サングラスやビーチサンダル、かごバッグ…夏小物は細部にまでこだわりたい!

おしゃれプロのリコメンド付き! 新調したくなる夏小物をご紹介。

 サングラスはこのカタチ!

ファッション サングラス
夏の日射し対策&おしゃれに欠かせないサングラスは、丸みのあるフレームが今年っぽい。
(左)「肌になじむようなクリアフレームのサングラスなら優しい印象をキープ」(スタイリスト松村純子さん)。¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)・(中)「セルのかっちり感とメタルのシャープさのいいとこどり。メタルだけだときつく見えることがありますが、その心配もなし」(スタイリスト田澤美香さん)。¥61,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)・(右)「全体的に丸みのある"パント"と呼ばれるフレームの、上の部分だけシャープなカッティングを施した"クラウンパント"。ほどよい個性をプラスしてくれます」(スタイリスト池田メグミさん)。¥29,000/コンティニュエ(YELLOWS PLUS)
 

大人色のビーチサンダル

ファッション ハイアンのビーチサンダル
「ビターな大人の色のビーチサンダルをハワイで発見!マットな質感と華奢なストラップは大人が街中で履いても素敵です!」(スタイリスト徳原文子さん)足裏が触れる面は柔らかくてクッション性があり、アウトソールには地面をとらえて歩きやすい硬い素材を使用した二層構造で、疲れにくいとリピーター続出。サンダル(右)¥3,200・(左)¥2,800/ハイアン インフォメーション(ハイアン)

デイリーカジュアルをハズシに使える、アースカラーの“スポサン”

ファッション スポーツサンダル
ラクチンで手放せないスポサンは、スポーティなビビッドカラーよりもダークカラーを選びたい。「黒だけでなく、チョコレートブラウンやキャメルなど、おしゃれなニュアンスカラーも増えています。また、足首をホールドするデザインだけでなく、つっかけタイプや厚底のものなどバリエーションも豊富。旬のマキシスカートとの相性も抜群です」(スタイリスト池田メグミさん)。サンダル(左から)¥8,800/ブルームーンカンパニー(シャカ)・¥13,000/アパルトモン 青山店(スイコック)・¥4,500/シップス 渋谷店(テバ)

大人のかごバッグは、黒で決まり!

ファッション 黒いカゴバッグ
「ナチュラルカラーのかごバッグは、どうしても可愛く素朴なムードになりがち。クールな黒ならきれいめのスタイリングにも合わせやすく、シャープに持てます。レザーの黒ほど重たくならないので、夏のスタイリングを軽やかに仕上げるのにぴったり。また、カッチリ固い籐のかごバッグよりも、ラフィアなど柔らかい素材のほうが実際に使いやすいのでおすすめです」(スタイリスト松村純子さん)。バッグ(左から)¥24,000/アパルトモン 青山店(ノロ)・¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ パリ)・¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)
撮影/佐藤 彩 魚地武大(TENT) スタイリスト/伊藤ゆみ 松村純子 池田メグミ 田澤美香 取材・原文/坪田あさみ 発田美穂【Marisol8月号 2019年掲載】

What's New

Read More

Feature

Ranking