美女組No.106 Aiのブログ
美女組:No.106 Ai

No.106 Ai

会社員&POINTS OF YOU®認定エバンジェリスト

はじめまして。東京で会社員をしているAiです。
皆様から良い刺激を頂きつつ、自分の内面・外面を磨いて”女っぷり”を上げていきたいです。好きなことは旅行、庭園・公園散歩、ヨガ、バレエ、読書。日常を通じて感じたこと、気づきのあったことを発信していけたら嬉しいです♡

Instagram:aichi_0410

地獄めぐりと砂湯でリフレッシュ 大分の旅

2017年1月8日
年末年始休暇は、普段なかなか行く機会のなかった九州大分へ旅行しました。
大分初旅行、まずは王道からということで地獄巡りへ向かいました。
別府駅からバスで数十分、この世の地獄に到着です。
地獄の名称由来は、鉄輪・亀川の地獄地帯は千年以上も昔から噴気、熱泥、熱湯などが噴出していたようで近寄ることも難しい場所であったことから、人々から地獄と呼ばれるようになったようです。
地獄は全7地獄ですが、今回は時間も限られていたので2地獄見学してきました。
白池地獄
海地獄
海地獄
国指定名勝の白池地獄と海地獄を見学しました。
地獄となると、さぞかしおどろおどろしい光景を想像しましたが、この2地獄に関しては湖面も美しい色で湯気に巻かれているととても心地よく癒されました。
温泉たまごをほうばりつつ、砂湯を目指して別府駅へ戻ります。
砂湯は人生初体験なのでどんな感じなのだろうとワクワクしながら竹瓦温泉へ。
ここは大分県別府市元町にある市営の共同温泉で現在の建物は1938年に完成したものだそうです。
木目1つ1つに人々の色んな思い出が刻まれているようで、しばらく側のベンチに腰掛け見入ってしまいました。
竹瓦温泉
竹瓦温泉
砂に埋まり寝転がっているとみるみるうちに汗が。
短時間で芯から温まる砂湯、最初は15分は短いかな思っていましたが、実際に体験してみるとちょうど良い長さだなとしごく納得。
最近溜まっていた疲れやむくみがあっという間に解消され、ぽかぽか温浴効果は長続きしました。
とても気に入ったので、東京にも砂湯施設ないか探してみよう。
砂湯のおかげで体も心もぽかぽか。ぼーっとしながら別府の街を散策。
とり天食べたり、カフェでお茶したり。
グリルみつば 大分名物とり天
喫茶ムムム ガトーショコラ美味しかった
次の日は電車で由布院へ。大分駅から電車で約1時間。
時折車窓を眺めていると、駅員さんが列車に向かって「いってらっしゃい」という感じでお辞儀して下さっていました。
歓迎して下さっている心持ちがして、気持ちが温かくなりました。
もちろんこの汽車で由布院へむかったわけではありませんが、とても可愛らしかったので本当は子供たちに紛れて乗りたかった。
澄み渡る青空の元で由布院駅からは雄大な由布岳が。駅から15分ほど歩いて金鱗湖へたどり着くと透明な湖面に空が反射してとても綺麗でした。
ウィンドウショッピングしながら金鱗湖へ向かう道中、由布岳が
金鱗湖の朝霧
対岸からみた金鱗湖
短い旅でしたが、土地も人々も温かく一度で大分が好きになりました。また改めてゆっくり行こうと思います。

What's New

Feature

Ranking