カジュアル派は「1点ツヤ盛り」で女っぷり®チャージ!

2017年1月16日
マット素材からツヤ素材へ。地味色や辛口デザインなど、女度が過剰にならないアイテムを選ぶのがコツ!
ニットからのぞくインナー、コートからゆれるスカート。色や形がことさらフェミニンなわけではないのに、そこにほのかな光沢があるだけで、さりげなく女らしい!

<ベーシックカラーのとろみトップス>

とろんとなめらかな質感のトップスは、大人の肌をきれいに見せてくれるうれしい効果も。ただ、コンサバに振れすぎると老けて見えがちなので、ざっくりニットやカジュアルボトムでラフに着こなして。ざっくり編みのロングカーディガンとデニムパンツ。今季の王道コーデも、いつものコットンTシャツからシルクのプルオーバーに変えると、ぐっとリッチな印象に。
シルクブラウス¥26,000(ウィム ガゼット)・バッグ¥40,000(イアクッチ)/ウィム ガゼット青山店 カーディガン¥35,000/インターリブ(サクラ) パンツ¥39,000/アパルトモン 青山店(アールサーティーン) ピアス¥40,000・リング¥90,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ)

What's New

Feature

Ranking