クマもたるみもおまかせ! 待望の目もと用メディリフト誕生@YAMAN発表会レポート【マーヴェラス原田の40代本気美容 #140】

1回10分つけるだけ、のウェアラブル美顔器「メディリフト」に目もとのエイジングケアをかなえる新作が仲間入り! 早速お試ししてきました。その他にも、秋のヤーマンは気になるアイテム目白押し。私のおすすめ、まとめてご紹介します。
YAMANのメディリフトシリーズに新作が

インパクト満点のルックスで話題をさらったヤーマンのメディリフト。真っ黒なメディカルシリコーン製で、顔の下半分を覆ってケアする見た目のインパクト、独自波形のEMSで表情筋を鍛えて上げるという説得力のあるメカニズムで、瞬く間に大ヒット。“落ち気味”の顔に悩むアラフォーから、熱い視線を集めました。

YAMANのメディリフトアイ
メディリフト アイ ¥28000/ヤーマン<9月4日(水)発売>*一部店舗で先行発売あり

そんなヤーマンが、次に挑むのは目もと。世の中に目もとケアを謳う美容機器は数あれど、大半がリラックス目的。私たちアラフォーが欲しいのは、たるみやくまなど悩みの解消に直結するアイテム! というわけでお待たせしました、あのメディリフトに目もと用が誕生します。

眼球のまわりにぐるりと張り巡らされ、目もとの皮膚を支えている眼輪筋と、眼輪筋から頭部へとつながり、目もとと関連の深い側頭筋。メディリフト アイは、この2つの“目ヂカラ筋”に働きかける攻めのアプローチをハンズフリーでかなえる待望のアイテムです。

メディリフトアイを装着

これはもう、今すぐお試ししないと!というわけで装着。ふふふ、ちょっと怪しいけれど、このコスプレ感もまた楽しい(笑)。密着性に優れたメディカルシリコーンのアイマスクはサイドと頭頂部へ伸びる2つのバンドでピタッと密着。コントローラーを外せば水洗いも可能と衛生的なのもありがたい。

そうそう!なんと“塗るメディリフト”、つまりスキンケアも同時にデビューするんです。その名も「メディリフト スキンアーキテクト」。このメディリフト アイの内側に仕込んで使うこともできるスグレモノのアイセラムをはじめ、シートマスク(これは従来の“顔の下半分用”メディリフトと併用OK)、貼ったまま眠れるニードル状美容液と3品のラインアップで登場。美容機器との併用で、さらなる上向き肌を目指せます。


メディリフト アイセラム 20g ¥5000、同3Dマイクロフィラー 1セット ¥2000・4セット ¥7600、同スキンタイトニングマスク 5枚入り ¥4000/ヤーマン<9月4日(水)発売>*一部店舗で先行発売あり

目の脇にコントロールボタンが

さてお試しに話を戻しましょう。両目の脇にあるボタンでスイッチオン。リフトモードとストレッチモード、2種類のEMSで眼輪筋と側頭筋を心地よく刺激してくれます。0~4までのレベル調整が可能なので、ストレスなく自分の好みに合わせて目もとケアができちゃいます。しかも、約40℃でアイエリアをじんわりと温めてくれるヒーターとマイクロカレントも搭載と至れりつくせり。なんといってもフリーハンドでケアできるから、その間に読書でもスマホでも歯磨きでも……制約が一切ない、真のながら美容が成立。これなら続けられる!

ビビりの私はレベル2でスタートしましたが、EMS特有のピリッと感もそれほど強くはなく、それはそれは心地いい10分間を過ごしました。目もとからこめかみのこわばりが和らぎ、循環が蘇ったような(これ、クマ対策にも絶対イイ!)。アイエリアから側頭部まで広範囲がふっと軽くなり、筋肉への働きかけを実感。外した後はまぶたがリフトアップしたのか、視界も広い気がしました!

この他にも、秋のヤーマンは新作ラッシュ。たくさんの新作の中から、アラフォーにぴったりのアイテムをいくつかご紹介しますね。

YAMANの新作、ポイントリフト
ポイントリフト ¥52000/ヤーマン<9月4日(水)発売>

ポイントリフトは、独自の8極の“点”電極で、EMSのリフトケアとイオン導入による保湿ケアを同時にかなえる電子ハリ美顔器。

クマもたるみもおまかせ! 待望の目もと用メディリフト誕生@YAMAN発表会レポート【マーヴェラス原田の40代本気美容 #140】 _1_6

1回約5分間という時短ケアも魅力ですが、エイジングサインが気になるポイントに狙いを定めて「スタンプ押し」でお手入れできるのもユニーク。

YAMANYAの新ブランド、myseのクレンズリフト
ミーゼ クレンズリフト ¥15000/ヤーマン<10月より順次展開>*9月より一部先行販売あり

揉み出し系美容ローラーやヘッドスパ用機器が人気のホームエステブランド・アセチノのリニューアルも大きなニュース。「ミーゼ」というブランドに生まれ変わります。そのラインアップの中でも多機能&コンパクトで“欲しい!”と思ったのがこちらのミーゼ クレンズリフト。手のひらサイズの可愛いルックスのくせに、シリコーンブラシを使った音波振動クレンジング・EMS・イオン導出入まで搭載。防水&コードレスで入浴中も使えるスゴいアイテムです。なのになんと¥15000!

日々進化をとげる、美容機器の世界。その中でもヤーマンは、私たちが欲しいと思う複数の機能を巧みに1台のマシンに盛り込んでくれるから本当に嬉しい! この秋の女磨き、あなたはどれに頼りますか?

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking