韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー

 ソ・イングクさんと初めてお会いしたのは、ちょうど「応答せよ1997」で注目された頃、東京での日本歌手デビュー記念イベントで。「ラブレイン」の制作に友人が関わっていたので、ブレイクが嬉しかった記憶があります。また、「王の顔」のDVD発売に合わせてもインタビューさせていただいたことがあるのですが、出演する作品ごとに異なる魅力を発揮、演技の幅の広さと、今回お話をうかがったドラマ「空から降る一億の星<韓国版>」でもOSTを披露するなど、歌手としての魅力もあわせ持つ役者として活躍中です。「空から降る一億の星<韓国版>」は、「ナイショの恋していいですか?」、「ああ私の幽霊さま」と同じ、大好きなユ・ジェウォン監督の作品、そしてチャーミングなチョン・ソミンさんが共演。イングクさんの最新作、必見です!!
韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_1
●キム・ムヨンは内面に波があるだけで外見からは風ひとつ吹かない、そんなキャラクター。感じるけど表現しない、というキャラクターだとおっしゃってましたが、今までで最も難しいチャレンジングな役だったのでは?

ーうーん、どんなキャラクターも難しいものですが、(今回はこれまでの役とは)違っていましたね。ですから“今までで最も難しい”という言い方もできますし、とても違っているので、表現の方法と「僕がどこまで感じることができるだろうか」ということも気になりました。だからこそ、いっそう面白かったです。とても不思議なキャラクターでした。

●ユ・ジェウォン監督とは「ナイショの恋していいですか!?」に始まり、「ああ、私の幽霊さま」そして「アビス」にもカメオで参加しましたよね。今作も素晴らしいチームワークの傑作でした。監督の魅力を一言で表すと?

ー……双子⁉(笑)。僕とものすごく相性がいいんです。性格的にもすごく気が合って、周りの方々からもよく「2人はまるで兄弟みたいだね」と言われます。とても気が合うので、楽しいです。プライベートでもよく会って遊んでますし。今、監督は新作ドラマの撮影中ですが、現場にも遊びに行ったりしています。

●初めてお仕事をしたときから相性がよかったんですか?

ーはい。「ナイショの恋していいですか!?」というドラマでお仕事をしたとき、最初は本当に気配りをたくさんしてくださる性格のいい演出家さんだなと思ったのですが、撮影を続けていくうちにすごく気が合うことがわかって、とても仲良くなりました。仕事以外でもよく会って、連絡を取り合いながら親しく過ごすようになって。そうした中で、また一緒にお仕事をすることになりました。ユ・ジェウォン監督が「一緒にやろうよ」と言ってくれたら、どんな作品でも「やりましょう!」とお答えできるような信頼関係ができました。(監督が演出する)作品についても、監督の演出力についても信じていて、さまざまな面において信頼しています。それに、なんといっても楽しいんです。一緒にお仕事をすると。

●名場面があまりにもたくさんある作品でした。イングクさんの選ぶベストオブベストシーン、名セリフは?

ーとてもたくさんあります。ムヨンが暮らす屋根部屋の屋上にある縁台に、ジンガンと2人で寝そべるシーンがとても記憶に残っています。それから、キム・ムヨンが他の人に対して初めて“教えてくれ”と言う場面。技術的なことではなく、人間がもつ感情といったものを知らないがゆえに、もともと持っていないわけではなくて、「俺がいま感じているものを言葉で表現できない。合っているのかそうでないのか、わからない。でも俺は感じている。それが何なのか教えてくれ」という意味が含まれたセリフがあるのですが、そのシーンもとても記憶に残っています。

●ジンガンを演じたチョン・ソミンさんの印象は?

ーすごくいい人です。ものすごく性格がよくて。なんというか、僕たちにはテレビで見るイメージってあるじゃないですか?そういうイメージでは、口数が少ないんじゃないかなと思っていたのですが、実際に会って撮影を通して親しくなってみたら、すごく茶目っ気があって。だから撮影現場はとても楽しかったです。彼女のおかげで、すごく楽しく撮影できました。

●クォン・スヒョンさんとは撮影以前から親しかったのでしょうか?

