ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー

 キム・ジェウクさんといえば、「ボイス~112の奇跡~」、「愛の温度」、「客-ザ・ゲスト-」と話題作が続き、ラブコメ「彼女の私生活(原題)」の放送が韓国で終了したばかり。不動の人気を誇る大注目の俳優です。多忙を極める彼に、「客-ザ・ゲスト-」の日本でのDVDレンタル開始に合わせ、ソウルでお話をうかがって来ました。サイコパスを演じたかと思えば、ロマンスもので視聴者の心を溶かす、目が離せない存在のジェウクさん。昨年は日本の映画『蝶の眠り』で中山美穂さんと共演し、日本でもさらに脚光を浴びました。なかでも、韓国の友人がどっぷりハマったと教えてくれた「客-ザ・ゲスト-」は、とにかく興味深いドラマ。ジェウクさんが司祭役、2007年の「コーヒープリンス1号店」以来の共演となったキム・ドンウクさんが霊媒師役、「リターン」でも注目された女優、チョン・ウンチェさんが刑事役で共演しています。さすが、「ボイス~112の奇跡~」のキム・ソンホン監督の作品なだけに、映画のような映像、息を飲む展開、そして深く考えさせられるドラマになっているので、ぜひ、です。ジェウクさんは流暢でなめらかな日本語で、真摯に質問に受け答えしてくれました。
悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_1
●ジェウクさんは、このドラマのような望まざる”客”に乗り移られないように、健全な心身で過ごせるよう日頃心がけていることはありますか?

ーそうですね、快楽主義者ではないんですが、なるべくできるだけポジティブに人生を生きていこうと考えているんです。30代も後半ですし。好きな人たちといい時間を過ごしたり、美味しいもの食べたり。それくらいですかね。本当に好きなものが何かを把握したり、それに集中したり、無駄な時間を奪われないように気をつけたり、そういう風に生きています。

●「客-ザ・ゲスト-」はとても興味深いドラマでしたが、ご自身ではどう感じましたか?

ー僕もすごく好きな作品です。脚本を読みながらも緊張感があり汗が出るくらいで、これを映像化してドラマを作ったら、すごくいい作品になるだろうなと思って出演を決めました。

●共演の方々も役にとても合っていましたね。

ーそうですね。キャスティングもすごく良かったですね。

●チョン・ウンチェさんとは初顔合わせでしたよね?

ーそうです。普段から好きな女優さんだったんですけど、こういう風な役で会うとは思ってなかったです(笑)。すごく良かったです。

●役者として成長したなと思うことはありますか?

ー周りが見えてきたことですね。もうちょっと昔は自分のキャラクターや芝居だけに集中していたけど、現場でいろんなことが見えてきた、周りが見えてきた、それくらいですね。

●どんな役者でありたいですか?

ー常に気になってしまう役者でありたいですね。どんな作品に出ても好奇心を持てる、次が気になる、次はどういう風なキャラクターで、どう戻って来るのかなと思ってもらえる俳優でありたいです。

●ジェウクさんにとって、演じることの面白さとは?

ー演じることの面白さ。深いですね(笑)。この作品で僕がいちばん目立ちたいとか、ここで最高の芝居を見せようとかではなく、ちゃんとこの役になんで僕がキャスティングされたのか、その作品の中で、例えば、森の中の一本の木としていることのバランスがいちばん大事だと思うんです。そんな感じですかね。

●答えがないから面白いとも言いますよね。

ーそうですね、その役にその人以外には誰も演じられないものがありますよね。例えばこれを他の役者がやったらどういう感じだったのかなって。

●ドラマが次々と注目され、昨年は日本の映画『蝶の眠り』にも出演、地上波で「愛の温度」が放映されたり、新たなファンを獲得しているジェウクさん。日本にいらっしゃる予定はありますか?

ー去年『蝶の眠り』のプロモーションで5月に行ってから日本には行ってなくて。もうドラマの撮影も終わったので、ふらっと行くかもしれません。ずっと撮影があったんですよ。いつも会社には言っていて。ちゃんとまだ時期が決まってないんですが、できるだけ早く行きたいと思ってます。ごめんなさい(笑)。もう少し待ってください。必ず行きます。

●多様な役を演じ続けているジェウクさんの充電方法、気分転換法は?

ー旅行が好きですね。旅行か、家でダラーっとしてるか。普通ですよ、好きな人たちと会って時間を過ごしたりするのが、いちばんの充電だと思います。

●どんなところを旅してますか?これから行きたいところはありますか?

