全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!

 幕張メッセでの大盛況のライブを終え、全国ツアー後半の公演も楽しみなWINNER。幕張公演の興奮冷めやらぬまま、日本を含む海外20カ国のiTunesアルバムチャートで1位となった韓国版『WE』の、日本版発売に合わせた合同取材に行って来ました!私にとってWINNERとの出会いは、2017年の春にソウルの街なかや地下鉄などで繰り返し流れていた「REALLY REALLY」。韓国の友人がスタイリングをしていると聞いていて気になってはいたのですが、すっかり心奪われてしまった新参者です。続く楽曲もツボで、さらに4人のウィットの効いた日本語トークが面白すぎて泣かされたり、と深みにハマるばかり。2度インタビューもさせていただいたのですが、本当に仲睦まじく、スタイリッシュでチャーミングな4人。ライブももちろん素晴らしく、個性豊かな4人の声の相乗効果は計り知れません。エネルギッシュでいて”清涼剤”のような彼らの新しいミニアルバム、ライブ、ぜひ体感して!!12月にはリリースイベントも予定しています!
全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_1
●初のアリーナツアーが開催中です。MINOさんが幕張公演で涙を見せる場面もあり、感動的なライブとなりました。1万人のまえでの公演の感想は?

YOON 2016年のKCONの時に、幕張の大きいステージで僕たちだけでいつかライブしたいと思っていたので、公演の最初から感動してしまって、興奮しすぎちゃった感じでした(笑)。それでMINOくんが涙を、、、泣いちゃったんです。

MINO 僕は泣いちゃいました(笑)。久しぶりにファンの皆さんのまえで、大きいステージで一緒にいい思い出のある曲、「GO UP」を歌って、感動をもらって泣きました。そしてDVD収録中だったから、、、。

YOON 演技(笑)?

MINO 演技じゃないですけど(笑)。

●今回のツアーはバンドセットで2時間半、4人がずっと一緒のステージでしたね。

HOONY まえのツアーの時から次はバンドでやりたいねと話していて、バンドさんとリハーサルでいろんな練習をして作り上げたのが重要なところだと思っています。バンドさんとアレンジしたところも面白いポイントなので注目してください。

JINU ソロ曲がないんです。

YOON 四人のステージで全曲歌いたいなと思って、パフォーマンスもそうですけど音楽にもっと集中したツアーじゃないかなと思います。今までの僕らのライブの中で音楽的にもパフォーマンス的にもいちばんのテンションを見せたかったんです。

●ライブでは自信や余裕が感じられました。MCでも成長した姿を見せられたと言ってましたが、改めて感じたメンバーの魅力はありましたか?

YOON パフォーマンスの部分では以前はポイント的、全体の画、ファンのみなさんとのやりとりに焦点を当てていたんですが、今は、もっと細かいところ、動線だったり音楽に入れたソースだったり色々気をつけて準備しています。心構えが成長したと思っています。

MINO 今回のツアーが今まででいちばんパフォーマンスが多くて本当に死にそう(笑)、でも成長したなと思います。

YOON メンバーの魅力は、体力的にはきつかったんですが、一生懸命良く見せようとする姿がかっこよかったです。
 
●見逃さないでほしい注目ポイントは?意気込みは?

HOONY 僕やJINUさんは、もうすぐ兵役に行くかもしれないので、いつもこれが最後のステージだと思って一生懸命準備して来ました。だから毎回感謝の気持ちもあるし、ファンの皆さんへの気持ちが大きいと思います。バンドさんと一緒にやるから予想できなかった状況とかアドリブとかMCとか面白いことがたくさんできて、フリーな感じがもっと魅力だと思います。

YOON バンドの皆さんとアレンジしたことで、今まで元々の僕らの曲では感じなかったことがあったり。そこもポイントです。歌手として生きていくなかで、ステージはありがたい、僕にとって自分が歌手だったんだなあと実感できる場所。辛かったりしたことも一度のステージで無くなるんです。そんな気持ちをファンの皆さんに伝えたいけど、伝わっているのかなと思うことがあります。1日の終わりにシャワーを浴びたように、全てさっぱり流されるような感じなんです。

HOONY  「GO UP」は久しぶりだったから、歌詞のミスがあったらダメって思って(笑)「GO UP」を歌ったことで胸がいっぱいになりました。

YOON 「GO UP」は練習生の時はデビュー、デビュー、って気持ちをのせて作曲した曲だけど今は歌手として活動できていて、幕張メッセという大きいステージでライブができる。今はまた少し違って、成功のことではなくて、名前がWINNER だからお客さんがWINNERになれるような音楽をやりたいっていうその感情がステージを作る本当の意味じゃないかなと。幕張で言った「100パーセントみなさんのために歌いました」というのはそういう意味だったんです。