ーいいえ、このドラマをきっかけに出会いました(笑)。共演中に、ものすごく親しくなったんです。

●どんなところが気が合う理由ですか?

ーとにかく気が合います。(今はお酒をやめているのですが)当時はお酒をよく飲んでいたので、一緒に飲みに行って、仲良く過ごしていました。僕の家にもよく遊びに来たりして。

●東京コレクションに、友人デザイナーのランウェイにモデルとして来日したこともあるト・サンウさんとの共演はいかがでしたか?

ーすごくかわいいんです(笑)。めちゃくちゃおもしろいし。ドラマの中ではいわゆる悪役じゃないですか? でも――もちろんある程度は必要だとは思いますが――敵対する役柄だからといって仲良くしないようにしたり、距離を置いたりとか、僕はそういうタイプではありません。だから親しく過ごしていたのですが、すごくおもしろくて、撮影の合間に一緒にコンサートに行ったりもしました。

●歌手としてもファンを魅了するイングクさん。またコンサートでの来日を期待するファンも少なくありません。ライブの魅力とはどんなところにありますか?

ードラマの場合は、僕たちが数カ月間撮影をしたものを視聴者のみなさんにお見せしたあとで、みなさんが抱いた感情などについて「ああ、こんなふうに感じたんだな」と知ることができますよね。ライブではその日にすぐ、会場で一緒に気持ちを分かち合うので、そういった魅力がとても大きいです。

●国内外で最近お気に入りの曲やアーティストはいますか?

ー最近はわりと両極端な感じで音楽を聴いています。HIPHOPとクラシック。そのときの気分に応じて、イタリアの有名テノール歌手のアンドレア・ボチェッリの音楽を聴いたり、Dok2のHIPHOPを聴いたりして楽しんでいます。

●イングクさんの充電方法は?

ー食べること! 今日の撮影に備えて実は急きょダイエットをしましたが、終わったらおいしいものを食べようと思っています(笑)。僕の充電方法はとにかく“食べること”です。

●特に好きな食べ物は?

ー好物はすごく多いです。フライドチキンは基本だし、サムギョプサル、鴨肉料理、さしみ……ひとつには絞れません。どれもおいしいので。太りやすいから控えなきゃいけないのに、最近はパンにハマっちゃって。制限しながら、おいしく食べています。

●好きな香りはありますか?あるとしたらどんな香り?

ーバニラの香りが好きです。以前、メイクさんがバニラの香りのボディローションをおすすめしてくれたんです。すごく気に入って全身に塗りたくっていたんですが、(みなさんがお使いになる際は)気を付けていただかないといけないことがあります。夏は虫がたかってくるんですよ! 本当に(笑)。みんなあんまり信じてくれないんですが、屋外で撮影をしていると、ハチとか羽虫が体中にくっつくんです。香りが強すぎるせいなのか何なのか、理由はわかりませんが……。だから適切な量を、ほのかに。何事もやりすぎはよくありません!

●(カメラマン)バニラの香りは虫が寄ってきますよね。

ーですよね⁉ 信じてくれない人が多いんですよ! 本当にハチが寄ってくるんです。気を付けてください!

●次回作は決まってますか?