ーいろんなところに行きます。国内も海外も。まだ南米とアフリカには行ってないんですが、機会があったらそういうところに行ってみたいです。旅、大好きです。

●マリソルの読者が韓国を旅するならどこがオススメですか?

ーマリソルの読者さんは、僕の年くらいですよね。何をお勧めしたらいいですかね。文化的なことか、グルメか。ソウルじゃなくていいなら、日本の京都みたいな慶州。やっぱり違うんですよ。同じアジアの、すごくそういう昔の文化や建物とか残っているところは。そういうところ、20代だったら興味がないかもしれないんですが、この歳になったら面白い旅になると思いますよ。

●そうですね、慶尚南道の韓国の伝統家屋を一部だけモダンにリノベーションした宿がとても素敵でした。

ーそういうライフスタイルが最近の人たちに流行りみたいになっていて、韓屋(ハノク)を改装したところがあったり、すごく素敵なところです。

●ドラマの衣装もいつも素敵ですが、ファッションには興味がある方ですか?好きなスタイル、興味のあるブランド、デザイナーはいらっしゃいますか?

ー韓国のデザイナーではウーヨンミさんが好きです。楽ですね、普段は楽なスタイルです。ここ何年間か、ずっと撮影ばかりしていたので、現場に行くときには必ずジャージなんですよ(笑)。いちばん楽なので、(きちんとした)服は着た記憶があまりないです。この何年間か時間がなくて(笑)。

●人々が誤解しているキム・ジェウクさんのイメージとは?

ーどういうイメージに見られてるかわからないです(笑)。冷たそうとか?そこまで明るい人に見られてないのは知っています。

●実際は違う?

ー(一緒にいる)人によって違うと思います、誰に会うとかで。明るくしてくれる人がいたら、明るく振る舞うし、結構影響を大きく受ける方なんですよ。誰と一緒にいるかで自分が変わる。普通です、普通。

●ジェウクさんが考えるかっこいい男性、かっこいい人間って?

ーひとことで言えることじゃないと思いますけど。かっこいい男性はいっぱいいるんですけどね。僕は、いい人、悪い人で分けるのが好きじゃないんです。どういうタイプでも、魅力があったらいいと思います。絶対的な基準で言えないじゃないですか、いい人、悪い人って。立場によって違うし、場合によって違うので。

●サイコパスのような役と、甘いラブコメ、どちらが演じやすいですか?

ーあははは。全部難しいです。本当です。

●新たに挑戦してみたいことはありますか?

ーないです。(そういうことを)深く考えるタイプじゃないんです。

●知られざる特技はありますか?苦手なことは?

ー(ひとしきり考えた末・・・)わからないです、どうしよう(笑)。

●オススメの映画や、よく聴く国内外のアーティストがいたら教えてください。

ーこのあいだ、今韓国ではブームなんですけど、(5月にカンヌでパルム・ドールを受賞した)ポン・ジュノ監督の『寄生虫』を観たんですが、この作品はお勧めです。韓国ではあまり観られない感じの素晴らしい作品が生まれたと思います。最近ドラマの現場ですごく癒されたのは、パク・ヒョシンというアーティスト。その人の音楽にすごく力をもらいました。
悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-1

1/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-2

2/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-3

3/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-4

4/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-5

5/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-6

6/7

悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_2-7

7/7








悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_3
悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー_1_6
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • 「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

    視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ訪ねて行きます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!

    韓流NEWS

    2020年12月1日

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

  • 待望のアーティストデビュー!イ・ミンヒョクさんに聞くK-POP&K-Beauty

    12歳から両親の仕事の関係で日本在住であり、ダンサー、イベントMC、youtubeの活躍などで注目されているマルチタレント、イ・ミンヒョクさん。人気大型オーディション番組でもファンを増やし、11月に待望のアーティストデビュー、オンラインファンミーティングも控えています。コロナ禍でも変わらず世界で注目を浴び、ビルボードを賑わせているK-POPアーティストたち。10月のBTSのオンラインコンサートは2日間で99.3万人が視聴、Netflixで配信中のBLACKPINKのドキュメンタリー「BLACKPINK~ライト・アップ・ザ・スカイ~」ではシャネルのアンバサダーも務めるジェニーが、厳しい練習や競争の繰り返しだった練習生時代が一番”K-POP”だったと語っていたのが印象的でした。韓国コスメ、VTやNATURE REPUBLICなどいくつもの韓国コスメのイメージモデルも務めたり、熱心なスキンケア通でも知られるミンヒョクさん。K-POPの話や、美肌の持ち主の彼のオススメコスメなどをうかがいました!

    韓流NEWS

    2020年11月1日

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

Read More

Feature

Ranking