MINO 幕張での「GO UP」について考えてみたんですが、多様な色が混ざり合って黒になったというより白い感じだったんです。いろんな記憶、喜びなど深い曲だからファンの皆さんが好きなんだろうと思って。「REALLY REALLY 」の後に、アンコールで歌ったんですがその時から不思議な気持ちになって、ファンの方々が歌っている姿に感動して涙してしまいました。

●約10ヶ月ぶりとなるミニアルバム『WE』のタイトルに込めた意味ついて教えてください。

YOOIN 今まで僕たちがここまで来られたのは僕たちだったから可能だった、そうでなければできなかった。音楽を聴いてくれるファンの方たちもいなかったらできなかったから、チーム、スタッフ、僕たちという思いを込めて”WE “とつけました。

●聴きどころは?

YOON アルバム全体的なメッセージというより、今まで僕たちが見せることのなかった姿を見せることに集中したアルバムです。いろんなスタイル、ジャンルの曲がたくさん入っていて、それがすごくポイントだと思います。5曲全部違うアルバムだからMOLAもBOOMもZOOも今までWINNERの曲にはなかったです。ウィークリーチャート1位は、本当に今まで努力したことに恩返しをもらった瞬間だと思って、そのあとすぐライブがあったので感謝の気持ちをファンの皆さんに伝えられたのも感動的でした。

●レコーディングで苦労したことは?

HOONY はじめてのアルバムは、日本語のレコーディングについて聞かれると、歌いやすいよって話していましたけど、今回はとても難しくなりました。発音とか単語とか。通訳さんが歌詞を簡単にアレンジしてくれていたけど今はどんどん難しくなって、ラッパーたちは無理かなあと(笑)。いままででいちばん難しかったです。

MINO ライブやレコーディングのときに、難しいと思ったことがあまりなかったんですけど難しかったです。

YOON 多分、僕の視線では、ラッパーたちの作詞の実力が成長したから、やっぱり使う日本語も難しくなったんだと思う。

●アルバムの推し曲は?

MINO 僕はZOOです。僕が作った曲で、ステージの上で僕たち自身も楽しくて面白い曲です。パフォーマンスは難しいので振り付けを覚えるのに時間がかかりました。面白い表現がたくさんあるんです、比喩だったり恋について、愛について共感を得られる、男性の寂しさ、片思いについて歌っています。

HOONY 僕はMOLAという曲なんですが、僕たちのタイトル曲はいつも明るい曲、恋とか青春とかの曲でしたが、この曲はセクシーなところもあって、今までのWINNERが見せなかった姿を見せられました。ひとりずつダンサーさん達との絡みが違って、雰囲気が違うのでひとりひとりの魅力がもっと伝わると思います。

JINU 僕はBOOMという曲 なんですけど、BOOMは振り付けが難しいです。ライブする時、ちょっと無理が、、、(笑)。この曲が特にそうです。

YOON 僕は全曲いいと思います。タイトル曲はWINNERというグループを考えた時に浮かぶような夏っぽい明るい曲。だけど歌詞は寂しい歌詞をのせている。そのギャップがいいと思います。ZOOは面白い、楽しくパフォーマンスができる曲。MOLAは今までダークな感じの曲はあまりなかったので、ダークなステージができる、今まで見ることのできなかった姿をお見せできる。BOOMは振り付けが難しいんです。踊る時本当に心を全部ブームする曲だと思うので、全曲がいいと思います。

●MVの魅力は?

HOONY 有名な方々が皆誕生する撮影所で撮ったんですが、僕たちのひとりずつの歌詞の内容通り、アイデアがいちばんたくさん入っている作品です。MINOくんのカニとかWINNERらしいひとりずつの個性が出ていて。映画館の場面はYOONくんのパートだったんですが僕たちが目立ちたくて、YOONくんがあんまり映ってないんです(笑)。楽しく、監督さんと相談しながら撮影しました。

MINO JINUさんのVRのシーンがいちばん好きな場面です(笑)。

●チームワーク、仲の良さの秘訣は?