ー近いうちにいいお知らせをお伝えできるのではないかと思います。僕は所属事務所とよくミーティングをするほうなのですが、次回作についていろいろ検討しています。どんな作品であればみんなが満足できるか、いい作品について話し合っているところですので、もう少しだけお待ちいただければ、いいニュースをお届けできると思います。
韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-1

1/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-2

2/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-3

3/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-4

4/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-5

5/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-6

6/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-7

7/8

韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_2-8

8/8









韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_3
韓国版「空から降る一億の星」でも快演!演技派ソ・イングクさんインタビュー_1_6
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します

What's New

  • 個性際立つiKONの新たな魅力をライブで!!

     iKON(アイコン)は、2016年にデビュー、日本レコード大賞最優秀新人賞を含む「日韓中3ヶ国で新人賞獲得」という史上初の記録を打ち立てたボーイズグループ。群雄割拠の韓国で、昨年「LOVE SCENARIO」がロングランヒットを記録。年末にはベストソング賞を数多くのアワードで受賞、YouTubeで3億回再生、Spotifyでも1億回ストリーミングの快挙を達成しています。個人的にこの曲から急激に気になりだして最新アルバムにもハマり、若葉マークを付けて、いざ、約8ヶ月ぶりとなる日本ツアー「iKON JAPAN TOUR 2019」、幕張メッセ2日目のライブに!そこでは才能溢れる個性豊かなメンバーの魅力が炸裂していました!!年末3都市でのライブが決まったので、未体験の方はぜひです!!また、8月にはユニークでチャーミングなふたり、JAYとJU-NEのデジタル写真集も3冊同時に発売。こちらも要チェックです!

    韓流NEWS

    2019年9月20日

  • 悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー

     キム・ジェウクさんといえば、「ボイス~112の奇跡~」、「愛の温度」、「客-ザ・ゲスト-」と話題作が続き、ラブコメ「彼女の私生活(原題)」の放送が韓国で終了したばかり。不動の人気を誇る大注目の俳優です。多忙を極める彼に、「客-ザ・ゲスト-」の日本でのDVDレンタル開始に合わせ、ソウルでお話をうかがって来ました。サイコパスを演じたかと思えば、ロマンスもので視聴者の心を溶かす、目が離せない存在のジェウクさん。昨年は日本の映画『蝶の眠り』で中山美穂さんと共演し、日本でもさらに脚光を浴びました。なかでも、韓国の友人がどっぷりハマったと教えてくれた「客-ザ・ゲスト-」は、とにかく興味深いドラマ。ジェウクさんが司祭役、2007年の「コーヒープリンス1号店」以来の共演となったキム・ドンウクさんが霊媒師役、「リターン」でも注目された女優、チョン・ウンチェさんが刑事役で共演しています。さすが、「ボイス~112の奇跡~」のキム・ソンホン監督の作品なだけに、映画のような映像、息を飲む展開、そして深く考えさせられるドラマになっているので、ぜひ、です。ジェウクさんは流暢でなめらかな日本語で、真摯に質問に受け答えしてくれました。

    韓流NEWS

    2019年9月4日

  • 全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!

     幕張メッセでの大盛況のライブを終え、全国ツアー後半の公演も楽しみなWINNER。幕張公演の興奮冷めやらぬまま、日本を含む海外20カ国のiTunesアルバムチャートで1位となった韓国版『WE』の、日本版発売に合わせた合同取材に行って来ました!私にとってWINNERとの出会いは、2017年の春にソウルの街なかや地下鉄などで繰り返し流れていた「REALLY REALLY」。韓国の友人がスタイリングをしていると聞いていて気になってはいたのですが、すっかり心奪われてしまった新参者です。続く楽曲もツボで、さらに4人のウィットの効いた日本語トークが面白すぎて泣かされたり、と深みにハマるばかり。2度インタビューもさせていただいたのですが、本当に仲睦まじく、スタイリッシュでチャーミングな4人。ライブももちろん素晴らしく、個性豊かな4人の声の相乗効果は計り知れません。エネルギッシュでいて”清涼剤”のような彼らの新しいミニアルバム、ライブ、ぜひ体感して!!12月にはリリースイベントも予定しています!

