マツキヨで高機能エイジングケア発見! ピンクの唇が取り戻せる¥1200の濃厚リップエッセンス【マーヴェラス原田の40代本気美容 #126】

リップケアには一家言ありの私。保湿力は当然だけど感触・持続力・そしてさっと塗れる手軽さも重要なポイント。さらに美容効果、とくにエイジングケアが加われば申し分なし。そんなリップケアを見つけてしまったんです。なんとマツモトキヨシで。しかもこれ、マツキヨのプライベートブランド!
マツモトキヨシオリジナルのリップエッセンス

それがこちらのレチノタイム リンクルリップエッセンスEX。美容感度の高い皆さまなら、このブランド名を聞いただけで分かりますよね。そう、しっかりとエイジングケアを見据えた成分が配合されたラインなんです。

マツキヨのリップエッセンスのパッケージ

レチノタイムシリーズに共通で配合されている「STダイレクト成分」はレチノイン酸トコフェリルEX、白金ナノコロイド、ペプチドCPXという眩しいばかりのエイジングケア御三家。それを、この¥1200のリップケアにも惜しみなく配合。もう、マツキヨさんってば太っ腹!

マツキヨのリップエッセンスはチップ式
唇にフィットするチップタイプで使いやすい!

さらにこのリップエッセンスには特許のボリュームアップ成分や美容医療レベルのヒアルロン酸も配合されているので、つけた直後からふっくらしっとり柔らかな唇に。密着感がありもちがいいので、つけ直しの手間もかなり省けます。朝、口紅の下に仕込むのもおすすめ。

手にした瞬間からすごく気に入って、ここ1週間くらい就寝前も朝も日中も!と、心底使い倒しているのですが、かなりの手応えが。まず荒れやすい私の唇がトラブル知らずになり、全体的にくすみやシワが軽減。朝、メイクしながら自分の唇の“ピンクっぷり”にびっくりしました。さらに心なしか輪郭くっきり、上唇の“山”もふっくらしてきたような……。四六時中使うリップケアだからこそ、成分にこだわったものを選ぶべきだと改めて思いました。

マツキヨには導入美容液もある

と、リップケアばかり持ち上げてしまいましたが、レチノタイムは全9品という堂々のエイジングスキンケアライン。リピート率No.1はこの導入美容液、ディープケアエッセンス EX(50g ¥4000)。化粧品を受け入れる力が弱ってきた肌に美容成分を受けとめる力をつけさせてくれる、ということでアラフォー世代に人気だそう。

マツキヨのレチノタイム、クレンジング&マッサージクリーム

私的にもうひとつのおすすめはこのクレンジング&マッサージクリーム。180gのたっぷりサイズで、こちらもお値打ちの¥2700

レチノタイムのクレンジングのテクスチャー

力を入れずにクルクルと気持ちよくマッサージ&クレンジングができる、とろっと美味しそうなカスタードクリームっぽいテクスチャーがいいんです。クリームの中には、毛穴より小さなパウダーが配合されていて、毛穴やキメに入り込んだ汚れまでしっかりとオフできます。使用後はふき取りか洗い流し、どちらでもOK。洗い流してもうるおいが残り、クレンジング後の方が肌がふっくらしている気が! マツキヨさん、ありがとう!(しつこい)

マツモトキヨシがこんなに強力なプライベートブランドを出していたなんて……ごめんなさい、知りませんでした。しかもレチノタイムは2007年デビュー、現在のラインナップはすでに三代目なんですって。

マツキヨのオリジナルコスメ、美白ライン
左からブランホワイト クリアローション 160mL ¥2700、同ホワイトニングクリーム 45g ¥4000、同ホワイトニングデイミルクUV(SPF50・SPF++++) 30mL ¥2700

今のシーズンなら同じくプライベートブランドの美白ライン、ブランホワイトもおすすめ。ビタミンC誘導体・アルブチン・アルニカエキスなどこちらも美白のスター成分てんこ盛り、さらにターンオーバーが鈍くなった肌をケアするヨクイニンエキスなどエイジング肌にうれしい成分も配合。美白も保湿もかなえてくれる頼もしいラインアップです。浮き沈みの激しいドラッグストアの棚で長年売れ続けているマツキヨブランド、これは見過ごしていたら損しますよ。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking