ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

No.123 Mari
No.123 Mari

No.123 Mari

外資金融機関勤務

ワーキングマザー娘(16歳)と息子(13歳)、夫を連れて9年前に共働き当たり前の香港に移住。最近、働きながら香港大学MBAを取得。香港、アジア、海外全般、海外子育て事情、おひとりさま時間、キャリア組、アラフォーライフなどのコンテンツを中心にお届けします!

Instagram:@ No.123Mari

悲鳴が出るほどの美味しさ。ラグジュアリーな飲茶をマダム気分で♪

香港の美食を贅沢な時間と共に。
今年の夏、16歳になる娘はアメリカの大学でのサマースクールに続き、日本の予備校にも通ってみました。東京では短期の寮に入れて2週間。掃除や洗濯を自分でやるという自立ができたみたいです。ちなみに共働きなので夏休みを一緒には取れなくて、飛行機に一人で乗らせて帰省させるのは当たり前ですが、今年は下の子13歳も上の子も其々一人で上海でトランジット6時間というトリッキーな課題にも挑戦。(マイル交換ではそういう経路しかなかったし。。。)心配ではありますが一つずつ乗り越えていってほしいですね。

そんなこんなでとっても忙しく、週末でさえ外食もままならなかった我が家ですが、久しぶりに時間ができたのでランチにお出かけしてきました。

場所はショッピング街の中ととっても便利なランドマーク。
何度かこちらのお店にも行ったことがあるのですが、今回は飲茶で更に感動。

入った瞬間のインテリアに目が奪われます。
オールド上海というかこういった感じのインテリアがとっても香港らしい、素敵なレストランです。
  • 悲鳴が出るほどの美味しさ。ラグジュアリーな飲茶をマダム気分で♪_1_1-1

    さりげないインテリアも古書がリアルに置かれていてすっごいツボです

  • 悲鳴が出るほどの美味しさ。ラグジュアリーな飲茶をマダム気分で♪_1_1-2

    この小籠包。中にロブスタービスクの汁が入っていて絶品!

香港ではサービスってなんだ?っていうくらいお店の人がそっけないことで有名ですが、行くところに行けば(お金を払えばw)とってもいいサービスを受けることができるんです。

こちらのレストランはその類。

香港の中華レストランではまず「お茶」を注文することから食事が始まります。
王道のジャスミンティーでもいいですし、鉄観音やプーアール茶も人気です。
今回はジャスミンティーを注文したのですがその美味しさにおもわず既に唸りました。


注文したのはクリスピーガーリックと炒めた海老の一皿。
悲鳴級に美味しい。

続いて春巻きや小籠包も悶絶。
更に焼き小籠包とも呼ばれる上海生煎。めちゃ、くちゃ、うまうまです。
殺人的に中のスープが熱いのでやけどに注意です。
悲鳴が出るほどの美味しさ。ラグジュアリーな飲茶をマダム気分で♪_1_2
うっとりするサービスは高級レストランでのみ堪能できます。いつものそっけない香港から大変身。だからこそ素晴らしく思える~!
悲鳴が出るほどの美味しさ。ラグジュアリーな飲茶をマダム気分で♪_1_3
個室も充実していてお忍びの方も多め。見たことある!っていう芸能人もよくお見かけします~。
続いて海老チャーハン、サクラエビに加え、車海老、小エビなど味わい深いのをひとしきり堪能した頃合いに「チリソースいかがですか?」という絶妙なナイスアシストなウェイトレスさん。
これまた海老ペーストのチリソースで更に違った海老の味を。

最後にデザートは定番中の定番「楊枝甘露」マンゴー、ポメロ、小粒タピオカをミルクと混ぜたりマンゴーのジュースと混ぜたもの。絶品でございました。

久しぶりに日本人に大絶賛でオススメできるレストラン。
ぜひぜひ香港に来られた時にはお試しあれ。

What's New

Read More

Feature

Ranking