「大人をキレイに見せてくれる」ボトムスの逸品はコレ!

大人のボディをきれいに魅せて、おしゃれ感も倍増させてくれる。そんな一枚をスタイリスト福田さんがリコメンド!
AYAKO FUKUDA

AYAKO FUKUDA

確かな物選びと大人の体をきれいに見せるスタイリング力でモデルやスタッフから絶大な支持を得る人気スタイリスト。ディレクションを手がけるブランド「N.O.R.C」も好調

ATONのロングギャザースカート

ATONの白ギャザースカート

“今季スカートをはくなら絶対ロング丈。でも、アラフォーがハリのある素材やボリューミーすぎる一枚をはくと妙な迫力やクラス感が出てしまうことも。ふわっと軽やかに揺れる素材で抜け感を出すのが重要だと思っています。”

ATONの白ギャザースカート×ミリタリーJKコーデを着たモデルの竹内友梨さん

重力を感じさせない、ガーゼのように軽やかな生地がこなれた印象をつくる
「私自身、ロングスカートをよくはくのですが、かっちりとした素材を選ぶとひと昔前の"コーラス隊"のような堅さが出てしまう。かといってレースなどを選ぶと、今度は甘すぎてほっこりした印象に……。その点、このスカートは一見シンプルなのにほんのり透け感があって、今っぽい軽やかさと女らしさが簡単に出せるんです。広がりすぎずタイトすぎないシルエットも、アラフォーに優しい」(福田さん)。

スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥36,000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥14,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)


RECのチノパン

RECのチノパン

“変わらずのチノパンブームですが、昔ながらのざらっとした質感の〝本格派〞はラフすぎて大人にはむずかしい。光沢のある生地にセンタープレス入りできれいめにはける、こんな一本がおすすめです。”

RECのチノパン×黒ブラウスコーデを着たモデルの竹内友梨さん

ボリューム袖のトップスと合わせてほんのり甘くカッコよく

「ハイウエストだけどワイドではなく、太ももまわりが太すぎないのがいい。よけいな肉感は拾わずすらっと脚長シルエットになれます。これに辛口トップスだとハンサムすぎるので、ボリューム袖の黒トップスでさりげない甘さを。足もともゴールド使いがリッチなサンダルで女らしさを底上げして」。

パンツ¥34,000/REYC ブラウス¥29,000/ストローラーPR(ラシュモン) 帽子¥37,000/ボルサリーノ  ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥117,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) 靴¥69,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)

撮影/谷田政史(CaNN/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹内友梨

What's New

Read More

Feature

Ranking