    韓流NEWS

    2019年8月7日

  • 新曲「Come Over」で夏を盛り上げる6人組、SNUPER

     2015年に韓国でデビューした6人組ボーイズグループSNUPER(スヌーパー)。グループ名にはSUPERよりさらに優れた”HIGHER THAN SUPER”の意味合いがあるそう。平均身長180cmというスタイルの良さと爽やかなイメージで人気を博し、2016年に日本デビュー。累計販売枚数10万枚を超え日本レコード協会ゴールドディスクに認定されたシングル曲「Oh yeah!!」などでも知られるグループだ。8月14日には6枚目のシングル「Come Over」をリリース予定、ライブなども目白押しなのでぜひ聴いてみて!!

    韓流NEWS

    2019年7月29日

  • ホ・ヨンセンさんがアルバム「MOMENT」のリリースイベントで来日!

     ホ・ヨンセンさんは、あまりにも有名なアイドルグループSS501出身。現在はソロで、ミニアルバムをリリースしたり、ドラマのOSTに参加、ミュージカルやドラマにも出演するなど、歌手、そして俳優としても活躍中です。また、SS501から派生したDouble S 301のリーダーも務めています。今回、韓国で4枚目となるミニアルバム「MOMENT」のリリースイベントで久しぶりに来日、この9月には、東京でのファンミーティングも予定しているので、ぜひその美声をライブで!インタビュー中も歌声と同じ優しい語り口で、何か魔法にかかったようにすっかり癒されたマリソルスタッフでした。

    韓流NEWS

    2019年7月23日

  • 正統派時代劇「ヘチ」でも圧倒的な存在感のチョン・イルさんが来日!

     ファン待望の正統派時代劇「ヘチ(原題)」。面白いと評判の作品で、貫禄さえ感じる主演のチョン・イルさんの存在感にも圧倒されます。「名場面が毎話にある」という彼の”心の演技”にきっと引き込まれるはず。久しぶりにお会いしたイルさんは、相変わらず誰よりもスタイリッシュ!ドラマのこと、近況をたっぷりうかがいました。ちなみに“ヘチ(獬豸)”とは、善悪を見分け正義を守る伝説の動物のことです。

    韓流NEWS

    2019年6月10日

  • 進化し続ける『KCON』が大盛況!その魅力とは?

     今年5回目を迎えた日本でのKCON、”KCON 2019 JAPAN”。5月の東京幕張メッセでの3日間に歴代最大規模の8万8000人が集まり大盛況でした。この2年で10代の観客が4倍に増えるなど、このK-Cultureコンベンションは破竹の勢い。ビューティー、音楽、フード、ファッション、ドラマや映画など、3日間、292人ものアーティストやパネラー、インフルエンサーが参加しました。毎年様々な国で開催され、6月の開催地はNYのマディソンスクエアガーデンとジェイコブ K・ジャヴィッツ・コンベンション・センター!グローバルに注目されている勢いのあるイベント。未体験の方は来年ぜひ!

    韓流NEWS

    2019年6月1日

  • ライジングスター、チャン・ギヨンさんの初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」

    「ゴーバック夫婦」、「私のおじさん」と心に響くドラマで脚光を浴びたチャン・ギヨンさん。彼の初主演ドラマが「ここに来て抱きしめて」です。サイコパスの息子という難しい役を熱演、今月1日には韓国のゴールデングローブ賞とも言われる百想芸術大賞で、新人賞を受賞!相手役のチン・ギジュさんも、名作「ミスティ」での助演が光っていた女優さんです。「ちょっと暗いんだけど面白いから観て」と友人に勧められたのですが、グッと引き込まれるストーリーで一気観してしまいました!カリスマ俳優、ホ・ジュノさんの存在感もものすごいです。次回作の「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」(制作が「トッケビ」や「ミスターサンシャイン」と同じ!)も期待されている彼は、身長187センチのモデル出身で、制服姿がとにかく凛々しい!「大丈夫、愛だ」や「最高の結婚」でも目を引きました。ファッションブランドの広告モデルにも抜擢される26歳のライジングスターで、8月にはファーストファンミーティングも開催予定です!

    韓流NEWS

    2019年5月13日

Read More

Feature

Ranking