MINO 1週間に1回喧嘩すること!冗談です(笑)。

YOON 感謝の気持ち、6年くらいいろんな思い出やいろんな瞬間があったけど、メンバー達にありがたい心がある、それがいちばん重要な秘訣だと思います。

HOONY 僕は僕以外のメンバー達を自慢するんです。僕たちのステージはいつでも自信があります。目だけ見ても何を考えているのかわかるし。今は全然わからないけど、ステージの上では(笑)。だからずっと仲がいいんだと思います。

●最近ハマっているのは?

YOON 腕時計です。写真も趣味で撮りますけど。今は時計を見ているのが趣味です。もともと好きだったんですけど最近は時計の勉強も始めました。機械的な部分にハマっちゃって、機械式時計は腕にはめていないと動かないんですよ、時計を見ながら自分たちの姿と一緒だなと思って。ファンの方々やメンバーがいなかったら前に進めない、僕が存在しないそこが似ているなーと。

HOONY、MINO、JINU おお〜。

YOON 本心を話したんですが恥ずかしいですね(笑)。

JINU テレビを見ながらひとりでお酒を飲むことです。ストレスが発散されます(笑)。

HOONY テニスにハマっています。2回習いました。運動する意味もあるんですが、早くコートに出てやってみたいです。

MINO 宇宙の真理です。レベルが合わないので、メンバーとはあまり話しません(笑)。

●WINNERの未来像は?

YOON 僕たち、どうしてこんなに一生懸命できるのかというところは誇りに思いますし、拍手を送ってあげたい。どこまで行けるかわかりませんが僕たちなりに頑張っていきたいです。

HOONY 長く活動する先輩方がたくさんいるので、僕たちも長く音楽を続けたいです。ライブでも言ったんですけど、ひとりだと早く行けるけど、一緒に行けば遠くまで行けるんですよね!

●ファンにメッセージをお願いします。

HOONY 6番目のツアーだからいろいろ、僕たち辛いことや幸せなことがありました。今が音楽人生の中の初めてのコンサートだと思うように、みなさんと一緒に活動していきたいので、60歳とか70歳とかになっても家族になって”一生一緒だよ”!(MINOさんのセリフ笑)

MINO 一生一緒(笑)。
全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-1

1/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-2

2/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-3

3/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-4

4/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-5

5/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-6

6/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-7

7/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-8

8/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-9

9/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-10

10/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-11

11/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-12

12/13

全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_2-13

13/13














全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_3
全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_4
全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_5
『WE』WINNER JAPAN NEW ALBUM 2019/8/7 RELEASE
全国ツアー中のWINNERが、新作『WE』への思いを語る!!_1_7
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

  • 「サイコだけど大丈夫」、『最も普通の恋愛』も! この夏観るべき韓流ドラマ&映画はこれ

    韓流ドラマ好き友人たちとの最近の話題は、Netflixで毎週土日に世界同日配信中の「サイコだけど大丈夫」。「星から来たあなた」で韓ドラの沼にハマったファンも多いので、キム・スヒョンさんの除隊後復帰作でもあり、まさに5年ぶりの主演となるこのラブコメは待望の期待作!また、韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編で、ヨン・サンホ監督作品、カン・ドンウォンさん主演のカンヌ国際映画祭にも招待された『半島』が7月15日の公開初日に35万人を動員!!日本の夏も「梨泰院クラス」のパク・セロイこと、パク・ソジュンさんの『ディヴァイン・フューリー 使徒』、『最も普通の恋愛』、『鬼手』など話題作が続々公開予定です。『パラサイト 半地下の家族』「愛の不時着」で韓流デビューした皆様にもお勧めしたい、ドラマ、映画、DVDのマストリストをお届けします!

    韓流NEWS

    2020年7月17日

  • 超話題作「夫婦の世界」、キム・ヒエさんの怪演に引き込まれる!

    完璧だと思っていた世界が、夫の不倫で瞬く間に崩れていく。進化し続けるベテラン女優、キム・ヒエさんが主演のBBCドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクが、超話題作「夫婦の世界」。「ミスティ〜愛の真実〜」のモ・ワンイル監督というだけあり、濃密で見応えのある作品です。5月に韓国で放送された最終回は、31.7%というケーブルテレビ史上最高視聴率を記録した大ヒットドラマ。激戦だった今年の百想芸術大賞でも監督賞と主演女優賞も見事に受賞しました。7月10日(金)からKNTVで日本初放送がスタート、7月3日午後7時から24時間限定オンライン試写会も!お見逃しなく!!

    韓流NEWS

    2020年7月1日

Read More

Feature

Ranking