ダメージケアにカラーケア、機能性はもう当たり前! 香りを楽しむヘアオイル2選【マーヴェラス原田の40代本気美容 #133】

パサつく髪をスルンとまとめるヘアオイルは、ツヤも素直さも失ったアラフォー髪の必須アイテム。効果はもちろんだけど今回は“香り”も楽しめる2つのブランドをピックアップ。

肌のオイル美容と同様に、今やすっかりメジャーになったヘアオイル。以前は重めのテクスチャーのものも多く、量を誤ると1日中ぺたんこヘアでテンションだだ下がり……なんてことを繰り返していました。うるおいが欲しくて、ついつい欲張っちゃうんですよね。

しかし!テクノロジーの進化、そして様々な新成分が見出されたおかげで、今や優秀なヘアオイルがよりどりみどり。その中から今回は、サロン専売ブランドからお気に入りを2つご紹介します。

シュワルツコフのヘアオイル、ユイルアローム

まずは今年1月に発売されたシュワルツコフ プロフェッショナルユイルアローム若返り&エイジングケアの2大巨頭・アルガンオイルとローズヒップオイル、さらに“神の木”と呼ばれるマルーラの木の実から採れる、リノレン酸やオレイン酸(ヘアケア効果が高いんです!)豊富なマルーラオイル、荒野でたくましく生きるウチワサボテンの種子から採れる保湿効果ばっちりのバーバリーフィグオイル、と4種のオイルを贅沢ブレンド。艶やかで健やかな髪へと導いてくれます。

もうひとつ、ユイルアロームの大きな特徴は4つの香りから選べること。ピュアなシトラス系の「ハーモニー」、グリーンティと桜の穏やかな香りに包まれる「リラックス」、甘くエキゾチックな「ラブ」、フローラルノートにレモンやマンダリンなど果実のアクセントをプラスした「ビリーフ」。いずれもトップ・ミドル・ラストノートまで香りの移り変わりを長時間楽しめます。これってもう、フレグランスレベル!

ユイルアロームのリラックス

私の目下のお気に入りはこちらの「リラックス」。押しつけがましくない優しいグリーンノートは、湿気で重くなった髪も気分もサラっと軽くしてくれます。そして軽やかな仕上りも秀逸。髪にも手にもベタつきを残さず、即座にまとまりあるツヤ髪をかなえます。100mLというたっぷりサイズもありがたい! ちなみにユイルアロームシリーズ、同じ香りのオイルシャンプー&トリートメントもあるので、みっちりオイルでヘアケアしながらトータルで香りを楽しむこともできますよ。

ユイルアローム ヘアオイル 全4種 100mL 各¥2400/シュワルツコフ プロフェッショナル

           

ヘアオイルのオリオセタ

もうひとつのおすすめは、最近新作がリリースされたばかりのイタリア発ブランド・オリオセタ。こちらも5つの香りが揃っています。しかも香りだけではなくダメージヘア向け、カラーヘア向けなど髪悩みに特化したオイルが充実。カラフルでオリエンタルなパッケージも素敵です。

オリオセタの新製品

新作はこちらの2つ。オリオセタの共通成分・オーガニックのアルガンオイル&亜麻仁油に加え、特徴的なオイルがプラスされています。

オリオセタのヘアオイル、ライフアンドフェミニン

白いボトルはライフアンドフェミニン スムース&シャイン。豊富な脂肪酸や抗酸化成分を含み、美容のみならず食用などあらゆる分野で注目を集めているモリンガオイルを配合し、まとまりのある艶髪へ導いてくれます。

香りも素晴らしいまでに繊細。ベルガモット・タンジェリン・メロンなど甘やかなフルーツの香りがパッと広がり、徐々にローズを中心にしたフラワーブーケから爽やかさのあるウッディへシフト。重さはないのにしっとりと淑女な香り立ちが堪能できます。

オリオセタのヘアオイル、ライフアンドリバティー

赤いボトルはライフアンドリバティー カラーサブリメイティング。その名の通りもともとの色素やヘアカラーによる色素に吸着し、より輝きのある髪色を演出してくれます。その秘密はオプンティアオイル。乾燥した過酷な大地で育つため、豊富な栄養素と抗酸化成分を抱え込んだウチワサボテンの種子から採れるオイルです(前出のユイルアロームでもウチワサボテン、採用されていましたよね。スキンケア成分としても名前を聞いた記憶が……サボテンって偉大!)。

こちらの香りも大人です。シトラス&カシスで幕を開け、ジャスミンやチュベローズなど白い花のブーケの香りにふわーっと包まれる優雅なミドルノート。瞬時に幸せスイッチが入ります。ラストは透き通った香りの中にサンダルウッド&ムスクが出現。“余韻を楽しむ”という言葉がぴったりの香り。

オリオセタ オイル トリートメント 30mL ¥1700、100mL ¥4200/株式会社プロジエ

(ライフアンドフェミニン スムース&シャイン、ライフアンドリバティー カラーサブリメイティング)

おすすめヘアオイルの集合

というわけで私はこちらの2本をスタメンとしてチョイスしました。本当にオイルの質が劇的に向上している今どきのヘアオイル。皆さまも気分に合わせて香りで選んでみては? 行きつけのヘアサロンなどで見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。


  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking