スカート派・蛯原友里の「フラット靴」でもきれいで女っぽいコーデの作り方

フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。スカート派・蛯原友里の「楽してきれい」なコーデ術をマスター!
シャツ×ロングスカート×パイソンパンプスコーデを着た蛯原友里さん

ナチュラルなリネンスカートをパイソン柄でピリリと引き締め

着こなしが甘くなりがちなスカート派におすすめなのが、パイソン柄のポインテッドトゥパンプス。着こなしをピリリと引き締めつつ、シンプルコーデのアクセントに。ほっこりしがちなリネンスカートもどこかシャープに決まる。

靴¥51,000/リエス(ペリーコ) シャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) カーディガン¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥25,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥59,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マージ シェアウッド)
ノースリーブ×ロングスカート×フラットサンダルコーデを着た蛯原友里さん

ヌーディなゴールドのフラットサンダルで休日コーデもきれいめに

ふわりと広がるフレアスカートとフラットサンダルのカジュアルコーデも、サンダルがシャイニーなゴールドレザーになるだけでルーズすぎない印象に。トップスをスカートにインして腰高に見せれば、フラットサンダルでもすっきりバランスよく。

サンダル¥29,000/ウィム ガゼット青山店(カジャック) スカート¥27,000/マルティニーク  ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カットソー¥19,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)
ニット×ロブタイトスカート×バレエシューズコーデを着た蛯原友里さん

ブラック&カーキの辛口配色をシルバーのバレエ靴でフェミニンに導いて

歩きやすく、コーデにさりげない女らしさを足したい時に使えるのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、シックなトーンのコーデに夏らしい軽やかさを出して。

バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) スカート¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) レギンス¥9,000/ebure ストール¥28,000(参考価格)/アマン(アルテア) バングル¥47,000/CHERRY BROWN バッグ¥27,000/TOMORROWLAND(ヴァシック)

ひとさじでも女っぷりがググッと上昇。頼れる赤を足もとに

手っ取り早く女っぽさを取り入れるなら、赤の魔法に勝るものなし。今年らしいけど太って見えるのがちょっぴり心配な白スカート×ベージュの淡い色コーデを、足もとにさしたパキッとした朱赤で引き締めて。女らしいけど甘すぎず、今年らしさもあるフェミニンコーデが完成。

サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブロニ) ジャケット¥65,000・ニット¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥54,000/ebure ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バッグ¥26,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ミロス)
レースのロングワンピース×ドット柄フラットサンダルコーデを着た蛯原友里さん

ドットパンプスとレースで作る、フレンチシックなバカンスコーデ

フラット靴でもドラマティックに。そんな気分の時は一足でフレンチシックなムードが味わえるドットのパンプスを総レースのドレスに合わせて。全体の色のトーンを黒多めでシックに抑えれば、甘すぎず大人な着こなしに。

靴¥119,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure ターバン¥5,800/マルティニーク ル コント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥30,000/TOMORROWLAND(イヴィ) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ ストール¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ) バッグ¥12,000/ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド)
【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 

What's New

Read More

Feature

Ranking