-6

6/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-7

7/7








悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_3
悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_6
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!

    2020年は、なんと流行語大賞に「愛の不時着」がノミネート、2021年新年が明けるやいなや主役のふたり、ヒョンビンさん&ソン・イェジンさんが交際を認めるニュースが舞い込み、視聴ランキングを逆走し1位に返り咲き、「愛の不時着展」も開催中です。また、このコラムで、韓国での放映終了直後の2018年10月にインタビューしたパク・ソジュンさんの「キム秘書はいったい、なぜ?」も、「梨泰院クラス」の大ヒットで人気が再燃。おうち時間が増えたことも手伝い第4次韓流ブームと言われています。そんな2020年を振り返りつつ、これから注目していただきたい作品やアーティストにスポットを当てたいと思います!

    韓流NEWS

    2021年1月21日

  • 鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」

    演技派そして努力家で知られるイ・ジュンギさん。映画『王の男』で、”女よりきれいな男”と注目され、「アラン使道伝」「TWO WEEKS」「無法弁護士〜最高のパートナー」などヒット作で知られる俳優です。彼の2年ぶりのドラマ復帰作となったのが、サスペンスラブストーリーの話題作「悪の花(原題)」。「2020 アジア アーティスト アワード」でもこの作品で、アジアセレブ賞と、「サイコだけど大丈夫」のソ・イェジさんと並びベストアーティスト賞を受賞(奇しくも「無法弁護士」カップル!)しました。イェジさんも「悪の花」のファンだと絶賛。授賞式でジュンギさんは「コロナ禍ですが、”悪の花”は、悪意に満ちたところにも花は咲く、ということです。もうすぐ全世界に花が咲く日が来るでしょう」とくくりました。そんな「悪の花」の日本放送がMnetでスタートします!14年共に暮らしてきた夫が、血も涙もない連続殺人犯なのでは?と疑い追跡する妻で刑事役を、「クリミナル・マインド: KOREA」でも共演したムン・チェウォンさんが演じます。息を飲む展開で、ジュンギさんの演技にグイグイ引っ張られる良作なのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2021年1月1日

  • 「愛の不時着」が話題をさらった2020年。締めくくりの年末、韓国ドラマの沼にハマるのもいい!話題作のまとめ

    寒さきびいしいこの時季、ホットドリンクを片手に韓流ドラマにどっぷりハマってみませんか? 日本のNetflixで2020年人気作品ランキング2位の「梨泰院クラス」、最後まで緊張感が続くサスペンス、人間模様を温かく描いた医療ドラマなど、ハマる人続出の話題作をMarisol ONLINEライブラリーから7本リストアップしました!

    韓流NEWS

    2020年12月30日

  • 中毒性の高い韓国映画がおもしろい!グイグイ引き込まれる話題作のまとめ

    一度ハマったら病みつきになる中毒性の高さも魅力の韓国映画。韓国映画というとラブコメのイメージが強いかもしれませんが、痛快アクションコメディや人間ドラマも完成度の高い作品がたくさんあります! ドラマは長すぎるという人にも映画はおすすめ! グイグイ引き込まれてしまう話題の韓国映画を、Marisol ONLINEライブラリーから6本ご紹介します。

    韓流NEWS

    2020年12月29日

  • おうちでゆっくり観たい!心温まる大ヒット韓流ドラマのまとめ【ラブストーリー&ラブコメディ】

    今冬はおうちでゆっくりと韓国ドラマを観て過ごしませんか? 笑えて泣けて胸キュンする韓国ドラマで、心を温めましょう! ドラマの面白さを決めるのは、ストーリー、脚本、演出などさまざまな要素がありますが、韓国ドラマにおいて重要な要素は俳優! 俳優のインタビューから観たいドラマを決めるのもおすすめです。それでは、Marisol ONLINEライブラリーから、心温まる韓流ドラマをご紹介します。

    韓流NEWS

    2020年12月27日

  • 話題作『新感染半島 ファイナル・ステージ』のヒーロー、カン・ドンウォンさん降臨

    2016年、度肝を抜かれ、ゾンビ映画の未来を感じたヨン・サンホ監督の『新感染 ファイナル・エクスプレス』。その4年後の世界を描いた『新感染半島 ファイナル・ステージ』が1月1日に公開されます!!パワーアップしてさらに痛快、そして前作同様深く考えさせられるウェルメイドな作品で、韓国やアジア、欧米では7月に公開され大ヒット。前作同様、カンヌ国際映画祭公式作品に選出され、映画祭の総代表も「『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノに続く韓国を代表する監督による素晴らしい映画」と絶賛しています。今作の主演は、韓国では誰もが認めるイケメンの代名詞で、神懸かった十頭身の演技派カン・ドンウォンさん。魅力満載なので、さらにファンが増えそうです。彼は、是枝裕和監督の初の韓国映画演出となる『ブローカー(仮)』が来年クランクイン予定!しかも共演はペ・ドゥナさんとソン・ガンホさんだそうです。また、娘たちを守り戦う女性を、マリソル世代のイ・ジョンヒョンさんが演じています。彼女の長女で、異次元のハンドルさばきを披露するジュニを演じたのは、14歳のイ・レさん。2014年の『犬どろぼう完全計画』から、「六龍が飛ぶ」「アルハンブラ宮殿の思い出」『ガール・コップス』『無垢なる証人』などで注目して来た女優さんです。ちなみに、ドンウォンさんの義理の兄を演じたキム・ドユンさんとイ・レさんは、ヨン・サンホ監督の次回作となるドラマ「地獄」でユ・アインさん、パク・ジョンミンさん、ヤン・イクチュンさん、キム・ヒョンジュさん、ウォン・ジナさんらと共演するそうで、こちらも楽しみです!

    韓流NEWS

    2020年12月15日

  • 「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

    視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ訪ねて行きます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!

    韓流NEWS

    2020年12月1日

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

Read More

Feature

Ranking