美女組No.141 カキノキ
No.141 カキノキ
弁護士16年目の3児の母です。オシャレ好きを生かしてファッションコンサルとしても活動中。
身長:153cm
職業:弁護士、パーソナルスタイリスト、ファッションコンサルタント
My favorites:趣味は年間300冊以上読む読書と、ラジオを聞くこと。常に新しい知識に貪欲で、言葉を大事にしていきたいと思っています。

オシャレ迷子の30代を過ごした経験から、同じ悩みを持つアラフォー女性のお手伝いをしたいと思っています。40代がもっと知的に輝くために、情報発信していきます!

バロックパールで夏の装いをワンランクアップ【ジュエリーあれこれその①】

カジュアル寄りの夏ファッションに、きちんと感とおしゃれ感の両方をプラスできる万能アイテムです!
 薄着になる夏ファッションは、どうしてもカジュアル化が進みがち。
 でも、アラフォーともなれば、どこかにきちんと感があった方が美人度がアップするような気がしています。
 そんなとき活躍するのがパールのジュエリー。
 パールというフォーマル感のあるアイテムを取り入れると、装いもクラスアップしますよね。

 ただ、真円のパールだと、フォーマル感が出過ぎて、ちょっと垢抜けなくなってしまうときも・・・。
 そんなとき重宝するのが、バロックパールのアイテムです。
 いわゆるまん丸の形ではない、いびつな真珠ですが、そのいびつさが、なんともいえないおしゃれ感を出してくれるんです!オシャレ上級者はどこかに抜け感をプラスする、といいますが、バロックパールのいびつさが、その抜け感になってくれるのかもしれません。
 パールのきちんと感はそのままに、おしゃれ感もプラスできるとっても便利なアイテムといえます!
 気づけば、ピアスを中心にいくつか集まっていました。
バロックパールで夏の装いをワンランクアップ【ジュエリーあれこれその①】_1_1
全て大粒の南洋真珠のバロック。懇意にしている宝石屋さんで買いました。
 バロックパールの魅力と言えば、その唯一無二の形状です。
 例えば、このゴールドのバロックパール、全体的には美しい金色ですが、ところどころ白が入っていたり、ゴツゴツしたフォルムがすごく個性的。じっと眺めていると、南国の魚のうろこのような、鳥のような、何かに見えてきて、ロマンすら感じてしまいます。
バロックパールで夏の装いをワンランクアップ【ジュエリーあれこれその①】_1_2
バロックパールで夏の装いをワンランクアップ【ジュエリーあれこれその①】_1_3
つけてみるとこんな感じです。カジュアルスタイルにもハマります。
 こちらのグレーのバロックパールは、小鳥のような、そらまめのような形が愛らしい!
 こんなに似ている色と形のものが二つそろうのは珍しいそうです。
 ピアスに仕立ててもらうときに、形のいびつさゆえ、重心がとれずにピタッと耳に付いてくれないというアクシデントが発生しましたが、キャッチを工夫してもらうことでなんとか解決しました。
バロックパールで夏の装いをワンランクアップ【ジュエリーあれこれその①】_1_4
バロックパールで夏の装いをワンランクアップ【ジュエリーあれこれその①】_1_5
けっこう存在感があります!
 手持ちのものは、全て染色していないナチュラルなパールですが、今は、ナチュラルのものはどんどん少なくなっているそうです。
 これぞ!というものに出会えたら、今手に入れておいた方がいいかもしれませんね。

 パールだけでなく、大好きなジュエリーについて、【ジュエリーあれこれ】として、またブログで綴っていきたいと思っています。
 (尻切れトンボにならないようにしなくては・・・)

What's New

Read More

Feature

Ranking