人気エディター・伊藤真知さんのユニクロを使った2パターンのリッチ配色とは?

春に発売した"ユニクロ本"も好調のエディター・伊藤真知さん。ユニクロを使った2パターンのリッチ配色を、オール私服で解説!

配色_01 ほぼワントーン

Point!

洗練見えの〝ほぼワントーン〞は

上下の色みや素材感をズラして奥行きを

「"ほぼ"ワントーンと名づけたくらい、微妙に上下の色みや質感を変えるのが私流。コーディネートに奥行きが生まれ、ユニクロMIXスタイルをリッチに見せる効果が」。style1のスカートは155㎝と小柄な伊藤さんが"ちゃんとロング"で着られる丈感が、style2のトップスはゆるっと着られるサイズ感が気に入って購入。着たいサイズ感を選びやすいのもユニクロの魅力。

小物で無理に高見えを狙うのは逆効果。

靴で女らしさを、バッグで遊び心をプラス

ノースリーブトップス×ロングスカートコーデ

style1

スカート/ユニクロ トップス/カレンテージ バッグ/mezzo サンダル/BALDAN

サーマルトップス×パンツコーデ

style2

サーマルトップス/ユニクロのメンズ パンツ/スタニングルアー バッグ/ジルサンダー ネイビー スカーフ/マニプリ 靴/クリスチャン・ルブタン

配色_02 真逆の2色

Point!

きれいな色には、同じテンションの

〝真逆の色〞をぶつけるとうまくいく

「パッと目をひくきれい色は、そのほかを"平凡な色"でまとめるとかえって悪目立ちすることも。あえて同じくらいのテンションの"真逆の色"をぶつけたほうが、すんなりなじむんです。style3の黒カーディガンはボタンを開けたり袖をまくったり。style4のトップスだったらややゆるめを選んだり。サイズ感を"自分にフィットさせる"のも自然なリッチ見えの秘けつです」

真逆の2 色の場合は特に、ユニクロ×体をきれいに見せる

信頼ブランドの組み合わせが鉄板

カーディガン×パンツコーデ

style3

トップスとして着たカーディガン/ユニクロ パンツ/ユナイテッドアローズ バッグ/フルラ 靴/アダム エ ロペ

ノースリーブトップス×ロングスカートコーデ

style2

トップス/ユニクロ スカート/ロンハーマン バッグ/ZANCHETTI 靴/BALDAN

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物)

What's New

Read More

Feature

Ranking