キム・ウビンさん日本初ファンイベント”SPOTLIGHT"開催!

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2017年1月11日
モデル出身、近年は映画にドラマに俳優としての活躍がめざましいキム・ウビンさんの初来日イベントをレポート!
 アジアを席巻したドラマ「相続者たち」や、映画「技術者たち」、「二十歳」などで人気の俳優キム・ウビンさん。昨年はドラマ「むやみに切なく」が話題に。そしていま、公開3週目で観客600万人を動員という、大ヒット中の映画「マスター(原題)」では詐欺師を好演しています。その、いま最も注目されている俳優のひとり、ウビンさんの、待望の日本初ファンミーティングをレポート!

 不良役が6、7回はあったという、独特の印象的なルックス(眉がとくにキツいから、前髪を降ろしている方が好きらしいです笑)ですが、素顔のウビンさんはというと、本当に真摯で優しい好青年でした。モデル出身で187センチの長身、肩幅が広く、「肩ヤクザ、と言われていて、ジムでも、いったいどれだけ鍛えているのか見てやろう、と思われるのがいやで、通わなくなりました笑」と、案外ふだんは無頓着な様子で、好感度がさらにアップしました笑。バンドを従えての歌も用意。「カラオケで、自分が歌ったドラマのOST(オリジナルサウンドトラック)を歌ってと言われるのがいちばん難しいんですよ。あれは機械の力をたくさん借りて録音してますからね笑」と、ネタバレまで、、、。とにかく謙虚なスターなのでした。
 
 ちなみに、映画「マスター」の撮影は、ドラマ「むやみに切なく」の撮影を終えた2日後から、始まったそう。イ・ビョンホンさん、カン・ドンウォンさんとの共演で、「静かでカリスマがあって、集中力がすごい方々なのかと思ってましたが、明るくユーモアがあって、愉快な現場でした。後輩のぼくが楽に撮影にのぞめるようにしてくださって」。ウビンさんのシーンは特に多く、とにかくリズムを崩さないように細心の注意を払ったそうです。

 ささやくように優しく語り、記憶に残るようみなさんの目を見て話したいと、会場の後ろまで照明を上げてもらったり、心配りがまたすばらしい。前日に来日し、到着したとたんに大好きなカレーうどん、次にラーメン、伊勢丹を散策して、ビールを飲んで、翌朝もまた大好きなカレーを堪能したそうです。イベントの最後に、司会と通訳の方たちを呼び戻して、丁寧に感謝の気持ちを伝え、司会の方も「こんなに礼儀正しい方初めて!」と感激していました。通訳の方は、昨年末プライベートで遊びに来たとき、チョ・インソンさんとEXOさんに紹介していただいたそうです。来場者の健康を祈り、「僕の国の他のアーティストもたくさん応援して下さって、ありがとうございます。日本の文化ももっと知りたいです」。と締めくくり、初来日イベントを待ち続けたファンも、もう一度改めて彼に魅了されていました。



桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • T2U(from:Block B)、ユグォンさん&テイルさんインタビュー

    個性豊かな7人7色の魅力で人気のアーティスト、Block B(ブロック ビー)。楽曲が好きでコンサートやイベントにも何度か足を運んでいますが、毎回彼らの才能に圧倒されます。スペシャルユニット、T2U(トゥーユー)のツアーで来日した美声で知られるテイルさんと日本語が堪能なユグォン(ユグ)さんにインタビュー!6月20日発売されるデビュー7周年記念の日本オリジナル・ベストアルバム「Block B THE BEST」のお話も伺いました!T2Uの新曲、ソロ曲も含むこのアルバムは、Block Bの軌跡を音、映像、写真で楽しめる超豪華版で、入門編としてもマスト!ぜひ聴いて、観て下さい!!

    韓流NEWS

    2018年6月15日

  • 鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる

     韓流ドラマが好きならきっと耳にしたことのある、心奪われるOST(挿入歌)の数々でも知られる国民的歌手ソン・シギョンさん。バラードの皇帝、鼓膜彼氏の異名を持ち、作詞作曲も、そしてスマートで機知に富む人柄から、芸能大賞やゴールデンディスク賞授賞式、バラエティ番組のMCとしても活躍中。そんな彼が日本活動にも本腰を入れ、その気概を高めています。7月には新譜もリリース予定、日本語も堪能で、気さくで面白いシギョンさんにお話を伺いました。

    韓流NEWS

    2018年6月1日

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

  • KCON 2018に行ってみました!

     KCONとは、K-POPのみならず、ドラマ、ビューティ、食品や観光なども網羅した、多様な韓国カルチャーを体験できるコンベンション。2012年にカリフォルニアで初開催、日本でも2015年から年々親しまれてきていて、今年で4度目の開催だそう。母娘で楽しむ姿も見受けられ、活気に満ちた幕張メッセ、4月13日から3日間開催の初日に初参戦!盛りだくさんの内容でその人気に納得、目から鱗でした。今年はなんと3日間に68,000人が足を運び、記録更新の盛況ぶりだったそうです。

    韓流NEWS

    2018年4月17日

  • 最旬アイドルTRCNGが日本デビュー!10問100答!

     東京ガールズコレクションの大トリをBLACKPINKが飾るなど、女子中高生の間で大人気のKPOPアイドルたち。最近はKPOPだけでなく、母娘で韓流ドラマを楽しんでいたり、ドラマや映画のファン層も広がっているようです。日本のドラマや映画が韓国でリメイクされたり、「記憶」や「シグナル」のように韓国のドラマが日本でリメイクされたりで、オリジナルに興味を持ってもらえると嬉しいなと思っています。第三次韓流ブームとも言われるKPOP、日本デビューラッシュのアイドルのなかでも、昨年10月に韓国でデビューしたB.A.Pの弟グループTRCNGが、日本でも4月4日にデビュー・シングルを発売、話題となっています。全員2000年&2001年生まれ、子役出身のメンバーも3人いて元気いっぱい。全員がボーカル・ラップ・ダンスをこなす実力派でこれからの活躍が楽しみな若者たちです!!来日オフショットと10問100答とともに紹介いたします!

    韓流NEWS

    2018年4月4日

  • 「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

    最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!

    韓流NEWS

    2018年3月23日

  • イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

    ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。

    韓流NEWS

    2018年3月14日

Feature

Ranking