フォーマルなジャケットが1枚あればレセプションコーデも思いのまま

2017年1月17日
ジャケット慣れしたアラフォー世代なら顔周りをすっきり見せるノーカラーも新定番として仲間入り
急遽ピンチヒッターでレセプションの手伝いをすることに。数年前に買ったブラックスーツがきつくなっていたので、とりあえずスーツのように組み合わせてみた黒いジャケットとスカートは、意外と正装感のあるコーディネートに♡ オフィシャルなパーティの主催者側なので、洋服で目立ちすぎるより、パテントパンプスとスカーフで控えめに華やぎを添えるくらいがちょうどいい。インナーは薄手のタートルニットで、すっきりミニマルにまとめて。
ジャケット¥15,000/リンク・セオリー・ジャパン(プラステ) ニット¥2,760/無印良品 池袋西武(無印良品) スカート¥3,900/アンド ドット ノスタルジア 靴¥37,000/ザ  ブティック ヒットマン ルミネ有楽町(リュ ド ラ ポンプ) スカーフ¥45,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) ピアス¥24,000/アパルトモン 青山店(ジェニファー フィッシャー) バッグ¥35,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン)

What's New

Feature

Ranking